Top
<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ラストデイズ(ガス・ヴァン・サント、2005年、アメリカ)
b0062149_20444043.jpgDVDを買ってしまうと安心して観ないままになってしまうことが多々ありまして、これもそのひとつ。カンヌ週間に思い出し(これは2年前の出品作)、ついに鑑賞。ニルヴァーナのカート・コバーンの自殺を下敷きにしたフィクションで、森の中をさまようミュージシャンのブレイク(マイケル・ピット)を中心に、彼の家にたむろする数人の男女たち、勧誘目的やブレイクの安否確認のために家を訪れる人びととのやりとりを描いたもの。

路線としては「エレファント」や「ジェリー」と同じで、両作品の中間に位置するようなタイプだと思います。これという筋書きもなく、かといって抽象的でもない、またドキュメンタリー風ともいえないし、ファンタジーともいえない、また絶望感で重苦しすぎるというわけでもなく、力が抜けたような空気がある、という不思議な作品です。小品というか習作といった印象を受けました(といっても悪い意味では全くないです)。ほとんど説明もないので、ブレイクとルーク他家にいる若者たちの関係がわかりづらい(解説には「別荘にやってきた取り巻き連中」とあった)のが難だったのと、最後の昇天シーンが過剰演出に感じました(遠くからぼんやり自分を眺めているとか、そういう表現の仕方もあるだろうに)。いずれにせよ監督のなかではまだまだ発展途上の部分があるんだろうなあということで、今回カンヌに出品されている「パラノイド・パーク」がどんな感じに仕上がっているのか気になるところです。

監督が選ぶ若者たちって結構私も好きなタイプが多いのですが、今回もいい感じでした。美しいマイケル・ピット君は最後のほうまでほとんど顔を見せることなく、カート・コバーンの雰囲気を醸し出していました。ルーク役のルーカス・ハースも印象的でしたが、彼はよく考えたら「24」第4シーズンでテロリストのハッキングを見つけたために追われまくる青年でした。
[PR]
by poyance | 2007-05-27 21:02 | 映画
バベル(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、2005年、アメリカ)
b0062149_22273817.jpg去年のカンヌ終了後から公開を待ちわびていたのに、ここへ来て妙に情に訴えようとする日本語のコピーがやたら眼につき逆に興醒めしてしまったこの作品を、ようやく某スクリーンで鑑賞しました。モロッコ(山羊の番をする少年が試し撃ちした銃の弾が、バスで旅行中の夫婦の妻にあたる)、アメリカーメキシコ(息子の結婚式に行くのにどうしても都合がつかない子守りの女性が、仕方なく子供たちを結婚式へ連れて行く)、日本(父親と暮らす聾唖の少女が、はけ口のない不満をつのらせる)でそれぞれ展開される物語。

「21グラム」よりぐっとわかりやすい編集でそれぞれの物語自体を理解するのはそれほど難しくありませんが、お互いにどうつながってくるのかはわかりにくいです。並行して語られる物語が、やがてひとつに集結していくのではなく、またそれぞれの物語が同時間帯のものではない、と気づくのが中盤になってようやく、というくらいです(時間の流れとしては、メキシコ〜モロッコ〜日本でいいのかな? )。かつ並行して語られる必然性もあまり感じられません。もの言わず抱きしめて終わり、というのも安易に思えます。期待して観ただけに、逆にフラストレーションの残る結果になってしまいました・・

出演者に関しては、やはり助演女優賞にノミネートされた2人が強い印象を与えます。菊池凛子は、顔で得しているように思います。国籍を超えて人々に訴えるあの強烈な目ヂカラは、カンヌで主演男優賞をとったときの柳楽優弥に通ずるものがあります。そして子守りのアメリア役のアドリアナ・バラーザはほんとうに素人の子守りにしか見えず、ブラッド・ピットやケイト・ブランシェット(相変わらず美しかったけど・・)のように「演技」を感じさせない自然さでした。

それはそうとガエル君の役はひどすぎます・・ もっといい役をあげてくれー!
[PR]
by poyance | 2007-05-21 22:28 | 映画
許されざる者(クリント・イーストウッド、1992年、アメリカ)
b0062149_22115458.jpgレンタルDVDで鑑賞。かつてならず者だったが、今は「更生した」マニー(クリント・イーストウッド)は、娼婦たちが仲間を傷つけた男たちに賞金をかけた話を聞き、話を持ちかけたスコフィールド・キッド(ジェイムズ・ウールヴェット)と昔からの相棒ネッド(モーガン・フリーマン)とで彼女らのもとへと向かう。しかしそこには賞金狙いの男たちを阻止しようとする保安官リトル・ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)がいた・・というもの。

