Top
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
プルートで朝食を(ニール・ジョーダン、2006年、アイルランド/イギリス)
b0062149_20415230.jpgレンタルDVDで鑑賞。母親に捨てられて養子として育てられたパトリック・「キトゥン」(キリアン・マーフィー)は、幼い頃から自分の「女性」を自覚し、派手に着飾っては周囲から奇異の目で見られている。やがて彼は美しい母親を捜しに、故郷のアイルランドを離れ、ロンドンへ旅立つ・・という物語。

アイルランドとイギリスの対立が深刻化していた時代を背景にストーリーは展開されますが、キトゥンはほとんど関心を示さず、人種も、宗教も、性別も、過去も関係なく、愛する人たちをただただ優しく愛するのです。そのようなボーダーレスな愛の描き方は、「クライング・ゲーム」より徹底していて、感動的な場面も多いです。特にチャーリーが堕胎をやめる場面や、父親との再会のシーンは、セリフ(「そんなあなたが大好きなの」「母親を捜しに行って父親を見つけた」)ともども涙を誘います。ただ、物語が細かく章分けされていて、全体の流れが今ひとつスムーズに見えないのが残念です。

キトゥン役のキリアン・マーフィーは、最初あまりきれいに見えなかったのですが、「パトリック」が次第に「パトリシア」に変わっていくにつれてどんどん美しくなっていきました。キトゥンを取り巻く人たちのキャスティングもなかなかよく、特に神父役のリーアム・ニーソンや、チャーリー役のルース・ネッガ(可愛い!)が印象的です。スティーヴン・レイの役回りは「クライング・ゲーム」のときのことを考えると面白いですね。そして、どこかで見たことある顔が出ていると思ったら、ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーでした。ミュージシャン関連では、ビリー・ハチェット役でギャヴィン・フライデーも出ています。その昔、ヴァージン・プリューンズというバンドでヴォーカルをしていた人だけど、素顔は結構ワイルドで、いい味出してました。
[PR]
by poyance | 2007-02-28 01:28 | 映画
ダ・ヴィンチ・コード(ロン・ハワード、2006年、アメリカ)
b0062149_20362496.jpgレンタルDVDで鑑賞。ルーヴル美術館館長ソニエール殺害事件の参考人として美術館へ呼ばれたラングドン教授(トム・ハンクス)は、そこへやって来たソニエールの孫娘ソフィー(オドレイ・トトゥ)から自分が容疑者であることを知らされ、彼女に導かれるままに逃げ出す・・という物語。

昨年のカンヌで大不評、と聞いていたので、どんなにひどいのかと思っていたのですが、それなりに楽しめます。原作を読んでいなくても、だいたいのことは把握できるし、ロン・ハワードらしくうまくまとめていると思います。確かに、謎解きと歴史的な背景の部分はかなり端折られているようだから物足りなさはあります(タイトルに用いられているほどダ・ヴィンチがクローズアップされているようには見えないです)が、時間的な制約もあるのでそれは仕方ないでしょう。

原作を読んだ人に言わせるとラングドン=トム・ハンクスというのも違和感があるそうですね。映画では、あまりラングドンの性格が描かれているようなシーンもないし、博識で機転のきく人物として、無難な人選に思いました。ソフィー役は当初、ジュリー・デルピーと聞いていたので、オドレイ・トトゥになったときは、ギャップがあって当惑しました。まあ悪くはないけれど、ジュリーが今より10歳若くてこの役をやっていたら・・ ルーヴルのクラシックな雰囲気や、ソフィーの神秘的な素性を考えると、ジュリーのほうが合ってるかな〜と感じてしまいます。そういえばかつてゴダールが彼女のことを「ボッティチェルリの絵の女性のような」と形容してましたね・・

個人的にいちばん印象的だったのは、やっぱりシラス役のポール・ベタニーですね。真っ白い彼がご主人様に忠実につくしたり、「私は天使・・」なんて言っている姿がなんともいじらしいです。
[PR]
by poyance | 2007-02-24 20:59 | 映画
ミュンヘン(スティーヴン・スピルバーグ、2005年、アメリカ)
b0062149_20394894.jpgレンタルDVDで鑑賞。1972年のミュンヘン五輪で起きたイスラエル選手殺害事件の首謀者を暗殺するよう秘かに集められた5人組の物語。

