Top
<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
トリノオリンピック雑感
やっぱりオリンピックが終わるまで映画関係のエントリーはできませんでした。テレビでやっているとどうしても観てしまうオリンピック。日本チームは残念ながら不振が目立ちましたが、あまりそういうことは気にならずに色々な競技を楽しめました。今回面白かったのは、スピードスケートのパシュートと10000メートルといった長距離種目です。パシュートは頭脳戦であり団体戦である、ということでこれまでにないスピードスケートの面白さがありました。長距離ものは、ラップごとにスリルが味わえて思わず見入ってしまいました。
もちろん人気沸騰のカーリングも観てましたが、こちらは解説の小林さんのカーリング愛に胸を打たれ、日本チームがカナダに勝ったときなどは、彼女たちの健闘よりも、「イエス!イエス!」と感極まる小林さんに涙が出ちゃいました。解説、という点ではアルペン競技の木村さんも好きでした。家人はモーグルの三浦さんの説明がわかりやすかったとのこと。


b0062149_1844868.jpgでも最も熱が入ったのはやっぱりフィギュアスケートです。フィギュア男子についてはFRENCH BLOOM NETでさんざん書いたので、ここでは長々書きませんが、今回は美男揃いでヴィジュアル的にも楽しかったです。カナダのジェフリー・バトル君は、ヘアカット100(20年以上も前のネタでスミマセン・・)のメンバーですか?ってくらいキュートな人でしたね〜。それからオーストリア代表の彼にはぜひ、エキシビションでいつか「ジギー・スターダスト」を演じてもらいたいです。しかしながら、今回最も印象的だった選手はロシアのイリヤ・クリムキンさんです。このショートプログラムの衣装が脳裏から離れません。頭も寂しいけれど、でもでも顔は薄味のトム・ハンクスみたいで可愛らしいのでした。名前もお菓子みたいだしね。



b0062149_19119100.jpg女子は当初男子ほど熱を入れてなかったのに、上位三人が団子状態になって俄然面白くなりましたね〜。ミスをすれば負け、という緊迫したフリーを制した荒川選手は本当にすばらしかったです。女性的で、柔らかく浮遊感漂う美しいスケーティングは他の選手には見られなかったように思います。個人的には、ショートプログラム最後のキメ顔と、背中のカッと開いた練習着姿のカッコよさが好きです。
女子選手で他に記憶に残った人は、まずグルジアの女の子(名前が難しい・・)。ショートプログラムの元気のいい演技がとても可愛かったです。16歳ということだし、バンクーバーに期待です。それからアメリカのエミリー・ヒューズさん(写真)が、スポ根映画の主役みたいで楽しかった。ジャンプを飛ぶごとに(成功しても失敗しても)「イエーッ!」って感じになるのがすごくツボにはまりました。今回女子選手は「〜に似てる」って人がすごく多かったような。なかでもカナダのジョアニー・ロシェットさんはカルーセル麻紀さんに見えて仕方なかったです。


b0062149_18565453.jpg最後にフィギュア競技を観ていていつも思うのだけれど、選手の衣装って独特ですよね〜。あれって専門のデザイナーがいるんだろうか。安藤美姫ちゃんのは今回ワダエミらしいが、ケイタとかイッセイとかヨウジとかに依頼する、って発想はないのでしょうか。いつもウムム・・と感じながら観てます。そのなかで、今回いちばん可愛いなと思ったのは、サーシャ・コーエンさん(彼女はリース・ウィザースプーンに似ている)のショートプログラムのときの衣装でした。青い色が白い肌に映えて素敵でした。
[PR]
by poyance | 2006-02-27 19:12 | 日々の記録
海外ドラマ三昧
1月はスカパーのTBSチャンネルでやっていた向田邦子ドラマ14本一挙放送を観ていました。2本ほど録画し損ねたのが残念ですが、満喫しました。小津安二郎ばりにほとんど同じ出演者で、元ネタ作品も重なっているのに、それぞれ違う味の話になっています。以前観たものもあって、懐かしい気分にもなりました。金子成人脚本ものがいちばん落ち着いていて好きですが、最後の筒井ともみ脚本のもよかったです。この作品だけ
登場の宮沢りえちゃんもいいし。町田康まで出てる(彼は声がいいですね)のも見逃せない。
只今はトリノオリンピックばかり観ているので映画鑑賞する暇もないですが、連続ドラマは毎週あるのでこれらは合間に何とか観ています。日本のものは今シーズンもコレというのがあまりないですね。唯一「神はサイコロを振らない」を観ているくらいでしょうか。これは同じ局で以前放送された「すいか」の路線に似ていて、派手ではないけれどもじんわりとした面白さがあります。


