Top
<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
読書記録
まずは新しいものに挑戦!ということで『上海ベイビー』( 衛慧、文春文庫)を。中国の現代文学を初めて読んだのですが、饒舌体のフランス現代小説を読んでいるような印象を受けました。もっとも作者は西欧ものを多々読んでいるようなので、色々と吸収したものが詰め込まれている感じ。でも主人公のトッポイ女の子が、王子様のような男の子と恋におちるものの、彼の性的不能に悩み、彼もドラッグにはまっていく・・という筋書きはやけにメロドラマチックだなあと思いながら読んでいました。

b0062149_1952459.jpg気になる作家の新作が立て続けに翻訳されました。

原書で読もうかと思っていたらアゴタ・クリストフの『昨日』がタイミングよくハヤカワepi文庫から出版されたので早速読みました。一部分だけ読んでいたのですが、それで想像していたのとは全然違う話でした。素っ気ないと言えるくらいシンプルな文体に秘められた力強さも相変わらずです。

これと並行して同作家の Analphabète (Edition ZOE、『文盲』というタイトルでこちらも邦訳が最近出ました)も読んでいました。こちらは自伝で、これを読むと今までの作品に、彼女の過去が大きく関わっているのかがわかります。彼女が幼い頃に書いた詩が、そのまま『昨日』に使われていたりして、また作品を再読したくなります。また言語の問題が彼女のなかでいかに重要であるかも痛感させられます。「母国語でないフランス語においては、私はいまだ文盲だ。フランス語で書く、ということは文盲の挑戦なのだ」という最後の一編がとても重いです。

b0062149_19522050.jpgそしてカズオ・イシグロの新作『わたしを離さないで』(早川書房)。介護人の物語、とだけ聞いていたので老人問題でも扱っているのかと思っていたら、全く違ってSFよりの小説でした。主人公が今の次点から過去を振り返るというスタイルで、ある思い出がまた別の思い出につながり、最後には第三者が真相を明かす、という構成は『わたしたちが孤児だったころ』と同じなのは気になりましたが、完成度はこちらのほうが数段上のように思います。主人公が過ごした環境の不自然さや「提供」などのよくわからない言葉を読み解くフレーズが中盤に何気なく挿入されていて、度肝を抜かれました(カンのいい人はそれまでに気がついているのだろうけれど)。抑制された文章で物語は静かに進められていきますが、タイトルにもなっている曲(Never Let Me Go)にまつわるエピソードは、どれも涙を誘います。小川洋子の『密やかな結晶』なんかが好きな人ははまるんじゃないでしょうか。
[PR]
by poyance | 2006-05-27 19:59 |
シークレット ウィンドウ(デヴィッド・コープ、2004年、アメリカ)
b0062149_1936212.jpgスティーヴン・キング原作でジョニー・デップ主演ということで、WOWOWで録画したものを鑑賞。半年前から妻(「ER」のデルアミコ先生役だったマリア・ベロ)と別居している作家(ジョニー)のもとへ、謎の男シューター(ジョン・タトゥーロ)が、自分の作品を盗作されたとイチャモンをつけにやってきて、次第にいやがらせがエスカレートしていく・・という物語。
後半からは展開が予想がついた(最初なぜジョニーがこの役を?と思っていたけれど最後まで見て納得)ものの、後味の悪い終わり方も含め、娯楽映画としてなかなか楽しめました。のどかで静かな田舎の風景と、ヘンに盛り上げたりせず、わりとあっさりした演出がよかったのかも。
ジョン・タトゥーロもはまり役すぎて新鮮味がない、といえばそうかもしれないけれど、彼はあくまでも脇役として終始抑えた演技をしていたので的を得た人選だと思いました。逆に奥さんの愛人役であるティモシー・ハットンが「使い捨て」みたいな扱いだったのが寂しい。
ジョニーの住んでいる別荘のさびれ感や、彼のやぶけたガウンのくたびれ感がとても好きでした。それから彼の飼っていた犬のチコがとてもかわいい! ジョニーが語りかけるとじっと聞いている姿がいとおしいです。かわいそうな行く末をたどるんですが・・
[PR]
by poyance | 2006-05-27 19:40 | 映画
ナナメ見映画大会
連休を利用して、ハイビジョン放送の画質チェック用に録りためた映画を観ました。