撃ち合いや爆発シーンが多いものの、演出自体は抑制されていて、それが内容を見ごたえあるものにしています。5人が家族や他の人びとを巻き添えにしないよう極力努力し、テロリストではないという自覚を強く抱いていることが随所で表明されていますが、それでも彼らの苦悩は深く、終盤のハンスやアヴナーの台詞が痛々しいです。これもまたちょっと長く感じられるのが残念。ベッドシーンは余計じゃないですか? せっかく静かに盛り上がっていたのに、最後のアヴナーのアップをえんえん観ていると興醒めしてしまいました・・

ところでこの映画では70年代の雰囲気の表現がすばらしく、5人の服装や髪型はもちろん、部屋のインテリアや街の風景なども徹底的に再現されています。ルイが乗っていた車はなんとシトロエンDS! 走っているのを初めて見ましたが、美しいですね〜。

5人を演じていた俳優は地味目ながらそれぞれ持ち味を発揮していたと思います。エリック・バナは華やかさはないけれど堅実な演技でした。年配組のキアラン・ハインズやハンス・シジュラーは渋くてカッコいい。新007のダニエル・クレイグも血気盛んな若者役が似合ってました。今後007のイメージが固定されなければいいが、と思います。またマチュー・カソヴィッツがこの5人組の中にいたのが個人的に嬉しいです。彼の温和なキャラクターが役に活かされていてよかったです。

マチュー・カソヴィッツの他にも、イヴァン・アタル、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキなどフランスの若手俳優が何人か出ています。ルイを演じたマチュー・アマルリック(久々に見ました)の謎めいた雰囲気もよかったです。
[PR]
by poyance | 2007-02-23 21:10 | 映画
ブロークバック・マウンテン(アン・リー、2005年、アメリカ)
b0062149_142758.jpgレンタルDVDで鑑賞。タイトルになっている山に放牧された羊の世話を夏の間2人きりですることになったイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)は、いつしか結ばれるが、やがて別離のときが来て、それぞれの生活に戻ることになり・・という物語。

まず感じるのは、人のいる風景の美しさです。ブロークバックの山はもちろんのこと、さびれた町や、つぶれそうな家ですら、イニスやジャックがそこにいると何もかも絵のようにきれいです。特に青空の下で2人が立っている場面や、花火をバックにイニスと子供を抱いたアルマが立っている場面が印象的です。そのように美しい背景をもとに展開される内容は、男同士の恋愛、というよりも、運命の人がたまたま同性だった、という感じです。とりわけそれはイニスにあてはまっていて、彼は他の男と浮気をするわけでもなく、ただただ一途にジャックを思っているわけで、そのクライマックスとなる最後のシーンは、観ている側の涙を誘います。もっともイニスの奥さんの立場を考えるとかなり複雑な気分になりますが。ところで彼らの関係はアルマ以外の人にもわかっていたのでしょうか。イニスとラリーンの電話の場面がかなり含みのある撮り方をされていたのと、イニスがかつてジャックに語った「牧場経営の男」の話がオーヴァーラップされるあたりに、意味深なものを感じます。

ジェイク・ギレンホールはもともと好きなタイプの俳優ですが、これまでの少年っぽい役柄とはガラッと変わって、大人の色気を醸し出しています。ナヨナヨしたところなど皆無なのに、とてもなまめかしい。あの流し目は罪ですな〜。一方ヒース・レジャーはこれまで全く興味の対象になかった人なんですが、今回のイニス役は秀逸です。あのケモノみたいな獰猛さとダミ声が終盤に向かうにつれグッと来ます。アルマ役のミシェル・ウィリアムズも力演です。