西部劇にはあまり触手が動かず、この監督の代表作を今まで観ていませんでした・・ これはアンチ西部劇、と解釈したのですが、一般的にもそうなんでしょうか。かつては荒くれだったにもかかわらず、今では馬にすら満足に乗れない弱々しい主人公、暴力的で娼婦を人間扱いしない保安官らの描き方、また「真人間になった」はずのマニーが一瞬にして復讐の鬼と化し、キッドはただの強がりの子どもだったという人間の弱さが提示され、暴力は何ら正義的なものではなく勧善懲悪の図式が否定されている、などの点からいわゆる西部劇から遠いところに位置する作品なのだなあと感じます。

モーガン・フリーマンとはこの頃すでにコンビを組んでいるのですね。2人の関係がちょっと「ミリオンダラー・ベイビー」を思わせるところがあります。この2人の大人の演技はともかく、スコフィールド・キッドもいいなあと思って観ていたのだけれど、この俳優さんはその後あまり見かけないですね。ジーン・ハックマンは私にはいい人の役のイメージが強いので、この役は悲しいです。いろいろ賞をとっているようですけれど。

この作品はほとんど前情報なく観たんですが、すごく不思議な味わいの映画ですね。特に最初と最後のナレーションのつながりにはすごく笑ってしまった・・ 他の人には「どこが?」と言われそうだけれど・・
[PR]
by poyance | 2007-05-19 21:02 | 映画
エミリー・ローズ(スコット・デリクソン、2005年、アメリカ)
b0062149_2261941.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。「悪魔に取り憑かれた」というエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)の悪魔払いに失敗して死なせた嫌疑で裁かれるムーア神父(トム・ウィルキンソン)とその担当弁護士(ローラ・リニー)の物語。

ホラーは苦手だというのになぜかまたこんな作品を見てしまった・・ おまけに「実話に基づく」というフレーズまであるし。昔は「エクソシスト」だって夢に出てきそうで見られなかったのに・・ 多少神経が図太くなったのか。それとも日本じゃなくて遠い国の話、として一種のファンタジーとして認識しているんでしょうか・・ 恐がりなのは相変わらずですけれど。

裁判の進行とともに、エミリーが死に至るいきさつが挿入される構成で、半分裁判もの、半分ホラーもの、という感じでどちらにしても中途半端に思えます。やたら怖がらせる作りではなく、抑えたタッチなのは好感が持てました。暗い画面での光の演出も悪くなかったです。恐怖場面については、エミリーが豹変する場面(迫真の演技でしたが)よりも、彼女が不安にとらわれていく表現(周囲の人がコワイ顔になるなど)のほうがギョッとしました。

超自然現象に懐疑的でキャリア志向の弁護士をローラ・リニーが手堅く演じていました。トム・ウィルキンソンはあまり神父さんに見えなかったような・・ それともアメリカのカトリックの神父さんはあんな感じの人もいるんだろうか。
[PR]
by poyance | 2007-05-19 20:38 | 映画
スパイダーマン3(サム・ライミ、2007年、アメリカ)
b0062149_2239445.jpg先日オープンしたなんばパークスのシネコンで鑑賞。平日昼間なのに大入りでした。スパイダーマンはニューヨークのヒーローとして人気者になり、安定した生活を送るピーター(トビー・マグワイア)だが、一方でハリー(ジェイムズ・フランコ)はピーターへの復讐心に燃え、MJ(キルスティン・ダンスト)は仕事がうまくいかず悩んでいる。そこへ新たにサンドマン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)なるモンスターが現れ、また謎の黒い物体もピーターを狙う・・というもの。

かいつまんでストーリーを書こうとしても長くなるくらい盛りだくさんの内容です。今回はピーターの三角関係、サンドマン、黒い物体と3つの物語が並行して語られ、最後に1つに集結する、という構成になっていて、詰め込み過ぎに見えなくもないです(ハリーとの物語の結末の描き方が薄いのは気になりましたが・・)が、それだけに退屈するシーンは全くなく2時間半ほどの長さをほとんど感じることもありませんでした。

シリーズものは回数を経るごとにマンネリ化して面白さも半減することがしばしばですが、この新作にはその心配は無用でした。これまでの2作に負けず劣らず、アメリカン・コミックのポップさと、画面からあふれるほどの映画作りへの情熱が感じられる秀作でした。今回のアクションシーンは空間をさらに意識させるもので、上下からの撮影を多用した興味深いものでした。

