Top
<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
天空の草原のナンサ(ビャンバスレン・ダバー、2005年、ドイツ)
b0062149_23181226.jpgFBNの方に記事をアップしました。そこにも書きましたが、ツォーホルという名前の犬がとてもカワイイです。新たに私的ベスト犬映画に仲間入りしました。

ところで、FBNが移転しました。新しい記事は今後こちらにアップされます。

FRENCH BLOOM NET

もちろんもとのFBNで以前の投稿は見ることができます。ほかにもエントリーを再編集したFRENCH BLOOM NET DATA BASEもありますので、それぞれこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by poyance | 2006-07-31 01:42 | 映画
ワールドカップ雑感
皆様、またまた大変なご無沙汰です。家の事情もあって、ネットに触れる時間が少なくなっています。お越しいただいたり、トラックバックをいただいたりしていたのに、お返事やお礼が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。

ところでこの1カ月は、ワールドカップにどっぷり浸ってました。夜中の試合はもちろんのこと、再放送や録画したものを観直したりして、テレビではサッカーの画面しか観ていなかったように思います。映画もドラマも録るだけ録ってほとんど観てなかったし。時間帯のこともあって、前回大会よりよく試合を観ていたと思います。日本チームは残念な結果だったけれど、クロアチア戦のPKとか、ブラジル戦の1点目とか、中田選手の最後とか、色々記憶に残る場面がありました。

他のチームでは、ファーディナンドがいるイングランドに注目していたのですが、決勝トーナメントで早々と姿を消してしまった(リオ泣いてました・・)ので、後半からはジダンが復活したフランスを(別に仕事柄、っていうわけじゃないけれど)自然と応援していました。ジダンはもちろんのことフランスチームは「いい顔」の人が多いですね〜。ヴィエラなんて徳の高い僧侶みたい。今回活躍したリベリーもすっかりファンになりました。しかし、あの決勝戦は、いまだくすぶっているあの事件や、PK戦での決着などやりきれぬ感大です・・・

さて、今回相当数の試合を観戦し、選手名鑑もたびたびチェックしてると、やっぱり「顔」が気になる人が出てきました。前回も好きな選手を選んで、友達にこっそり言ったりしてたんですが、今回はなぜか家人もはりきって選んでいたので、恐れ多くもこの場で発表させて頂きます。「男前イレブン」というと語弊があるかもしれない(ハンサムの基準は人それぞれですから)ので「好きな顔イレブン」とでもしておきましょうか。

b0062149_2312849.jpg


上段左から
監督
*ホセ・ペケルマン(アルゼンチン)
 紳士服のモデルかと思えるほど、スーツ姿がキマってて渋い。
GK 
*オレクサンドル・ショフコフスキー(ウクライナ)
 木陰で読書でもしてそうなその風貌は、おそらく文化系女子にもポイント高し。
DF 
*リオ・ファーディナンド(イングランド)
 ノーブルな顔立ちと均整のとれたスタイル。4年越しのファンです。
*トニー・ポポビッチ(オーストラリア)
 日本にも滞在経験のある、フレンドリーな感じのオージーお兄さん。
MF
*ジェンナロ・ガットゥーゾ(イタリア)
 おとなしくしてたらカッコいいのに・・「闘(狂?)犬」という愛称は言い得て妙。
*プレドラグ・ジョルジェビッチ(セルビア・モンテネグロ)
 光り輝く頭と端正な顔立ちが妙に忘れられない。

下段左から
*フェゲイレド(アンゴラ)
 唯一、動く姿を見られず写真のみで選出(上の写真は今ひとつだけれど)。試合観たかった・・
*フェリドーン・ザンディ(イラン)
 男臭い雰囲気が漂うチームのなかで、一人異彩を放つ。ドイツ人とのハーフだそう。
*ジネディーヌ・ジダン(フランス)
 年をとり、髪が薄くなるにつれ、カッコよさが増したジダン。だけどあの去り方はないよ〜。
FW
*アルテム・ミレフスキー(ウクライナ)
 女の子みたいなきれいな顔立ちとは裏腹に、スイスとのPK戦での肝のすわり様がスゴイ。4年後期待大。
*ディディエ・ドログバ(コートジボワール)
 刺すようなあの鋭い目で射すくめられるのは、敵だけではない。
*ロケ・サンタクルス(パラグアイ)
 イングランド戦で目を奪われる。ガエル君と映画に出ててもおかしくないくらいのルックス。この写真より実物は数段美しいです。

フォワードが3人もいるチームになってしまいました。他にも候補はたくさんいたのですが、現時点ではこの11人。
さて、家人が選んだイレブンは以下の通り。テーマは「男が選ぶ男前:マダムキラー篇」だそうですが・・・

b0062149_23151125.jpg


上段左から
監督 レオ・ベーンハッカー(トリニダード・トバゴ)
GK アリ・ブムニジェル(チュニジア)
DF  ラファエル・マルケス(メキシコ)
   ロベルト・アジャラ(アルゼンチン)
   リオ・ファーディナンド(イングランド)
MF カルロス・パレデス(パラグアイ)

下段左から
MF フェゲイレド(アンゴラ)
  ビカシュ・ドラソー(フランス)
  フィリップ・コクー(オランダ)
FW ラウール・ゴンザレス(スペイン)
   ルイス・フィーゴ(ポルトガル)
   ルート・ファン・ニステルローイ(オランダ)

私と重なっている人もいるけれど、カラーが全然違いますね。相当濃いーいチームです。
[PR]
by poyance | 2006-07-16 23:25 | 日々の記録


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