ところで、この作品では20年という長い歳月が描かれていて、それが端的にわかるのが登場人物たちの風貌なんですけど、ラリーンのヘアスタイルがだんだんおかしくなるのが、別の意味で印象的でした。アン・ハサウェイみたいな可愛い女の子でも髪型一つでオバチャンみたいになるのね〜。ブロンドになるあたりからちょっと笑えました(最初はとてもカワイイのに・・)。

最後にこういう映画をフツーに一緒に観てくれる家人に感謝です。
[PR]
by poyance | 2007-02-18 02:25 | 映画
ディパーテッド(マーティン・スコセッシ、2006年、アメリカ)
b0062149_19385298.jpg近くのシネコンで鑑賞。香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクで、マフィアの手先となって警察に潜り込むコリン・サリバン(マット・デイモン)と、逆にマフィアになりすまして、ボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)に近づくビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)の物語。

オリジナルを観ていないので、どの辺りまで同じなのかはっきりしませんが、よくできた話です。ビリーの家系ががもともとイタリア系マフィアと関わりがあり、コステロらのアイルランド系マフィアとは犬猿の仲であったとか、彼らのバックボーンの話が効いていると思います。(ここからネタバレです)コリンがコステロの息子かもしれない、というのももとの話と同じなのでしょうかね?? 相手の正体の探り合い、というスパイものであると同時に家族の物語でもあります。あまり期待せずに観たので結構面白かったですが、ちょっと長いですね。あと20分くらい削ってくれたらダレずに楽しめるのに。そして最後のネズミも要らないんでは? オリジナルを知る人には、物足りない部分が多いようで、これはぜひトニー・レオン様版も観なければ、と思っております。

観る前はコリンとビリーの役は反対のほうがよいのでは、と思っていたんですが、観ていたらこれでいいんだと納得しました。コリンのふてぶてしいが気の小さいところ、ビリーの喧嘩っ早いが反面繊細なところ、がマットとレオ2人のキャラにマッチしてますね。特にレオは童顔なので、これまでの作品ではどうしても背伸びしたように見えた演技が、今回は自然といいなーと感じられました。ビリーの上司役のマーティン・シーンとマーク・ウォルバーグもなかなかよかったです。そして、ジャック・ニコルソン、コワすぎです。最後なんか「シャイニング」入ってました・・
[PR]
by poyance | 2007-02-17 21:19 | 映画
小説家を見つけたら(ガス・ヴァン・サント、2000年、アメリカ)
b0062149_353724.jpgWOWOWで録画したものを鑑賞。ガス・ヴァン・サントは好きな監督なのに、この作品はなぜか観るのをのばしのばしにしていました・・才能を持て余している黒人少年ジャマール(ロブ・ブラウン)は、ある日友人たちにそそのかされてしのびこんだ家に住む謎の男が、伝説の作家フォレスター(ショーン・コネリー)であることを知り、助言を求めるようになる・・というもの。

「グッドウィル・ハンティング」と対をなすような内容ですが、前者は助言者(ロビン・ウィリアムズ)が好意的だったのに反して、今回のフォレスターはとても消極的です。が、それだけに最後のシーンは感動的です。それからジャマールの家族が、ジャマールのことを誇りに思っているのがわかるシーンが好きです。とくに兄(バスタ・ライムズ)とのやり取りがいいです。こういう関係は、やはりアメリカならではなのかな。日本ではなかなか見られないですよね。

澄んだ目が印象的な、ジャマール役のロブ・ブラウンは、まったくの素人だったそうですが、とても自然な演技でショーン・コネリーとも対等にやりあっています。逆にショーン・コネリーがちょっと濃いいかな・・という気もします。全体のあっさりした雰囲気からは少々異質に思えるときもあるので。ジャマールを尊敬している気弱そうなコールリッジ君がこの後、「ラスト・デイズ」でカート・コバーンを演じるとは、この時点ではよもや思えませんな・・
[PR]
by poyance | 2007-02-17 04:15 | 映画
チャーリーとチョコレート工場(ティム・バートン、2005年、アメリカ/イギリス)
b0062149_20454451.jpgWOWOWハイビジョン放送を録画したものを鑑賞。謎のチョコレート工場に招待されたチャーリー(フレディ・ハイモア)は、経営者ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)に案内されて、元従業員だったおじいさん(デヴィッド・ケリー)や他の4組の親子たちと奇想天外な内部を見学していく・・というもの。

