Top
皆殺しの天使(ルイス・ブニュエル、1962年、メキシコ)
b0062149_1123577.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)から録画したものを鑑賞。シネフィル・イマジカでブニュエル作品を多く放映しているので、DVDに残そうと録画中。ビデオで昔観たこの映画も再録して観直したが、結構内容を忘れていた。原因はあかされぬまま、上流階級の人々が家の一室から出られない、という不条理な内容は、例えばスティーヴン・キング原作なら立派なホラー作品とでもなりうるのだろうが、ブニュエルの手にかかるとコメディの香すら漂うのだから不思議である。ブルジョワやカトリックを意地悪い目で見ているのは相変わらずだけれど、「ビリディアナ」と同じくそこに陰湿さは感じられないのがブニュエルのいいところである。こんなお茶目な反骨精神をもった映画作家って今いるだろうか?
[PR]
by poyance | 2009-09-05 01:27 | 映画
<< ラースと、その彼女(クレイグ・... 百万円と苦虫女(タナダユキ、2... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31