Top
<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
長江哀歌(ジャ・ジャンクー、2006年、中国)
b0062149_2314050.jpgDVDにて鑑賞。やがてダム建設により水没する街、奉節に16年前に別れた妻子を見つけに山西省からやってきたハン・サンミン(ハン・サンミン)と同じく山西省から行方不明の夫を捜しにきたシェン・ホン(チャオ・タオ)の物語。

ヴェネツィア映画祭グランプリを受賞し、近年ますます評価が高まりつつあるジャ・ジャンクー作品を観ました。「世界」のスタイリッシュな映像とはうってかわって、今回は初期作品「一瞬の夢」を思わせるような、ソリッド感のない素朴な映像です。山水画のような美しい自然の風景と、対照的な廃墟、そしてそれをバックにたたずむ人びとの図が強烈です。相変わらず物語は感情的な起伏も少なく淡々と進みますが、ハンがひょんなことで出会う若者マーク(チョウ・リン)のエピソードがいくぶんアクセントとなって、全体を引き締めているように感じます。

ただ、UFOらしき物体や建物がロケットのように飛んで行く幻想的なシーンは、少々突拍子なく感じました。監督によると急速に変化する現状への違和感を表したものらしいけれど、わかりにくい表現だと思います。ところどころに出てくる小見出しも不思議で、「世界」のアニメーション挿入についても思ったのだけれど、監督はかなり独特の感覚の持ち主のようです。

ジャ・ジャンクー作品はとても好きだし、この作品も悪くはないと思うのですが、「世界」や「青の稲妻」のほうが鋭いものを感じたし、映画祭グランプリ受賞作、はたまたキネ旬外国語映画第1位か、という点では、ちょっと疑問が残ります。あまりにも地味な作品なので、受賞作とかメディアの評価が高いからという理由でこの映画を観るとちょっと辛いんじゃないでしょうか。現に家人は30分で沈没してました・・ 基本的にアジア映画が苦手な家人を今回も感心させるには至らず・・

俳優はいつもの面々ですが、監督を含め彼らはもともと北部出身者なので、今回は来訪者という形で役柄を与えられたそうです。相変わらずフォトジェニックという形容詞からほど遠いですが、ドキュメンタリーかと思うくらい自然な演技に徹していました。「一瞬の夢」「プラットホーム」の主演ワン・ホンウェイが、ゲスト的に考古学者役で出演していて、監督の話では今回は初めてのインテリ役で喜んでいたそう(笑)。

ところで今年のカンヌ映画祭にも新作「24 City」がコンペにノミネートされているジャ・ジャンクー。連れ立ったチャオ・タオがショートカットにシンプルなドレスで垢抜けてチャーミングな女性になっていました。
[PR]
by poyance | 2008-05-24 03:10 | 映画
パラノイドパーク(ガス・ヴァン・サント、2007年、フランス/アメリカ)
b0062149_2172210.jpgシネカノン神戸にて鑑賞。開始間際ぎりぎりに飛び込んで上映に間に合いました。水曜日で1000円均一だったにもかかわらず、会場はまばらな人でちょっと寂しかったです。感想は近々FBNでアップされる予定です。

アレックス役のゲイブ・ネヴァンスをはじめ、今回も起用された少年少女がみんないい感じです。ガス・ヴァン・サント好みの男の子たちは、私もとても好きです(下の写真の監督、とても嬉しそう)。アレックスの話相手となるメイシー役のローレン・マッキニーなんて、お世辞にも可愛いとはいえないけれど、ゴスっぽいメイクともどもその存在感がとてもよかった。それからジャレッド役のジェイク・ミラーの風貌を見ていると何となく自分の甥を思い出した(性格はぜんぜん違います)んたんだけれども、観終わった後に家人にも同じことを指摘されました・・


