Top
<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アルゴ ARGO
b0062149_2151497.jpg監督:ベン・アフレック
公開年、制作国:2012年、アメリカ

大阪ステーションシティシネマにて鑑賞。上映開始時間を間違えて、20分ほど遅れて映画館に入ったが、ちょうど救出作戦を考え始めるあたりだったので、物語を把握するのはそう難しくはなかった。テンポが速くてだれるところがあまりないので、あっと言う間に終わってしまう感じ。作戦の実践よりもそこにいたる経過に重点が置かれていて、アクション映画のような興奮を味わう、という雰囲気でもない。もちろん20分くらいはドキドキするシーンの連続なのだが。

この映画では、CIAが本当に行った突拍子もない作戦、というよりも、ハリウッドにおいて映画を制作する、ということがいかにうさんくさくて、いい加減なものであるかがテーマになっているように思う。(ろくでもない)脚本と電話1台だけの事務所と多少の資金さえあれば、いくらでもハッタリをきかせて映画制作の話をすすめられるのだ。そういう意味でアメリカの、ハリウッドならではの作品といえる。

ベン・アフレック以外俳優陣が、実物とみんなそっくりで驚かされる。ドラマでよく観る顔の人たちがいっぱい出てきて「あの人が出ていたドラマは・・」とかついつい考えてしまう。79年の話なので、みんなの髪型やもりもりのヒゲなどがちょっと笑える。ジョン・グッドマンが久々に痛快な役柄で楽しかった。
[PR]
by poyance | 2012-11-15 22:19 | 映画
桃(タオ)さんのしあわせ  桃姐 A Simple Life
b0062149_21255484.jpg監督:アン・ホイ
公開年、制作国:2011年、中国/香港

梅田ガーデンシネマにて鑑賞。アジア映画を苦手とする家人がめずらしくこれを観たいというので、嬉々として鑑賞。まず、カメラワークのよさに感心する。決して派手で目立つ映像ではないのだが、構図や色の出し方が内容にとてもよくマッチしていて、とりわけ食べ物が出てくるシーンはどれもすばらしい。中国の映画の食事シーンは好きなものが多いのだけれど、この映画は食べ物が隠れた主人公であるといってもよいくらい秀逸だった。

内容は非常にシビアで、これが邦画だったらお涙頂戴場面満載の不愉快な作品になりそうだが、ここでは終始冷静な目で見つめられており、感情に流されることはない。それでいて、ロジャーの同級生たちが桃さんに電話をかけるシーンなど、ほろりとさせる場面もあって、決して冷たい映画ではないところに、監督の力量を感じる。

ついこのあいだ『インファナル・アフェア』を観たばかりなので、あの眼光するどいアンディ・ラウが修理工に間違えられるような、オーラのない青年を演じていたのが新鮮だ。桃さん役のディニー・イップは、ほんもののメイドさんを連れてきたかのようなすばらしい演技である(映画祭などで公の前に出たときの彼女とのルックスのギャップに驚く)。『インファナル・アフェア』でアンディの上司役だったアンソニー・ウォンが、毛皮&黒マニキュアのいかがわしさぷんぷんの男を演じていたり、本人役でツイ・ハークやサモ・ハンが出てきたのがおかしかった。
[PR]
by poyance | 2012-11-15 21:50 | 映画


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30