Top
わが家の犬は世界一(ルー・シュエチャン、2002年、中国)
b0062149_27954.jpgレンタルDVDにて鑑賞。登録料を払っていないために公安に愛犬カーラを没収されてしまったラオ(グォ・ヨウ)。カーラを取り戻すために息子のリアン(リー・ビン)は警官の息子にかけあってみたり、ラオもカーラの親の飼い主ヤン(リー・チンチン)に登録証を借りてみたり、手をつくすもののうまくいかない。ラオの妻ユイラン(ディン・ジャーリー)はラオと独身のヤンが会っているのが気に入らない。そうこうしているうちに、カーラが処分場に連れて行かれるタイムリミットが迫ってくる・・

旅行記などを読んでいて、アジア、特に中国映画がとても見たくなり、試しにこの映画を選んだところ、生活感あふれる映像で大満足でした。塗装がはげてボロボロの建物や、安っぽいインテリア(息子リアンの部屋には日本のビジュアル系ロックバンドのポスターが貼ってあるのが面白い)、くたびれた生活用品など、こちらのツボを刺激するものばかり。北京では犬の飼育がそんなに厳しく規制されているとは知らなかったので、冒頭の場面は驚きでした。登録料が日本円で7万以上、というのも相当高い。そら皆登録せずに飼う訳です。ラオもあらゆる手をつくして登録料を払わずに犬を取り戻そうとしますが、そこへうまくいろいろな人間模様がからめてあります。息子リアンの話も面白いし、ヤンの存在も効いているし、それだけに結末がかなりあっさりしているのが物足りないです。

グォ・ヨウのくたびれた冴えない男ぶり、ディン・ジャーリーの生活に疲れた雰囲気、ちょっと寂しげなリー・チンチンと中心の3人は三者三様のよさがありました。警官役で「太陽の少年」のシア・ユイが出てましたが、立派に成長したものだ。今では売れっ子俳優のひとりになっているそうです。犬のカーラは雑種犬なんですが、取り立てて可愛くない&飼い主にすごくなついてもいない感じがおかしいです(笑)。
[PR]
by poyance | 2008-10-13 02:41 | 映画
<< レミーのおいしいレストラン(ブ... イントゥ・ザ・ワイルド(ショー... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28