Top
シービスケット(ゲイリー・ロス、2003年、アメリカ)
b0062149_15253592.jpg競馬にはまったく興味がありませんが、馬が走っているのを見るのは好きで、それを期待してWowowで録画したものを鑑賞。シービスケットという名の競走馬を中心にその馬主、調教師、騎手をめぐる物語で、実話をもとに制作されているそうです。
最初は3人の話がバラバラに入れ替わり立ち替わり語られるので、ストーリーが追いにくいのと、3人がシービスケットのもとに集まるまでかなり時間がかかるので、くじけそうになりますが、それから後はテンポよく展開していきます。テンポがよすぎる(かなり飛ばした編集だと思います)感もあるので、もう少し説明を加えて3時間ぐらいの大作にしてもよかったんじゃないかなあ。
後半からは競馬シーンが増えてきて、馬が疾走する絵を堪能できました。出走場面は何度見させられてもワクワクしましたし、ゴールの高揚感もそのたびごとに味わえます。何よりも走る馬が美しくて見飽きません。
俳優陣では、何といってもジェフ・ブリッジズがすばらしく、野心的だけれどおおらかで人を見る目がある馬主役を見事に演じています。ところでつい最近BSのアクターズ・スタジオ・シリーズで彼が対談しているのを見たら、えらくおじいさんになっていてショックでした。2年前のこの映画ではまだそんな感じがしないのに、急激に来ちゃったのかしら。調教師役のクリス・クーパーも作品中はすごく老けた役で、この人の七変化にはほんとうに驚かされます。家人はまだこの人が「アダプテーション」の蘭の男だということに納得がいかないようです・・
[PR]
by poyance | 2005-10-26 16:09 | 映画
<< 砂と霧の家(ヴァディム・パール... パンチライン(デヴィッド・セル... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28