Top
ミッドナイト・イン・パリ  Midnight in Paris
b0062149_1404574.jpg監督:ウディ・アレン
公開年、制作国:2011年、スペイン/アメリカ

これも6月にシネコンで鑑賞。『カイロの紫のバラ』を思い出させるタイム・スリップもので、出てくるのが1920年代のパリに実在した人物ということから、この時代の文化が好きな者としてはとても興味深く観られた。物語も気持ちのよいファンタジーで、パリという街がこういう幻想を可能にしているんだと思う。

ほんとうはウディ本人が出たかったんだろうが、年も年なのでオーウェン・ウィルソンに主役を譲っているわけだが、そのオーウェンは脚本に実に忠実でウディ・アレンにしか見えない。今後の作品はぜんぶ彼が主役でいいんじゃない?と思ってしまうほどだった。他のキャストも面白く、特にエイドリアン・ブロディのダリ、マン・レイ、ルイス・ブニュエルあたりは楽しかった。マリオン・コティヤールは20年代にとてもしっくりくる女優さんですね。
[PR]
by poyance | 2012-09-03 02:03 | 映画
<< 私が、生きる肌  La pie... 裏切りのサーカス Tinker... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31