Top
ジレンマの前座劇(フランソワ・オゾン、2006年、フランス)
b0062149_1585891.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)から録画したものを鑑賞。恋人の遅刻を許せない男が、最後通告をしたにもかかわらずやはり遅れてきた彼女に対して・・という物語で、馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しい話が、美男美女のキャスティングと背景のシンプルなインテリアのおかげで、哲学的で崇高に描かれている。ルイ・ガレルのギリシア彫刻のような美貌(琴欧州にちと似ておりますが)と、ヴァイナ・ジョカンテの三つ編み&グリーンのコスチュームが白い背景に映え、こういうのは日本映画ではどう考えても無理だという劣等感を抱かせ、二人が画面に映っていれば、内容はもうどうでもいいとすら思えてくる。しかし、秀逸なのは彼らを見守るゲイの友人役であるマチュー・アマルリックであり、彼の存在が全体にスパイスのごとく効いているのがいちばん印象的である。
[PR]
by poyance | 2009-06-19 02:13 | 映画
<< 街のあかり(アキ・カウリスマキ... トラベラー(アッバス・キアロス... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31