ティム・バートンの美意識が隅々まで行き渡り、最初からスキのない画像づくりで、人間の顔まで加工(特に子供たちが作り物みたいです)されていて、観ているとだんだん息苦しくなってきますが、ウンパ・ルンパさんたちが活躍するあたりから波に乗れてきました(ポスターもウンパ・ルンパさんバージョンにしてみました)。歌の場面は、曲も結構いいし、ウンパ・ルンパさんたちの振り付けもキマっていて楽しいです。私はヴァイオレットのファンクな感じの曲が、家人はベルーカのソフト・ロック?調の曲が気に入ってます。ナッツ割りのリスたちもすごくカワイイし、ベルーカの場面はとても好きです。「2001年宇宙の旅」へのオマージュもあったりして(その場面のウンパ・ルンパさんも素敵)監督の好みがもろ出ています。一方でラストはえらくあっさり片づけられていて、あ〜監督は工場のシーンをえんえんやっていたかったのだなあと思いました。

ジョニー・デップはこのごろ現実離れした役が多いようで、特にティム・バートンと組むと必ずそうなりますね。こういう作り込まれた演技も板についてますが、私は「ギルバート・グレイプ」のジョニーが好きなので、またああいう悩める青年役みたいなのもやってもらいたいなあ。俳優陣では、おじいちゃんのデヴィッド・ケリーがお茶目でよいです。チャーリー役のフレディ君も、純な感じが可愛いですね。それからお父さん役のノア・テイラーが年をとっていてびっくりです。このブログを始めた頃に取り上げた映画「ニコール・キッドマンの恋愛天国」でのイメージが強いので・・
[PR]
by poyance | 2007-02-08 01:14 | 映画
マッチ・ポイント(ウディ・アレン、2005年、イギリス/アメリカ/ルクセンブルグ)
b0062149_20532467.jpgこちらもDVDが発売されたのでレンタルで鑑賞。アイルランドの貧しい家の出で、プロテニスプレーヤーを引退したクリス(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、ロンドンで上流階級のトム(マシュー・グード)にテニスを教えたことから一家と交流をはじめ、トムの妹クロエ(エミリー・モーティマー)の恋人となるが、その後トムの婚約者であるアメリカ娘ノラ(スカーレット・ヨハンソン)と出会い、心を奪われてしまう・・という物語。

従来のウディ・アレンものとはかなり趣の異なる作品で、お笑い場面も見当たりません。でも、テニス、オペラなど都会のインテリ的なモチーフが選択されていたり、ドストエフスキーを下敷きに置くなど文学的な匂いが随所に感じられるところは彼らしいでしょうか。最後の刑事たちのやり取りには「いつもの」感じがしましたが。

雰囲気は全然違いますが、これを観ていて思い出したのは、ロバート・アルトマンの「ザ・プレイヤー」と、ルネ・クレマンの「太陽がいっぱい」です。前者は最後の結構あっけないオチの付け方に、後者は上流階級に居所を見いだそうとする主人公のあり方に、共通するものを感じました。とはいえ、後者の主人公トムのようなギラギラした野心はクリスには見られず、途方に暮れるなかでやむを得ず事に至った、という感じです。彼は自分の意志で、というより「運」によって人生を左右された存在として描かれていて、それがこの映画のテーマにもなっています。

このようなクールな物語の描き方に、ロンドンの街は大変マッチしていました。テイト・モダーンといった美術館などが効果的な背景に使われていたと思います。特に美術作品と人物、のショットがとても印象的でした。登場人物たちの品のよいファッション(とりわけクロエの服装が可愛い)も記憶に残ります。