b0062149_13453642.jpgそれで、専ら観ているのはやはりアメリカもの。「LOST」(スカパー、AXN)は回を追うごとに謎が深まり、最後にどう収拾がつくのかさっぱり予想できません。伏線を張りすぎてつじつまが合わなくなるんじゃないかと不安。アメリカでは人気が出ると、いくらでもシーズンを延長して放送が続いていくのでそれは大いにあり得ることなのです。とはいえ今は物語が予測不可能でも、登場人物の背景が少しずつ明らかになってきたこともあり、彼らそれぞれの個性がとても面白くじゅうぶん楽しんでいます。なかでもサイードがセクシーすぎる・・この目が、このガタイが・・吹替えでの1人称が「私」になっている(字幕版では「俺」なのに)のもツボです。




b0062149_13563918.jpg「シックス・フィート・アンダー」(スカパー、スーパーチャンネル)も第2シーズンの放送が始まりました。フィッシャー家の人々は相変わらず変テコで、なかでも今シーズンはお母さんが暴走しています。彼女のすごく野暮ったいお洒落にも、吹替えの素っ頓狂な声にもはまってきました。周囲も一癖も二癖もある人たちばっかりで、皆の妄想シーンにも拍車がかかってます。でも彼らはみんな、「死」や「他人とのコミュニケーション」といった問題を何かしら抱えていて、観ていて最後はホロリとなることが多いのです。今まで味わったことのないテイストの不思議なドラマですね。
さて、今回はフィッシャー家およびフェデリコの全体写真を大きめに載せてみました。左から母ルース、長女クレア、長男ネイト、次男デイヴィッド、フェデリコです。私の友人の方なら、右端にいるフェデリコが誰に似ているのかわかってもらえると思います・・

b0062149_1420877.jpg民放で深夜に流れている海外ドラマのなかでは「トゥルー・コーリング」(関西では朝日放送)が面白いでしょうか。死体安置所に勤めるトゥルーという女の子が、突然死体から助けを求められ、1日逆戻りして事件を解決する、というもの。パターン化するとマンネリになりそうですが、まだ第1シーズン始めなので楽しめています。トゥルーがもつ不思議な能力が、どうも幼い頃母親を亡くした、という過去と関係があるようで、こちらのストーリーの発展にも期待。
ただし、主人公のトゥルーをはじめ、登場人物にあまり魅力が感じられません。唯一、死体安置所の同僚デイヴィス(写真右端)の安心感を覚える人柄が救い。後半になるとジェイソン・プリーストリー(「ビバリーヒルズ青春白書」のブランドン)が登場するそうなので、久々に見る彼が楽しみではありますが。
[PR]
by poyance | 2006-02-16 14:26 | ドラマ
ふたりの男とひとりの女(ボビー/ピーター・ファレリー、2000年、アメリカ)
b0062149_1243223.jpgまたまたファレリー兄弟ものをレンタルDVDで鑑賞。善良な警官チャーリー(ジム・キャリー)は、最愛の妻に浮気され、挙げ句の果て捨てられてしまいます。家では残された3人の子供(それも妻と浮気相手との間の)を愛するよき父親ですが、町では皆の笑い者になっており、我慢を重ねてきた彼もついにそれに耐えきれなくなり、ある日ハンクという感情むき出しの別の人格に変わってしまう・・というもの。
この作品を観ると、最近の作品はやっぱり「丸くなっている」ことを実感します。まず下ネタ(一部グロいのもあり)が多いし、動物虐待シーンもある(一応フォローされてますが)し、拒否反応を示す人も少なくないでしょう。身体障害や肌の色に対する扱いもきわどいですが、裏を返せば「人は見かけによらない」という彼らの信条が最も徹底している作品かもしれません。「やたらスラングでマシンガントークを繰り広げる、IQの高い黒人3兄弟」(彼らが出てくるシーン最高!)だの、「家族全員を惨殺した過去を持ち、少年刑務所から出てきたばかり(かもしれない)アルビノの気弱そうな青年」だの、誰がこんなキャラを考えつくかなあ。
中盤からはジム・キャリーが本領発揮、という感じで、ああ彼はこういう芸で売っていたのだなあと再認識。2人格を演じているシーンがクドイといえばクドイですが、周りに強烈な人たちが多いので、そう気にもなりません。逆に悪役のクリス・クーパーがとっても地味・・。相手役のレニー・ゼルウィガーは、顔も違って見えるほどまだまだアカ抜けていませんが、相変わらず声は可愛らしいです。
[PR]
by poyance | 2006-02-09 13:34 | 映画
CFC再開!
都合によりしばらく休止していた CYBER FRENCH CAFE が、装い新たにFRENCH BLOOM NET として再出発しました。
フランスに関する投稿を日替わりでお届けするブログで、私も参加させてもらっています。興味のある方はぜひご覧ください!!

