Top
ハイジ(ポール・マーカス、2005年、イギリス)
b0062149_1212863.jpgスカパー(ムービープラス)から録画したものを鑑賞。おばに連れられて山上で孤独に暮らす「おんじ」(マックス・フォン・シドー)のもとへやってきたハイジ(エマ・ボルジャー)は、その天真爛漫さでかたくなな祖父の心を開いていく。仲良しのペーター(サム・フレンド)らと楽しく暮らしていたところ、再びおばに連れ戻され、今度は車椅子の少女クララ(ジェシカ・クラリッジ)の遊び相手としてフランクフルトのゼーゼマン家へ預けられる。

アニメでおなじみの物語ですが、映画もほぼそれと同じ内容で、100分ほどの長さなのでかなり話は端折られてはいるものの要所は抑えてあります(子やぎや子猫の話や、白パンの話など)。ただ「おんじ」の孤独さの背景説明だとか、その「おんじ」がハイジに愛情を感じる行程や、クララが立ったときの感動などはあっさりしていて、物足りない。それを補うように自然の映像は美しいですが。

子供たちを取り囲む大人の俳優たちが皆ナイスなキャスティングで、マックス・フォン・シドーは内に暗いものを潜めた「おんじ」の雰囲気ぴったりです。ジェラルディン・チャップリンのロッテンマイヤーさんもいいし、やさしいおばあさまのダイアナ・リグや、お父さんのゼーゼマン氏演ずるロバート・バサーストの貫禄たっぷりなところもいい。なかでもお気に入りはアニメより若くてハンサムなセバスチャン役のデル・シノットです。アニメの人もいいけど、こちらもなかなか素敵です。
[PR]
by poyance | 2008-04-01 01:28 | 映画
<< 久々の読書記録 フェーンチャン ぼくの恋人(コ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31