ところでこのシリーズでは所々にユルい場面があって、ホッとさせてくれるのですが、今回もフレンチレストランのシーンなど緩急の付け方が冴えています。また端役も丁寧に扱ってくれるところも好きで、大家さん親子や新聞社の人びとの魅力も堪能できました。

今回の悪役、トーマス・ヘイデン・チャーチは「根は悪くない人」としていい人選だったと思います。また、今回MJの恋敵として登場するブライス・ダラス・ハワードは「ヴィレッジ」のときとはまたひと味違う素敵な魅力(ほんとに色が白い!)を放っています。落ち着きの感じられる女優さんだけれど、こうやって見るとすごく若い人なんだなあ〜。最初は苦手なタイプかなと思っていた人なんですが今では結構好きな人です。

さてこのシリーズではピーターは一貫して弱い存在として描かれ続けてきましたが、今回がそのクライマックスとなるでしょう。おじさんが死んだ理由、ヒーローであることの困難さ、ハリーとの確執、といった第1シリーズからの物語にも決着が示され、3部作としてひとつの終わりを迎えたといえます。第4シリーズ以降もあるらしいのですが、人気絶頂のこの時点で終わらせてもいいのでは・・と思いました。
[PR]
by poyance | 2007-05-13 22:51 | 映画
殺しのドレス(ブライアン・デ・パルマ、1980年、アメリカ)
b0062149_22375041.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。夫に不満をもつミラー夫人(アンジー・ディッキンソン)は、美術館で出会った行きずりの男とベッドを共にするが、何者かにエレベーターで殺され・・というもの。

決して上品とは言えないマダムのお色気シーンから始まり、前半は笑えるくらい非常に唐突な展開で、キワモノ映画なのかと思いきや、途中で主人公が交代し、犯人を追う男女が窓を覗き見するシチュエーションなどから、この映画がヒッチコック作品、特に「サイコ」と「裏窓」を下敷きにしているということが素人目にもだんだんわかってきました。しかし単なるパロディーなのではなく、そこにデ・パルマの美学を溶け込ませたオマージュとしての作品になっていると思います。ただパロディーとオマージュの境界は本当にギリギリな感じなので、1981年のラジー賞(最悪映画賞)にノミネートされているのもわからなくはないです・・

こういう展開の作品がすでに多く作られている現在では、犯人は中盤でだいたい予測がつくのでサスペンスものとしての面白みは今ひとつかもしれませんが、それよりも美術館でのシーンや、(この当時では結構ショッキングな)クライマックスの撮り方が興味深いです。「見ること」「見られること」が強調されていて、登場人物の視線の行方など、映画批評をする人には格好の材料となりそうです。

ナンシー・アレンは「ミッドナイト・クロス」でも蓮っ葉な感じの女の子を演じていましたが、今回の娼婦役も似合っていました。彼女の相棒となる、ミラー夫人の息子はとてもハリー・ポッターな雰囲気の男の子でした。
[PR]
by poyance | 2007-05-13 22:38 | 映画
音楽事情
今年に入ってから映画の投稿だけで精一杯で、音楽関係について全く書いていませんでした。昨年後半からヒップホップモードに入ったままです。一応今年に入って聴いたものを列挙すると、いろいろ買ってはいるのだけれど、結局今はヒップホップとその周辺、および G.Love、そして Little Barrie ばかり聴いているような気がします。もっとも Blackalicious に始まり、それに近い音を少しずつ収集している状況なので、それほど数は聴いていませんが。

b0062149_2263845.jpgまずは Procussions。The Drive という曲がとてもよかったので、アルバム2枚聴いてみました。2004年作の Up All Night は、 バックに流れるクールなジャズに少々はっちゃけた感じのラップが乗っかったアンバランスさが面白い。ジャケットも古いアナログ盤みたいな処理がしてあって渋いです。この後に出たアルバム Five Sparrows for Two Cents は、ぐっとハジケた作りになっていて若々しく、それもよし。




b0062149_2385174.jpgPhoenix は英語で歌っているのでイギリスの人たちかと思っていたらフランスのバンドでした。音はタヒチ80がもっと若々しくなった感じ。「ロスト・イン・トランスレーション」のサントラで聴いたときは、それほど印象に残っていなかったのだけれど、別ルートで聴いた曲がよかったのでアルバムを買いました。Everything is everything はなかなかいい曲です。




b0062149_2273456.jpgジャケもタイトルも愛らしい Gruff Rhys(Super Furry Animals のヴォーカル)の ソロアルバム Candylion。SFAの実験的な部分を減らして、より素朴にしたような音で、グリフの声は相変わらずしみじみと良い。なぜかお花見どきに聴いてみたいと思いました。春らしい1枚です。