ジョナサン・リース・マイヤーズは、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンみたいな、「ノーブルさに欠ける美青年」感を今回非常にうまく醸し出していたように思います。彼のかなり個性的な顔立ちは、ヒューイット家の人々の地味な顔立ちととても対照的でした。そして、スカーレット・ヨハンソン! メイクもナチュラルだし、挑発的な服装をしているわけでもない(下着さえも)のに、何ですかこの匂い立つような色気は! 撮影当時は20~21歳くらいなはずなのに、このエロティックさは、末恐ろしいです・・
[PR]
by poyance | 2007-02-07 02:48 | 映画
16ブロック(リチャード・ドナー、2006年、アメリカ)
b0062149_20332065.jpg家人の希望で、レンタルDVDで鑑賞。酒におぼれた刑事モーズリー(ブルース・ウィリス)は、証人エディ(モス・デフ)を16ブロック先の裁判所まで護送するよう無理強いされ、嫌々ながら連れて行くのだが、そのエディが何者かに狙われ・・というストーリー。

アクション映画であるようで、何かまったりした空気を感じます。エディ役のモス・デフがラッパーだからかむやみと会話シーンが多く、且つこのモス・デフさんの声が少々耳障りなので観ている(聴いている)のに疲れてきました。ですが、エディが脇の人たち(中国人の老人やバスの少女など)と対話している場面は結構好きです。あ、バス停のなぞなぞは予想があたって嬉しかったです・・ エンディングは2種類あってどちらも観ましたが、映画に使われた方がやっぱりよいでしょうか・・もう一つのほうはフランクの心変わりがちょっと甘いかな、と感じました。

ブルース・ウィリスは刑事役が似合いますね。「ダイ・ハード」のようなハツラツ感は全くない、こういうくたびれた役柄もなかなかいいです。フランク役のデヴィッド・モースは「コンタクト」のお父さん役の印象が強いので、悪役だと悲しいです・・
[PR]
by poyance | 2007-02-06 20:51 | 映画
リトル・ミス・サンシャイン(ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス、2006年、アメリカ)
b0062149_20391232.jpgミニシアター系劇場で鑑賞。説得力に欠ける自己啓発セミナーを主催する父、ジャンキーの祖父、ニーチェを信奉し無口を貫く兄、自称プルースト研究第一人者でゲイの伯父、がさつながらも家族を愛する母らと、少女オリーヴは念願の美少女コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の会場へと向かう・・という物語。

妙な家族の映画、といえば「ロイヤル・テネンバウムズ」だとか去年観た「バス男」などが思い浮かびますが、この作品では家族それぞれのキャラが立ちすぎてるかといえばそうでもなくて、やり取りがとても自然です。家族はそれぞれのやり方で他の家族を思っている、というところもいやらしい描き方をしておらず、かえってそれが涙を誘いちょっと困りました(家じゃないので・・)。

オリーヴはどうみても美少女コンテストに出るタイプの女の子ではない(ぽっこりしたお腹が妙に印象的)のだけれど、天真爛漫でとても可愛らしいです。逆にコンテストに出場した他の女の子たちがコワすぎです。多少デフォルメもあるとは思うけれど、子供用ミスコンってあんな感じなんだろうな・・ しかしこのコンテストのクライマックスがああなるとは誰が予測できたでしょうか。伏線は思いっきり引かれているのは後になってみればわかるのだけれど、あまりにも意表をつく結末でした。でもそれがとても後味よくまとめられていて、とてもいい気分になる映画です。

キャスティングも非常によいです。これはもともと父役のグレッグ・キニアに期待して行ったのですが、他の家族のほうに目が行ってしまいました。おじいちゃんのアラン・アーキンのぶっとび感、伯父さんのスティーヴ・カレルのちょっと嫌味なインテリ臭さもよいし、お母さんのトニ・コレットのさばさばしたところも好きです。兄ドウェインのポール・ダノ、そしてオリーヴを演じたアビゲイル・ブレスリンちゃんは将来期待大ですね〜。

ところで、この映画を観ていたらむしょうにフライド・チキンが食べたくなりました。あのすごくジャンクな食卓シーンが目に焼き付いてます。
[PR]
by poyance | 2007-02-05 21:09 | 映画


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28