Top
<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
読書記録 4ヶ月分
前にも書いたように、読んだ本それぞれの感想はなんだか書きづらいので、備忘録として題名を記しておきます。

b0062149_1515545.jpg4〜5月にかけては、再び金井美恵子月間となり、本屋とネットを活用して作品を集めまくりました。

『彼女(たち)について私の知っている二、三の事柄』
『目白雑録1、2』
『快適生活研究』 (以上朝日出版社)
『待つこと、忘れること?』
『切りぬき美術館 スクラップ・ギャラリー』(以上平凡社)
『遊興一匹 迷い猫あずかってます』(新潮社)

あまりの毒の強さに並行して読もうとしていた高橋源一郎の『ニッポンの小説』を断念してしまったくらいです。この中でも『快適生活研究』は、登場人物(特にアキコさん)のキャラクターが強烈で面白かったです。これは『彼女(たち)・・・』と同じく目白四部作の続編となる作品で桃子さんたちのその後もわかって楽しく読めました。しかし金井さんはハスミさんに甘くシマダさんに辛いのは何故? それも笑ってしまうくらい徹底してるし・・


b0062149_152179.jpg
あまりにも集中して金井作品を読み続けたので、今度は違うタイプのものを求めていたところに、クリスチャン・オステールの新作 Sur La Dune (Les Éditions de Minuit) が出ました。「新しい生活」を始める前に、家が砂に埋まった友人夫婦を助けに訪ねてみるも、夫婦間に不和が生じてすでにその場におらず、泊まる場所すらも手配されていないし、おまけにホテルは満室。仕方なく面識のない男とホテルで同室になるが、やがて別室に泊まっていたその男の妻に惹かれてしまう・・・という、オステールらしい先の読めない展開で、そこはかとない可笑しさが漂うところもいつもながらです。しかし今回は普段以上にフランス語が読みづらく辞書なしでは筋を追うのがやっとでした・・



b0062149_1523922.jpg『須賀敦子全集 第2巻』(河出文庫)

モランディを思わせる装丁が気になっていた全集の第2巻を選んだのは、少女時代の思い出などを中心に構成されていたからです。出てくる地名に親しみのあるものが多いので、それも興味深かったです。清らかながら凛とした所があり、そしてどこか人を寄せつけない崇高さを備えた彼女の文章を読んでいると、すっと背筋が伸びるような感じがします。ゆっくりと少しずつ読んで行きたい作品集です。



『変な映画を観た!!』(大槻ケンヂ、ちくま文庫)
『映画一日一本』(芝山幹郎、朝日文庫)

映画関係を2冊。大槻さんのは手塚眞の「星くず兄弟の伝説」が取り上げられていたので、思わず手に取ってしまいました。やっぱりあれはトンデモ映画だったのか・・でも高木完や戸川京子ちゃんがとても可愛かったことと、尾崎紀世彦が右胸を撃たれたシーンが感動的だったことは今でもよく覚えてます。映画館に2回観に行ったし。その他の映画(特にホラーもの)についても独特の観点が楽しい本です。芝山さんのは、タイトル通り365本の映画を集めていて、観ていない作品の解説など面白く読みましたが、同じ監督、同じ路線のものが連続したりするので、もう少しヴァラエティに富んでいたらいいのになあ〜。


『南洋通信』(中島敦、中公文庫)

戦時中の生活を扱った作品が好きで、今回はパラオに官吏として赴任した若き作家の書簡集(を中心にした記録・作品集)を読みました。国語の教科書で読んだあの硬質な文章の書き手、というイメージからは少し違って、家族思いで、役人であることに違和感を感じる一人の純粋な青年の思いが綴られていて、この作家に対する興味がとても高まりました。

今は大佛次郎の『終戦日記』(文春文庫)に取りかかっていますが、こちらも当時の生活の記録として読みごたえがあります。百鬼園先生の『東京焼盡』もまた読みたくなってきました。
[PR]
by poyance | 2007-07-30 22:29 |
音楽事情その他
このところ映画のことを書くだけで手一杯で、読書や音楽関係のエントリーがおろそかになってます・・ 読んだり聴いたりは相変わらず続けているのですが、それについて書くとなるとなかなか筆が進みません。 もうひとつの音楽ブログが放置されっぱなしなので、それをせめて活かすためにも、今後音楽関係の投稿は簡単なものをそちらへ移行させることにしました。とりあえずは出勤時に聴いている iPod でその日印象的だった曲について「きょうの iPod 」と題して書いてみることにします。

最近はラップ熱が少々おさまり、アコースティックなロックや懐かしい感じのポップスが聴きたい気分になっています。もうすぐフジロックで、いつもながら関連番組をよく見ているのですが、気になるバンドもいくつか発見しました。個人的な今年の目玉はやっぱり G. Love ですかね〜。まあ例年通り行けないので WOWOW での特集を待つばかりです。

読んだ本もだいぶたまってきたのですが、感想書くのが面倒くさくなってきました・・ 映画や音楽と違って本の感想を書くのがとても苦手なのです。しかし投稿をやめてしまうと何を読んだかすぐ忘れてしまうので、近いうちに題名だけでも備忘録代わりに記すことにします・・ もうすぐ夏休みだし、マメなアップを心掛けたいと思ってます。