b0062149_2375754.jpgHMVのリコメンドで情報もないまま衝動買いしてしまった Funky DL の Music From Naphta。セルフカバー集だそうですが、落ち着いた音で聴きやすいです。






b0062149_2383445.jpgもう一枚HMVで衝動買いした Peace Island というコンピレーションは、ファンキーな音大集合で、日本人好みの選曲。リップスライムか?と間違えそうな曲も。





b0062149_228973.jpgそして! 現在我が家でヘビロテなのは、N.E.R.D. です。たまたまスカパーで見たPVが耳に残っていて、アルバムを聴いてみたら、ツボにはまりまくり。3−5年も前の作品だってのに・・ アイデアにあふれ、1曲が変化に富んでいて飽きません。アメリカの人たちなのに、多分にヨーロッパの香りを感じます。バンド名 Nerd (おたく)が示すごとく、相当な音を聴いている、ということなのでしょうね。アルバム2枚ともハズレの曲がほとんどなく全部 iPod 行きに。バリバリ飛ばしている曲よりも、肩の力を抜いた感じの曲や、メロウな曲に惹かれます。でもこれはヒップホップじゃなくて、ロックのアルバムだよね〜。路線は違うようだけれども本家の Neptunes も聴いてみよう。解散宣言をしたとか聞いて「知った直後にまたかよ・・」と思っていたら、最近撤回してくれたそうでうれしい限りです。
[PR]
by poyance | 2007-05-08 02:52 | 音楽
ドア・イン・ザ・フロア(トッド・ウィリアムズ、2004年、アメリカ)
b0062149_2223924.jpgWOWOWからハイビジョン録画したものを鑑賞。作家志望の学生エディは尊敬するテッド・コールの助手としてひと夏を彼の家族と過ごすことになるが、テッドは以前2人の息子を事故で亡くしており、それ以来妻マリアンとうまくいっていない状態である。エディはマリアンと会ったときから好意を抱き始め、2人の仲は次第に急接近していく・・というもの。

アーヴィング作品はどうも相性が悪いのですが、「ガープの世界」や「ホテル・ニュー・ハンプシャー」と比べると、こちらはもっと抑制された静かな演出です。もちろん悲惨なこととおかしなことが並行して起こったりするところは共通しているのだけれど、前者のほうに重きが置かれ、はじけた感じはまったくありません。落ち着いた大人っぽい雰囲気や、使われている家や周囲の景色などはとてもいい感じですが、やっぱり内容はピンと来ないまま終わりました・・ アーヴィングの世界は苦手みたいです。

また理由のひとつに、キム・ベイシンガーがああいう行動を取る女性には見えないから、ということもあるかもしれません。女優としてはわりと好きなタイプの人だけど、キャスティング的にはどうかと思います。逆にジェフ・ブリッジズの投げやりな感じのヨレヨレオヤジはとてもよかったです。
[PR]
by poyance | 2007-05-04 02:58 | 映画
イン・ハー・シューズ(カーティス・ハンソン、2005年、アメリカ)
b0062149_2215492.jpgWOWOWからハードディスクに録画したものを鑑賞。弁護士のローズ(トニ・コレット)と無職でふらふらしているマギー(キャメロン・ディアス)は、対照的な性格の姉妹である。継母とうまくいかず、姉の元へ転がり込んだマギーのいい加減さにローズは何とか我慢していたものの、恋人を寝取られてついに妹を追い出してしまい・・という物語。

マギーがローズのもとを去る前と後で、ラブコメっぽいノリから家族モノへと映画の雰囲気が変わります。それはシャーリー・マクレーン演ずる彼女たちの祖母の登場の影響大なのですが、この部分で「泣かす」演出が冴えてくるのだから、前半部をもっとシンプルに短くすればよいのになあと思います。この作品も冗漫に感じられるところが特に前半に多く、長く感じてしまいました。タイトルにもなっている「靴」の使い方も今ひとつ効果的に見えません。また継母の描き方がえらくステレオタイプで、ちょっと古くさいです。姉妹にまつわるエピソードはいい感じなのに、その他の仕立て上げ方で損をしているように思えます。

キャメロンの抜群なスタイルが随所に強調されていますが、顔がすごくやつれて見えるのは、役柄のせいかそれとも・・ 一方でトニ・コレットは「リトル・ミス・サンシャイン」のときもそうだったけれども、どっしり体型で安心感を誘います。今回魅力的なのはシャーリーを初めとするおばあさま方軍団で、シュークリームのようなホワホワ頭とパステルカラーのお洋服が明るい陽射しに映えていました。
[PR]
by poyance | 2007-05-03 22:21 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