b0062149_2282151.jpgこの映画はPG-12という指定がされていますが、それに該当するシーンよりもアレックスのお父さんの登場場面のほうが私はショックでした。ぼんやりした画像から次第に鮮明になってくるにつれて、結構ドッキリします。
[PR]
by poyance | 2008-05-18 02:33 | 映画
イカとクジラ(ノア・バームバック、2005年、アメリカ)
b0062149_1545018.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。ともに作家である両親の離婚により、両者の家を行き来することになる兄弟ウォルト(ジェシー・アイゼンバーグ)とフランク(オーウェン・クライン)。ウォルトは落ち目の父バーナード(ジェフ・ダニエルズ)を尊敬しているが、フランクは上り調子の母ジョーン(ローラ・リニー)の肩を持つ・・

ウェス・アンダーソン製作で、監督が「ライフ・アクアティック」の共同脚本をつとめた人である、ということで観ました。自伝的要素の濃い作品だそうで、ポスターにもコピーにも「笑える」とありましたが、私にはあまりそう思えませんでした。何しろこの両親が二人ともエゴが強すぎて、子供がその犠牲になっているように見えたからです。ぱっと見は自分の主義を子供に押しつける父親のバーナードだけが悪いようだけれども、母親のジョーンも突然やって来た息子を「自分の時間が欲しいから」と追い返してしまうくらい利己的な面をあからさまにしているし、二人ともどっこいどっこいでしょう。もっとも自分が親だったら、この二人みたいになりかねないので批判はできないですが・・ とにかく Funny よりも Painful な面を大きく感じてしまいました。

キャスティングはとてもよかったと思います。ジェフ・ダニエルズもいろいろ化ける役者ですね。この父親役もはまってました。脇役のアンナ・パキン(挑発的な雰囲気がよい)とウィリアム・ボールドウィン(実は彼の演じたアイヴァンが最もまともな人間な気がする)も印象的でした。フランク役のオーウェン・クラインは、ケヴィン・クラインとフィービー・ケイツ(!)の息子だそうですが、どちら似なんでしょうね。

ところでこの映画には猫さんが結構重要な要素として登場するのですが、そのお姿はおがめないまま終わってしまいます。ポスターやDVDカバーにはいるんですけど、どんな猫さんかちゃんと観たかったな〜。
[PR]
by poyance | 2008-05-12 02:26 | 映画
小さな唇(ミモ・カタリニチ、1974年、イタリア/スペイン)
b0062149_1394399.jpgスカパー(ザ・シネマ)から録画したものを鑑賞。戦争から戻って人が変わってしまった作家ポール(ピエール・クレマンティ)は、生きる希望を失っていたが、使用人の姪であるエヴァ(カティア・バーガー)の存在を知ってから、この少女に異様なほどの執着を示す・・

怪優ピエール・クレマンティ主演映画ということで観ました。大人の男が幼い少女にのめり込む、というロリータものですが、やたらと性的な妄想シーンが挿入され(その理由は終盤に明らかになります)、文芸ものとはいえど、その趣味の映画と言われても仕方のない出来です。後半になると、エヴァの怪しげなショットやポールがエヴァに抱くエロティックな妄想が多くなり、それもかなりえげつない(エヴァ役のカティア・バーガーはおそらく撮影当時13歳くらいだったはずなので、今だったら撮影不可能なんじゃないでしょうか)。救いといえば、ポールの思いが妄想のみに終わり、実際の行為へは至らないことと、エヴァが終始毅然としていて下品ではないことでしょうか。

ピエール・クレマンティはぴっちりしたヘアスタイルで何だか小倉一郎みたいなんですけど、役柄にはあっていたと思います。彼にも気品が感じられ、主人公の性格にしていやらしい感じは全くないです。カティア・バーガーはとても大人びた容貌と幼い体つきのアンバランスさが悩ましいけれど、上にも書いたように不潔な感じはない。まあ何が品がないかというと、作品の作り手の姿勢でしょうか。時代を感じさせるソフト・フォーカスの映像はそれなりに美しいんですが・・
[PR]
by poyance | 2008-05-05 02:18 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30