そういやドラマについても書くの滞ってますな〜。前から見ていたアメリカものはずっと続けて見ております(「24」「ER」「シックス・フィート・アンダー」「エイリアス」「LOST」・・家人は「エイリアス」脱落)。新しく加わったのは 「The OC」と「プリズン・ブレイク」。「OC」 は主役の2人(ライアンとマリッサ、少々ウザイ)よりも脇のセスとサマーや、セスの両親の話のほうが面白い。ビッチな感じのマリッサの母親と脳天気な父親もツボです。
「ブリズン・ブレイク」は最初見るたびにどーんと重苦しい気分になってたのですが、だんだんハマってきました。これはやっぱり吹替をおすすめしたい。特にティーバッグのやらしさ加減が最高です。DVDのテレビCMも結構おかしかったです。しかしこれは何よりも主人公マイケルのミステリアスな魅力が生きたドラマ。日本版でやるなら、顔が似ている池内博之よりも窪塚洋介君で実現してもらいたいですね〜(その他リンカーンは宇梶剛士、スクレは妻夫木聡など希望)。
[PR]
by poyance | 2007-07-07 03:38 | 音楽
プラダを着た悪魔(デヴィッド・フランケル、2006年、アメリカ)
b0062149_2431494.jpgレンタルDVDにて鑑賞。ファッションに全く興味のないアンディ(アン・ハサウェイ)が、ファッション誌「ランウェイ」のアシスタントとして雇われ、鬼編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のシゴキを受ける・・という物語。

非常にわかりやすい物語で、疲れているときの鑑賞をお奨めできる映画です。門外漢の素人が厳しい指導者に教育されて、一流になっていく・・って一種のスポ根モノだな、と家人は申しておりました。私はこれもまた結局のところ「私探しモノ」だなと思ったんですが、今回は「そのままでいいのよ」ではなく、「やりたいことは自分が決めろ!」と手厳しい扱いなのが痛快ですね。後味のよい終わり方でしたし。

あるシネマレヴューに「主役の2人が『服を着こなせる柄ではない』」みたいなことを書かれていたんですが、たしかに2人が来ていた服が魅力的に見えるかどうかは微妙です。アン・ハサウェイは、変身後より変身前のほうのちょっと野暮ったいファッション(髪型は不自然すぎるけれど)のほうが可愛く見えましたし。変身後はメイクがキツすぎて彼女のもつ可愛らしさが半減しているように感じました。メリル・ストリープは今回も非常にうまい演技で、何が起ころうと終始冷静なところがよかったです。今回相当痩せたと思うんですが、それでもどう見てもサイズ6以上ですよね??
[PR]
by poyance | 2007-07-02 02:57 | 映画
世界(ジャ・ジャンクー、2004年、日本/中国/フランス)
b0062149_229553.jpgDVDで購入したままだったジャ・ジャンクーの長編第4作をようやく鑑賞(家人はあまりアジア映画に興味がないのでなかなか観る機会が巡ってこないのです)。北京にある「世界公園」(各国の観光名所がミニチュアとなって集まっている)でダンサーとして働くタオ(チャオ・タオ)とその周囲の若者たちの群像劇。

これまでの地方都市から舞台が北京へ移ったということもあるけれど、映像や音楽が非常にスタイリッシュになりびっくりです(オフィス北野のサポートも一因?)。携帯電話、CG映像など現代的なアイテムも多く登場して、急激な変化を遂げる中国の現在に向き合った作品です。一方でショウビズに携わる若者たちを扱った点では、「プラットホーム」のその後、というイメージもあるし、若者たちは国の急発展に内面的にはついていけていない、という「青の稲妻」からのテーマも踏襲されていて、ジャ・ジャンクーらしさは変わっていない印象を受けます。ところどころに「見出し」が出て来たり、携帯でのメール場面になると、なぜかアニメーションになるのはちょっと不思議でしたが、この人の世界観はいつもしっくりくるので今回も安心して観ていました。

チャオ・タオはずっとジャ・ジャンクーものに出ていますが、変わらないですね。取り立てて美人というわけではないですが、独特の存在感があります。長編処女作からずっと出ているワン・ホンウェイが今回も出ていて、彼もお世辞にも美男とはいえないですが、出てくると嬉しくなる俳優さんです。
[PR]
by poyance | 2007-07-02 02:37 | 映画
レディ・イン・ザ・ウォーター(M・ナイト・シャマラン、2006年、アメリカ)
b0062149_2262550.jpgレンタルDVDにて鑑賞。アパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)は、夜な夜なプールに出没する人物を捕まえようとするが、逆にプールで溺れて助けられる。それはストーリーという名の女性(ブライス・ダラス・ハワード)で、ある重要な使命を帯びた水の精「ナーフ」なのだった・・という物語。

クリーブランドが伝説をすぐに信じてしまうところや、彼をはじめ、アパートの住民がみんな物わかりがよく、協力的なのは不自然といえば不自然かもしれませんが、映画冒頭に言われているようにこれは「おとぎ話」なんだから、かえって進展の速さや登場人物の人のよさが気持ちよく感じられます。伝説の解釈が右往左往するところなど、コミカルな部分もあるし、娯楽作品として優秀なのではないでしょうか。こういうファンタジーものはわりと好きです。ラジー賞候補だったらしいけれど、他にも候補作はあるだろうに。ただ唯一また化け物を画面に登場させてしまったところは、「ああーまたやっちゃった・・」と感じてしまいましたが。お猿さんは出さなくってもいいんだってば! 

シャマランは毎回キャスティングがうまいと思うのですが、今回もポール・ジアマッティの人のよさそうなキャラが十分活かされた作品でした。ブライス・ダラス・ハワードの現実離れした透明感も妖精役にピッタリです。それから毎回登場するシャマラン監督は、今回は存在感たっぷりです。「シックス・フィート・アンダー」のフェデリコ役のフレディ・ロドリゲスも出演していて、かなり笑える役柄です。
[PR]
by poyance | 2007-07-01 22:06 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31