Top
<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
猫談義(その2)
四国話が間に入りましたが、21日の話の続きです。


b0062149_217585.jpg今年に入ってすぐに、ニャンを見つけたのと全く同じ場所に別のキジ猫がいるのを家人が発見。もう成猫になっているようでしたが、ガリガリで、ほとんど動かない状態でした。片目が開かないくらい目やにがすごくて、あまりにも可哀想なので、ごはんを少しやってみました。警戒心が強くて近づきすぎると逃げ出すのですが、放っておくとまた戻ってきて、皿は空っぽ。しばらくそういう日々を送っていたら、ようやく「ごはんをくれる人」と認識したらしく、近くまで寄っても逃げなくなりました。外があまりにも寒いので、物置化していた家の離れに寝床を作ってやると、今度はそこから離れずほとんど外にも行かなくなりました。

上の写真は離れに住み始めたころです。写真ではわかりにくいですが、目はいつも涙が流れて見ているだけで哀れでした。キジなのに長毛で、来た当時はそれがからまりまくってボロボロな猫さんでした。このままでは外では生きていけないだろうと思い、甘えん坊のニャンのこともあるので、しばらく別居の形で飼うことにしました。鼻の横のすじが歌舞伎っぽいので、名前は「カブ」に(また何のヒネリもないネーミング・・ オスなので、一応「姉さんのいる弟クン」(魔法使いサリーね)という意味も込めてはいるんですけど・・)。慣れた頃を見計らって動物病院へ。ウィルスに感染しているらしく、熱が高いので薬で治療することに。ところが暴れて薬を飲ますのが一苦労。お医者さんも「そないに嫌がらんでもええやんか〜」と言うくらい手を焼いてました・・

b0062149_2214722.jpgだんだん慣れてきて私たちを怖がらなくなったので、お風呂にも入れたりして(まあそれも大騒ぎの末でしたが)こぎれいになってきたのですが、やはり警戒心が強いためか、部屋からほとんど出ることなく、おもちゃにもほとんど反応しない「ヒッキー猫」化してました。ごはんをあげると、ウルウルした目で「ありがとう」とでも言うように体をすり寄せてから食べ始める、あるいはこちらが「どーぞ」と言うまで食べるのを待っているという義理堅さ。鳴き声も「ニャー」ではなく、「フェ〜」という感じでますます哀れさを感じさせるのでした。

体調の面でもお医者さんの太鼓判が出て、おとなしい猫さんでしたが念のため、ということで7月に去勢手術を。ニャンのときのように1日ぐったりして元気がなくなり、「おとなしいのにやることなかったのかも・・」と後悔の念に苛まれていたところ、数日立つと性格一変! 外へ出たがる、人のいるところに来たがる、ごはん食べまくる、そしておもちゃでエキサイトして大暴れ・・ あのいたいけなカブちゃんはどこへ?? という豹変っぷり。ニャンとは案の定相性が合わず、顔を見ると取っ組み合いのケンカになるので、いまだ別居状態が続いています。たまに離れから私たちの部屋へ来るときは、ニャンは別の部屋に隔離しないといけません。永遠にこのままなのかなあ・・

b0062149_239344.jpgカブのチャームポイントは、まずはその長いふさふさしたしっぽと、ニャンより重いのにスリムに見える細長くしなやかな体型。毛むくじゃらで、固く鋭い爪を隠した手足。おもちゃでエキサイトすると、プレーリードッグのように立ち上がって、前足を拍手するように打ち合わせるのも見もの。そして極めつけはちょっと離れた感じで常にうるうるした目。何でも小さい頃にひどい結膜炎をしたらしく涙が鼻に流れる腺がつまってしまったためらしいのですが、それを治す手術がかなり大掛かりなので、今のところこまめに顔を拭いてやるようにして様子を見ています。何から何までニャンと対照的な猫さんです。

やってきた当時はその毛並みから「もしやメインクーンの血が??」と思っていたのですが、夏毛になったのか(いちばん下が近影)、今ではフツーのキジ猫さんになってます。冬になったらまた長くなるのかなあ〜。
[PR]
by poyance | 2007-08-26 20:59 | 日々の記録
第3回四国うどん巡礼
うどん食べたい病がまたまた高じてきまして、猪熊弦一郎美術館で面白そうな企画展が催されていることもあり、三回目の四国行きです。今回は行ったことのない店5軒でうどん、という壮大な計画を立てて、朝6時に出発です。


b0062149_152264.jpgまずは「彦江うどん」。カーナビで行って迷い、親切な地元のおじさんに案内されて行き着くというローカルさ。看板もなく、仕事場の裏口みたいなところから入って注文です。私はぶっかけ、家人は冷たいかけうどんです。讃岐うどんにしては柔らかめの麺で、最初に食べるにはよい感じでした。もう少し冷やしてくれたらベストだけど。正確な値段は忘れてしまいましたが、2人分で400円前後でした。



