Top
<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ムーンライズ・キングダム Moonrise Kingdom
b0062149_2048934.jpg監督:ウェス・アンダーソン
公開年、制作国:2012年、アメリカ

TOHOシネマズにて鑑賞。この監督は家族の物語を繰り返し描いているが、今回はスケールを極力小さくして、至極凝縮した世界を徹底的に突き詰めて描いてあり、あらゆる細部にいたるまで貫かれたそのスタイルには驚嘆すべきものがある。本当に自分の好きなものだけを集めて作った、という感じ。簡単に言えば、何もかもがいちいちノスタルジックでカワイイのである。この世界観が好きな人にはたまらない作品だろう。

今回は主人公を少年少女にしたことで、この世界がばっちりはまってよく出来た作品に仕上がっているが、一方でこの世界は外部をよせつけない閉鎖的な空間でもある。『ダージリン急行』から観ると、作品の完成度は高まっているが内容的には後退、とは言わないまでも停滞しているように感じられるので、次回は新しい側面を観たい。

とはいえキャストにはブレがなくお約束のビル・マーレイからティルダ・スウィントン様までこの世界にすんなりおさまっている。スージー役のカーラ・ヘイワードの不機嫌そうな顔がとてもいい(アイメイクも!)。それからエドワード・ノートンが意外にもボーイスカウト隊長が似合うのにも驚いた。また老司令官役でハーヴェイ・カイテルが出てたのを後で知り、びっくり。もう一人意外な人選はブルース・ウィリスだが、彼はちゃんとここでも「ダイ・ハード」してます。
[PR]
by poyance | 2013-04-30 22:09 | 映画
白夜 Quatre nuits d'un rêveur
b0062149_20185882.jpg監督:ロベール・ブレッソン
公開年、制作国:1971年、フランス

梅田ガーデンシネマにて鑑賞。ドストエフスキーの恋愛ものをブレッソンが映画化、というなかなか興味深い作品で予告のポスターが美しかったので正月早々映画館に足を運ぶ。ブレッソンらしくシンプルで説明の少ない展開で登場人物たちももの静か(あとで原作を読んだが、登場人物たちはいつものドストエフスキーものと同じ饒舌ぶりなので、映画とのギャップに驚く)だが、ブレッソンにしてはロマンティックな作り方をしていると思う。その要因のひとつが音楽の多用で、彼の映画はサントラなしというイメージが強いのだが、この作品ではあちこちで音楽が流れ、それも当時の流行りものらしくてそれが意外だった。

ショットは相変わらず美しく、画面に人物の体の一部だけを取り込む構図のクールさにほれぼれしながら観ていた。舞台をパリに置き換えて、出会いの場所をポン・ヌフにするなどこの街の美しさを効果的に利用している。それにしても70年代当時のパリの街って本当にカッコイイ。夜のセーヌ川はもちろんのこと、そこらに路駐している車や建物を眺めるだけでもうっとりする映画だった。

主演のギョーム・デ・フォレはおそらく素人だろうが、rêveur という表現がぴったりの若者だった。そしてマルト役のイザベル・ヴェンガルテンの冷たい硬質の美がすばらしい。彼女のまとう衣装も素敵だった。これから先メディア化されることはないのかなあ・・残念。

ところで邦題は『白夜』となっているが、原題は『夢見る者の四夜』という原作のサブタイトルの方を使っている。パリでは白夜はないから、この邦題ではちょっとわかりにくいですね・・
[PR]
by poyance | 2013-04-30 20:44 | 映画
フィリップ、きみを愛してる!  I love you Phillip Morris
b0062149_19501375.jpg監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
公開年、制作国:2009年、フランス

またしても放置状態がずっと続いてしまった・・これは元旦に観た映画。最初『マネーボール』を観始めたら10分ほどで二人とも眠気に襲われ家人はそのまま沈没してしまったので、WOWOWから録画してメディアに焼いていたこの映画をあらためて一人で観たという次第(家人は途中から復活して参加)。『バッド・サンタ』の監督ということもあり、ブラックな香りがむんむんと立ちこめるなかテンポよく話が進み(スティーブンの秘密が明らかにされる場面が最高)、眠気はあっという間に吹っ飛んだ。愛する人に尽くすためだけにその天才的な能力を使うスティーブンの愚かさが切なくておかしい。実話っていうのがすごいですね。

ジム・キャリーはコメディのときはやり過ぎ感があって食傷気味なのだが、今回もまたちょっとツラいところがある。やっぱり彼は暗い映画に出た方がいい味出してると思う。逆にユアン・マクレガーの見事な乙女ぶりが素晴らしい。指先にいたるまで身のこなしに神経が行き届いている演技で、この人のうまさを再確認した。
[PR]
by poyance | 2013-04-30 20:15 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