Top
弓(キム・ギドク、2005年、韓国)
b0062149_20223428.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。海上の釣り舟で暮らす老人と少女。二人には血のつながりはなく、少女の17歳の誕生日に結婚するという。幸福そうに暮らす彼らだが、釣り船客として乗り込んだ青年の登場によって、関係が崩れ始める・・

カンヌの常連キム・ギドク監督の作品をやっと観ましたが、まずはその映像の美しさに魅せられました。ひなびた感じの海の風景、朽ち果てているともいえそうな古い船に、鮮やかな色彩がところどころに配置されているのが絶妙で、船に無造作に置かれた古いソファーや、少女が身にまとうワンピースとカーディガン(そのなかでも赤と緑、という組み合わせがとてもいい。それを着用したポスターを今回使ってみました)などインテリアや衣装にも独自のセンスが見られます。

それを背景にした少女と老人の描写が何とも官能的。ほとんど言葉を発さないまま静かに展開していく前半は、ため息もので観ていました。しかし終盤のあたりはちょっと陶酔的すぎて疲れてきました。最後の監督のコメントなど、ちょっとナルシスティックな部分が強いようです。また、終始流れるサントラが何だか「アジア大紀行」みたいな感じで、これも苦手。内容に即してもっと抽象的な音にしたらいいのになあと思います。映像としては面白いなあと思うので、他の作品も観てみようと思います。

老人役のチョン・ソンファンはちょっと仲代達矢を思わせますが、そのイメージに違わず、ギラギラしたものを秘めた男を演じており、青年のソ・ジソクのあっさりした雰囲気と対照的です。しかしこの映画は何よりも少女役のハン・ソルムが素晴らしく、何の言葉も発することなく、かつそれほど挑発的な仕草もせずに、エロティックな雰囲気を濃厚に漂わせるところなどがすごいです。顔も幼いしさながら韓国版ロリータといったところか。観始めてすぐにこの作品は彼女のために作られたのだなあとしみじみ感じました。
[PR]
by poyance | 2007-11-23 21:00 | 映画
<< ダイ・ハード4.0(レン・ワイ... ローズ・イン・タイドランド(テ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28