b0062149_1565237.jpgお次は「田村うどん」。店内に女性の手が加わっていないかのようなラフさと、あまりにもアバウトな駐車場。今まで行った中で1、2を争うディープな店構えでしたが、コシのある麺とぶっかけしょうゆの味は最高でした。2人分で280円って安すぎです! ここはもう一度行ってみたいなあと思わせる名店でした。





b0062149_20742.jpgまだ余力があったので、次に3軒目。家人がネットで探し出した「カントリーうどん」です。店内は広々としていて、種類も豊富です。麺はちょっと平たい感じで、今までにないタイプでした。私は相変わらずぶっかけしょうゆを食べましたが、おいしかった。1、2軒目で揚げ物を食べたので、ここでは控えようと思っていたのですが、天ぷらの品揃えがすごくおいしそうで、思わずいっぱい頼んでしまいました。ナスとウィンナーの天ぷらがおいしかったです。家人はおでんまで一串食べていましたが、全部まとめて680円って・・ ああ、香川県で暮らしたい。



b0062149_25483.jpgここで、本日のメインイベント、猪熊弦一郎美術館の「エルネスト・ネト展」へ。金沢の21世紀美術館で見逃したこのブラジル出身のアーティストの作品を体感しにいきました。展示作品内へ入ると、布とビーズ、ソバ殻などを使ったクッション状の作品が点在し、乗ったり寝たり、体を使った思い思いの楽しみ方で作品を味わうことができる楽しい企画展でした。あちこちにコロコロを持った美術館職員の人が立っていいて、スキあらばホコリやゴミを掃除しようと待ち構えているのは気になりましたが・・ この作品の宿命かと思うと仕方ないですかね・・

この後、家人が「かき氷が食べたい」と言うので、美術館のすぐそばにある「かまど」の喫茶店に入りました。香川名物「かまど」って結構好きなので、ここの喫茶店に入れて嬉しかったです。お菓子も豊富に売っていました。ところが思った以上にかき氷が大きくて、これが致命傷に。お腹がパンパンになって、この後強制的に一休みせざるを得なくなりました。

一時間程仮眠しても、あと2軒は無理そうなので、予定していたうちの一軒「O」だけに。ここは今まで廻った中で、いちばん店構えがちゃんとしていて、お品も豪華(それだけお値段も張る)。相当お腹いっぱいで、寄せばいいのに、名物とうたわれる天ぷらの入ったおろしぶっかけうどんを注文。えび天が2つもあって、かなりヘビーでした。お味は・・家の近くでこれと同じタイプのうどんを食べさせるお店があるんですが、そっちの方がおいしかったです・・ そして店内でえんえん流れるお店紹介ビデオに辟易・・商業主義が感じられて、ちょっと今まで廻ってきた店とは違うな、と思いました。

今回のうどん巡礼での教訓は、「揚げ物はほどほどに」と「途中で甘いものは食べるな」ということです。次回は冬を予定しているので釜玉うどんを堪能するつもりです。「田村」はまた行きたいな〜。
[PR]
by poyance | 2007-08-25 02:31 | 日々の記録
猫談義
夏休みなのになかなか映画を観る余裕もない毎日で、こちらのブログも滞りがちです。この夏は、映画鑑賞や読書よりも、何だか2匹の猫さんたちのことで忙殺されている感じなのです。今まで mixi などではちょこっと猫バナシなどしておったのですが、猫ブログを作るほど美猫でもなく、かといってブサイク猫でもない、中途半端な可愛さの猫さんたちだったので(笑)ここではあまり触れることはなかったわけです。でも今回は趣向を変えてみましょうか・・

幼い頃の猫にまつわる記憶はあまりいいものではなかった(それについてはまた機会があればお話しましょう)ので、もともと自分は猫好きとは思ってませんでした。新しい家庭を持ったときに、すでにそこには猫さんがいました。ピートという名前のその猫さんは、大人しくてとても賢く可愛らしい猫さんでしたが、心から馴染む、という時点に至る前に、世を去ってしまいました。

b0062149_148244.jpgその後「犬も飼ってみたいねえ」などと家人と話していましたが、家の事情でそういうわけにもいかず、かといってピートのいない寂しさもあり、しばらく動物のいない日々を過ごしていました。

2年前のある冬の日、家の裏に小さなキジ猫が迷い込んできました。ピートを思い出させるその容姿ととても人なつこい性格が家人の心をわしづかみにして、我が家の一員になることになりました。トップ画像に見えるのがその猫さんで、鳴き声があまりにも日本的なので、その名は「ニャン」となりました(芸がなくてスミマセン・・)。