b0062149_116620.jpgまずは、「シュレック2」(アンドリュー・アダムソン他、2004年、アメリカ)から。本来3D系のアニメは苦手なんですが、これは驚いた。実写かと見まがう部分もあるくらい、画像がすごいです。そり残しのヒゲとか、布の編み目とか、芸も細かくて、それだけでも観る価値があります。話もなかなか面白く、いきなり「2」からでしたが、それほど問題なく観られました。スパイダーマンなど映画のパロディがたくさん盛り込んであるのは、大人への粋なはからい、ってとこでしょうか。後で調べたら劇中歌にはトム・ウェイツやらニック・ケイヴ(気がつかなかった・・)やらあって、全然お子様向きじゃないのでした。
これは吹替版で観たのですが、浜ちゃんをはじめ、配役は予想以上によかったです。ドンキーの山ちゃんは、エディー・マーフィーにしか聞こえないなーと思ってたらオリジナルは本当に彼だったのですね。竹中直人のくどさも、元がアントニオ・バンデラスと知って納得。オリジナルでも観たくなりました。声優陣のなかでいちばん気になるのはチャーミング王子役のルパート・エヴェレット。わざと大げさにやってそうで笑えそう。

その後、こちらも高画質という、「ファインディング・ニモ」(アンドリュー・スタントン、2003年、アメリカ)も吹替版で観ました。確かに絵はすばらしく美しいけれど、物語にヒネリが感じられず、途中で挫折。その後海繋がりで、「ディープ・ブルー」に再チャレンジしたものの、無数の生物が蠢く図にやはり耐えられず挫折。

b0062149_23155651.jpgお次は周防作品のリメイク「シャル・ウィ・ダンス?」(ピーター・チェルソム、2004年、アメリカ)。物語も登場人物のキャラもオリジナルにかなり忠実に作られており、周防さんへのリスペクトを感じますが、どうしても再現できない部分、つまり「日本人であること」が欠如しているために、普通のラブロマンスになってしまっています。なので、途中からはウーム、という感じで早回しで観てしまいました。俳優陣は悪くはないと思いますが・・

そして最後は「スキャンダル」(イ・ジェヨン、2003年、韓国)。ラクロの『危険な関係』の韓国リメイク版で、ヨン様がヴァルモン役。でも茶髪も、メガネも、マフラーもない、ヒゲのヨン様はどうしても松尾スズキに見えてしまうのでした。これも途中から早回しで観てしまいました・・
[PR]
by poyance | 2006-05-07 23:26 | 映画
ブロークン・フラワーズ(ジム・ジャームッシュ、2005年、アメリカ)
b0062149_23112981.jpg公開中のジャームッシュ新作を観に行きました。映画館へ行ったのは実に去年のお正月以来。近くにできた新しいシネコンで観ましたが、100人ほど入る会場にいたのは我々を入れて10人足らずという寂しさ(連休だというのに)。そのかわりゆったりと観られてよかったですが。
映画自体についてはFBNのほうに投稿したので、詳しくはこちらをご覧下さい。そちらで書きそびれたのですが、始まり方がとてもよくて、手紙が運ばれる過程を淡々と映しているだけでもなんだかワクワクさせてくれて、ここだけで満足してしまいました。それから相変わらずジャームッシュ作品は音楽の使い方がうまいですね。今回も随所で流れる「エチオピア音楽」がとてもよかった。サントラがほしいです。
ただ気になったことがひとつ。ピンが合ったりぼけたりしている場面が目立った(特にマーヴィン・ゲイの曲が流れるシーン)のですが、あれは撮影側の問題なのか、映画館側の問題なのか? 動きのない場面だけに目立ちました。ほかの映画館で見た人はどうだったのでしょう。
[PR]
by poyance | 2006-05-04 23:24 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31