Top
<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ブレイブ ワン(ニール・ジョーダン、2007年、アメリカ/オーストラリア)
b0062149_2032377.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。暴漢たちに襲われ、婚約者を殺され自分も重傷を負わされたエリカ(ジョディー・フォスター)は、不甲斐ない警察の態度にみずから護身用の銃を手に入れる。たまたまコンビニで強盗を目撃したエリカは自分を追いつめる犯人をその銃で撃ってしまう・・・

なぜか女性が主人公のサスペンスものを立て続けに観てます。今回は内容をほとんど知らずに観たので「パニック・ルーム」みたいな話かと思っていたら全然違いました。絶望したエリカがその後あんなふうに変わる、というのがあまり納得できないし、彼女の行為がなんだか正当化されてしまう結末もどうかな、と思います。そもそも勧善懲悪という図式が未だ成り立っているのも、悪者がみんなステレオタイプ(ワンちゃんは可愛がっててくれたみたいだが)なのも古い・・ 監督がニール・ジョーダンなので期待していたのですが、彼の作品としてはハズレでした。「クライング・ゲーム」みたいなのをまた作ってくれないかなあ。ここにも製作にジョエル・シルヴァーの名前が・・ また余計なことをやらかしたのか?? とある作品に酷似しているという意見も多数あるようですし・・

ジョディのすさみ感と銃を手にしてからのやさぐれ感の表現がすばらしいので、映画自体は観ていて退屈しません。一方で彼女がラブシーンとか演じているのは違和感を覚えてしまいますね。刑事役のテレンス・ハワードもカッコイイです。婚約者デイヴィッド役で「LOST」のサイード役、ナヴィーン・アンドリュースがとてもセクスィーな感じで出ていますが、テレビ俳優の扱いってひどいわ・・
[PR]
by poyance | 2008-12-03 20:50 | 映画
インベージョン(オリヴァー・ヒルシュビーゲル、2007年、アメリカ)
b0062149_20413097.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。墜落したスペースシャトルの機体の破片には謎の生命体がこびりついており、それに接触した人間は無感情な別人へと変わってしまう。精神科医キャロル(ニコール・キッドマン)のまわりでも「前とは違う」人たちが現れ、彼女は友人のベン(ダニエル・クレイグ)とその正体をつきとめようとする・・

ジャック・フィニィの古典的名作の何回目かの映画化だそうですが、物語自体は単純なものの古くささを感じさせないです。この生命体が「絶対悪」ではないという設定(だって感染したら一応「世界平和」が実現されるそうですし・・)や、強調されている「人間」の定義も当時としては新鮮だったと思います。だから余計な小細工や派手な演出(ウィルス侵入のCGは別に要らないのでは)を入れずに展開させていったらもっと締まった作品になったでしょう。そのあたりはバックにいるジョエル・シルヴァーの影響力を感じました。一方でラストは結構あっけなくて物足りなかったです。

ニコールは相変わらずお美しく、こういう非現実的感たっぷりのパニック映画なら母親役も似合います。ただちょっとお顔が前と変わってきたような・・ 私は「アザーズ」の頃のニコールがいちばん好きです(これも非現実的な状況での母親役ですね)。相手役(というより脇役に近い)のダニエル・クレイグはジェームズ・ボンドのときとは違って少年ぽい感じで、こういう役もなかなかよいです。また息子オリバー役のジャクソン・ボンド君がとても可愛いです。
[PR]
by poyance | 2008-12-03 12:02 | 映画
フォーガットン(ジョゼフ・ルーベン、2004年、アメリカ)
b0062149_2011172.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。飛行機事故で一人息子サムを亡くしたことから立ち直れないテリー(ジュリアン・ムーア)は、ある日息子に関する品々が消えていることに気づく。夫(アンソニー・エドワーズ)も息子を忘れているようだし、かかりつけの精神科医(ゲイリー・シニーズ)などはそもそも息子などいなかったのだと言う・・

ドラマとスケート鑑賞に追われていた最近ですが、ハードディスクにまた映画がたまってきたのでようやく観始めました。ジュリアン・ムーアの母もの、ということで期待していたところ、それなりに楽しめたものの結局行き着いた先がそれか・・という物語展開に新鮮みがありません。あえてあれこれ謎解きせず終わらせたのはまあいいとしても、最後のまとまり方は都合良すぎるかも。それに「母は強し」というのはわかるけど、「父」が弱すぎ・・ その父役が「ER」のグリーン先生だったアンソニー・エドワーズだということが何か悲しい。それと最近のサスペンスものに多い黒みがかった画面が少々見づらいです。動きが激しい場面では何がどうなっているのかよくわからないところもありました。

ジュリアン・ムーアの母親役は期待通りの熱演でよかったです。久々にゲイリー・シニーズを見ましたが、もうちょっとアクの強い役で出てほしかったな・・
[PR]
by poyance | 2008-12-02 20:37 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