トップ画像の頃はちょうど避妊手術した直後です。手術後は1日中ぐったりして元気なかったのが可哀想でしたが、その後はふっきれたかのように元気炸裂で、周りに愛嬌ふりまくりな毎日でした。


b0062149_1122910.jpgニャンさんは別名「リアクション芸人」で、動画にしてお見せしたいほど反応が何かにつけてオカシイ。それほど重くもない(3.5キロくらい)のに、「大きな猫ちゃんですね〜」と言われるくらい、ガッチリとした体つきもご愛嬌。一方でとても大人しく、何をされてもそれほど嫌がらないなかなかの優秀猫さんです。ビビッて全く動けない、という説もありますが・・

チャームポイント(笑)は、アーモンド型で緑色の目と、ジャパニーズ・ボブテイルと呼ぶには少々長い、これまた中途半端な短さのしっぽ、そしてちんまりした可愛らしい足(家では「手タレ」と言われている)です。

ニャンさんが来て、穏やかな楽しい日々が過ぎた2年目、また新しい猫さんがやってきました・・長くなりそうなので、続きはまた今度。
[PR]
by poyance | 2007-08-21 02:07 | 日々の記録
クラッシュ(ポール・ハギス、2004年、アメリカ)
b0062149_22133096.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。白人を忌み嫌う黒人、彼らに車を奪われた検事とその妻、「アラブ人」として差別に苦しむペルシャ人、黒人への偏見を持つ警察官、などさまざまな人々を通して、人種差別、銃といったアメリカの抱える問題を描く群像劇。

アメリカに暮らしていなければ、このような問題を本当に体感できないとは思うけれど、「人種」だけでなく色々なレベルでの偏見や差別の問題としてみれば、極端な例を除けばこういう話も身近に感じられるかもしれない。そう考えてみたら、「人種」だけでなく、性的嗜好や、出自、学歴など観点を拡げてみてもよかったのでは、と思います。とにかく色んな人たちが登場するのに、すべて人種差別の話に集中するのが少々気になりました。そして、「救い」を最後に持ってくるのはいいけれど、話の収集のつけ方が結構まとまりすぎなものもあって、ちょっとイヤらしさを感じてしまいました。それにこの手の群像劇は今まで多く観てきたので、うーん、これならオスカーは「ブロークバック・マウンテン」にあげたかった・・

俳優陣には問題はなかったです。かつての青春スター、マット・ディロンがああいう嫌な役柄を演じている、というのにすごくリアリティを感じました。それに違和感を抱くライアン・フィリップもよかったです。ドン・チードルもまた出演。今回は都会的な人物役でした。個人的にはプロデューサー役のテレンス・スタンプがとても印象的でした。
[PR]
by poyance | 2007-08-16 22:29 | 映画
ホテル・ルワンダ(テリー・ジョージ、2004年、イギリス/イタリア/南アフリカ)
b0062149_20404882.jpg夏休みだというのに、なかなか映画を観られる余裕がなく、ようやくWOWOWからハードディスクに録画したこの映画を鑑賞。多数派フツ族と少数派ツチ族の内戦が激化したルワンダで、ツチ族の人々を多く匿ったフツ族のホテル支配人、ポール・ルセサバギナの実話をもとにした作品です。

本人も制作に関わっていることもあり、事実に即したわかりやすく丁寧な作りの映画だと思います(若干の変更はあるようですが)。ポールも最初から正義感が強くてあのような行動に出たのではなく、そもそもは家族(妻がツチ族)を守りたい一心であり、難民がやって来始めたときは困惑していたのですが、ホテルの外に出てあまりにもひどい現実を目にし、また欧米諸国から見捨てられる立場を認識することで変化していく、というその過程にリアリティを感じました。映画だからかなりソフトな表現になっていたけれど、本当のポールが見たものは、もっと残酷で悲惨な状況だったに違いないでしょう。現実に起こっていることについて、色々考えさせてくれる秀作なのに、なぜお蔵入り寸前だったのか理解に苦しみます。

ドン・チードルは「オーシャンズ」のときのようなチョイ悪オヤジ(「チョイ」でもないか・・)役もできれば、今回のポールのようなプライドの高い、気品ある役柄もこなすうまい俳優さんですね(ちなみに個人的に好きな役柄は、「ER」での難病を患う研修医です)。この映画にはほかにも、ニック・ノルティとかホアキン・フェニックス、おまけでジャン・レノなどなかなかのキャスティングです。でもホアキンの出番があれだけって、もったいないなあ。
[PR]
by poyance | 2007-08-16 21:03 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31