Top
レディ・イン・ザ・ウォーター(M・ナイト・シャマラン、2006年、アメリカ)
b0062149_2262550.jpgレンタルDVDにて鑑賞。アパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)は、夜な夜なプールに出没する人物を捕まえようとするが、逆にプールで溺れて助けられる。それはストーリーという名の女性(ブライス・ダラス・ハワード)で、ある重要な使命を帯びた水の精「ナーフ」なのだった・・という物語。

クリーブランドが伝説をすぐに信じてしまうところや、彼をはじめ、アパートの住民がみんな物わかりがよく、協力的なのは不自然といえば不自然かもしれませんが、映画冒頭に言われているようにこれは「おとぎ話」なんだから、かえって進展の速さや登場人物の人のよさが気持ちよく感じられます。伝説の解釈が右往左往するところなど、コミカルな部分もあるし、娯楽作品として優秀なのではないでしょうか。こういうファンタジーものはわりと好きです。ラジー賞候補だったらしいけれど、他にも候補作はあるだろうに。ただ唯一また化け物を画面に登場させてしまったところは、「ああーまたやっちゃった・・」と感じてしまいましたが。お猿さんは出さなくってもいいんだってば! 

シャマランは毎回キャスティングがうまいと思うのですが、今回もポール・ジアマッティの人のよさそうなキャラが十分活かされた作品でした。ブライス・ダラス・ハワードの現実離れした透明感も妖精役にピッタリです。それから毎回登場するシャマラン監督は、今回は存在感たっぷりです。「シックス・フィート・アンダー」のフェデリコ役のフレディ・ロドリゲスも出演していて、かなり笑える役柄です。
[PR]
by poyance | 2007-07-01 22:06 | 映画
<< 世界(ジャ・ジャンクー、200... ブラック・ダリア(ブライアン・... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31