Top
<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
読書記録
だいぶ前から書いていないので、読んだ順もあやふやですが、いちおう書名だけでも記しておきます。今回から出版社もできるだけ書くようにします。


b0062149_23131455.jpg前回、アゴタ・クリストフの C'est égal (Seuil) のことを書くのを忘れていました。ほとんどが数ページで成り立つ短編集で、読みやすいフランス語で書かれているので、学習教材としても使えそうです。ただし話はどれもブラックな展開なので、決して後味のよい作品とはいえないですが。彼女の作品はいつも面白いので、以前仕事に使った Hier という小説も全部読みたいなあと思っています。





b0062149_2314378.jpgまたもや古本探しの達人 I 先生が見つけてくださったヘンリー・ジェイムズの『嘘つき』(福武文庫)を嬉々として読みました。短編3本のどれも味わい深くてよかったですが、特に「五十男の日記」の真相のわからぬままのどんでん返しが好きです。H・ジェイムズものは後に『ヘンリー・ジェイムズ短編集』(渓水社)も読みました。こちらは初期の短編3本を集めたもの。「デイジー・ミラー」の進化型とでも言うべき「パンドラ」がよいです。でもここでのキーワード「新しいタイプのアメリカ女性」って結局どんな人なんだろう。



この後おそらく『女獣心理』(野溝七生子、講談社文芸文庫)を読みました。往年の少女漫画に通ずるきらびやかな世界観とドラマチックな筋書き。陶酔して書いている感が強いので、少々疲れるところもあります。同じタイプのように見えても、森茉莉みたいに、どこか外側から眺めてそんな自分を笑っている部分がある人のほうがやっぱり面白い。


急に読みたくなって漱石の『坊ちゃん』『三四郎』『それから』(すべて新潮文庫)を連続読み。『坊ちゃん』はもちろん痛快。『三四郎』の、これといった筋がなくまったりと進む物語と、時折からむ幻想的な場面がよかった。『それから』は森田芳光の映画の配役で読み進めてました。


b0062149_23142345.jpgその後またイギリスものへ。今度はカズオ・イシグロの『わたしたちが孤児だったころ』(ハヤカワepi文庫)です。前半はモディアノの『暗いブティック通り』みたいで、このままあいまい路線で行くのかと思ったら、終わりのほうで推理小説みたいにほとんど謎解きされていました。個人的には『遠い山なみの光』のような、はっきりしない終わり方のほうが好きですが、これはこれで読み物としては面白いです。先日出た新作も思わず買ってしまい、近々読む予定。




b0062149_23144711.jpg最後はヴァージニア・ウルフの『灯台へ』(岩波文庫)。三部構成になっていて、第一部ではある日の夕方から夜にかけての、一家族と周辺の人々の心理が、まるで編み物の毛糸をするするとほどいていくように、めんめんと語り続けられていくのに対して、第二部では、夜の描写の間に十年間がすっ飛ぶ。そしてその十年後が第三部という時間の流れがすごい。キャサリン・マンスフィールドにライバル心を燃やしていたそうだけれど、描写の繊細さ、という点ではマンスフィールドが、小説構成ではウルフが面白いでしょうか。一気にはなかなか読めないけれど、別の作品も読みたいなと思いました。
[PR]
by poyance | 2006-04-29 20:58 |
近況とナナメ見映画
皆様、お久しぶりです。1ヶ月ほど投稿をさぼってしまいました。3月中旬からついに教習所通いが始まり、春休みの混雑のため、まったく実技予約がとれないまま4月になだれこんでしまった(学習能力の問題もあるため、免許取得のめどは全く不明)ことと、本業が始まりまだ体がそれに慣れないこと、ほかにも仕事を頼まれたこと、おまけに空き時間はついつい FFXII なんてえモノにも手を出してしまうこと、が合い重なって文字を書く気力がなくなってしまったのでした。 FBN に隔週で投稿するのがやっと、という感じです。
ところでこの FFXII は、RPG好きはともかく、今回は声優が海外ドラマにおなじみの人たちがずらりと揃っていて、そういう意味でもなかなか楽しめます。「ER」のカーター先生、そしてロス先生すなわち「24」のジャック・バウアーなどが次々登場で、音だけ聞いていると不思議な感覚におそわれます。主要キャラの半数は年齢も高い設定だし、相変わらずヘンなコスチュームと怪物群(そしてその世界観)なのが気になりますが、今のところ退屈するということはありません。

b0062149_2234780.jpgそんなこんなで、映画はほとんど観る余裕がありません。ただAV環境だけは刻々と向上しており、ついにハイビジョン化されてしまいました。たしかに映像は一枚ヴェールがはがれたように鮮明ですが、一方で、やたら人物の顔のシワやシミ、毛穴すらまでくっきりして時々おそろしくなるのと、背景がかなりはっきり見えるようになって遠近感がおかしくなる、ということがあります。相撲中継など、バックに人の顔がズラリと並んでいるときなどは脅威的です。
それでHV放送されているものを片っ端から録画していったりしているんですが、なかなか一本全部観るところまでいきません。メタル系の映り具合をチェックしようと「アイ・ロボット」(アレックス・プロヤス、2004年、アメリカ)の吹替版をとりあえず鑑賞。観てからだいぶん経つ、ということもあるのですが、ロボットが何千体も並んでいる中を追っかけ合う有名なシーンはさすがにほほうと思ったけれど、あとはウィル・スミスの体がえらく鍛えられてるな〜くらいしか覚えていない・・ ロボットのつるりんとした顔もちょっとダメでした。
b0062149_22315012.jpgそして、もう1本観たのはレンタルDVDで鑑賞した「Mr.&Mrs.スミス」(ダグ・リーマン、2005年、アメリカ)。今データ検索していて気がついたのですが、これはもしやヒッチコックの作品の過剰版リメイクだったのでしょうか。ハードな内容とブラピとアンジェリーナという見るからに当たりそうなカップリングなのに、なぜこうも眠くなる? 3回に分けて観て、3回とも眠り込んでしまいました。これではもはや「観た」とは言えない映画かもしれない。「ボーン・アイデンティティー」はすごく面白かったのに・・

ということで、今やもっぱら観ているのは海外ドラマばかり。デジタル・ハイビジョン版で「LOST」がまた始まり、我が家では週に3回(字幕、吹替、ハイビジョン)もこのドラマを観ている・・ もうすぐAXN では第1シーズンが終わりですが、夏にはもう第2シーズンが始まるそうで、嬉しいことです。今月からは「ER」も始まったし(相変わらず重苦しい展開)、とある筋から入手したとある有名作品、なども観ているし、もうすぐ「エイリアス」も始まるし、ドラマだけでもクリアするのが困難な状況です。日本のものでは待望の「富豪刑事」が始まってこちらも嬉々として観ていますが、今回はゴージャス度があまりにも突拍子なさすぎて、逆効果かもしれません。「5億円ぽっち・・」って言っているくらいが、わかりやすくてよかったのかも。とにかく全員同じキャスティングがお見事で、それだけでも楽しいので、このまま観ていく予定です。
[PR]
by poyance | 2006-04-25 20:06 | 映画


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30