Top
トロピック・サンダー/史上最低の作戦(ベン・スティーラー、2008年、アメリカ)
b0062149_2011639.jpgレンタルDVDにて鑑賞。このところずっとゲージツ的な映画ばかり続いたので、バカバカしいのを観たくなりチョイスした。最初の30分がダレダレでどうしようかと思っていたが、その後は何とか持ち直した。けれども全体的に笑いが中途半端で何がやりたいのかよくわからないところが多く、ただ悪趣味な面ばかりが目につく。監督としてのベン・スティーラーは、オバカ系のコメディに向いていないのではないかと思う。「リアリティ・バイツ」とかはよかったのにね〜

内容は期待できなさそうだったので、後半からはロバート・ダウニー・Jr.のなりきり演技と、トム・クルーズの悪漢ぶり、ニック・ノルティのグダグダぶりを楽しむことに徹した。ロバート・ダウニー・Jr.はさすがアカデミー助演男優賞にノミネートされただけあって、出演者のなかで突出している(逆にジャック・ブラックは下品さ極まりない役がこれまで演じてきたなかでも強烈なはずなのだが、わりと影が薄い)。トム・クルーズはその外見の変貌ぶり(頭だけでなく、腕にも注目)もすごいのだが、悪役を演じるときに生き生きしてくる邪悪さをたたえた目がよい。エンドロールのダンスシーンも必見。正義漢もよいけれど、こういう血も涙もない男みたいな役のほうが彼には合っていると思う。

結局映画がいちばん面白かったのは、最初のトレイラー部分と最後のアカデミー賞の場面だった。トビー・マグワイアとジョン・ヴォイト(最高!)が見ものである。
[PR]
by poyance | 2009-05-26 20:36 | 映画
<< ビリディアナ(ルイス・ブニュエ... シークレット・サンシャイン(イ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31