FRENCH BLOOM NET
[PR]
by poyance | 2006-02-07 01:39 | 日々の記録
恍惚(アンヌ・フォンテーヌ、2003年、フランス)
b0062149_12373640.jpgレンタルDVDで鑑賞。夫ベルナールの浮気を知ったカトリーヌ(ファニー・アルダン)は、いかがわしい店で出会った娼婦マルレーヌ(エマニュエル・ベアール)に依頼し、ナタリーという素人女として夫を誘惑し、その情事を逐一報告させる・・という物語。エロティックな内容ですが、映像での性描写はほとんどなく(思わせぶりなタイトルですが、そういうのを期待して観た人は裏切られます。題名はオリジナルどおり「ナタリー・・」でいいのに・・)で、ナタリーとベルナールの過激な行為はすべてマルレーヌの口から語られる、という形をとっており、それが物語の結末をすでに予告しています。
マルレーヌがあまりにもあけすけに事を語るので、カトリーヌは絶えきれずに彼女と会うのをやめるのですが、しばらくするとまた会ってしまう・・それは夫の意外な一面を知るため、だけでなくマルレーヌ自身にも会いたいから、のようにも見えます。マルレーヌも自分からカトリーヌの仕事場まで押しかけ、彼女をある意味「喜ばせる」ためにすすんでナタリー役を演じているようです。この二人に生まれる友情とも恋愛ともいえない奇妙な関係が、観ていてとても興味深かったです。
ファニー・アルダンは本当にほれぼれするほどカッコイイ。額にくっきりと何本もシワが刻まれたお顔が神々しくって。「8人の女たち」を観たときもそう思ったんですが、赤い色が大変お似合いです。エマニュエル・ベアールは役柄のこともあって今回かなりヘビーなメイクで、そのせいもあってかちょっと疲れた感じに見えます。それにかなり痩せたのかな? とてもか細く見えて、時折ハッとするような危うさが魅力的です。夫役のジェラール・ドバルデューはこの二人のせいで、影が薄い・・こんな目立たない役も珍しいですね。
[PR]
by poyance | 2006-02-06 13:07 | 映画
ターミナル(スティーヴン・スピルバーグ、2004年、アメリカ)
b0062149_23133036.jpgレンタルDVDで鑑賞。母国を飛び立った日にクーデタが起きたため、合衆国に入国できず、空港で処置を待つビクター(トム・ハンクス)。管理局にも持て余され、ろくな食事もできなかった彼が、空港内で働く人々と次第にうちとけながら、時折会うスチュワーデス(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)にも恋心を抱き・・というストーリー。
まずはこの空港がすべてセットだという事実に驚かされます。「忠実に再現した」と簡単に言うけどここまで徹底しているとはさすがハリウッドはやることが違うよ・・。そのすばらしいセットに芸達者のトム・ハンクス主演なので、アヴェレージは軽くクリアしているんですが、それ以上かということになるとちょっと微妙ですね。でもリラックスして観るにはいい映画です。ビクターとキャサリンの恋物語の結末もほろ苦いけれど、いい終わり方だと思いました。
トム・ハンクスは今回東欧?系の外国人役ですが、演技はうまいけれどどうしてもトム・ハンクスに見えてしまいますね。俳優陣では、エンリケ役のディエゴ・ルナがキュートです。何でも彼はガエル・ガルシア・ベルナル君の親友だとか。スッチー姿のキャサリンも、いつもより抑え気味のお色気でしたが、とても素敵でした。
ところで、この映画を観ているととてもお腹がすきます。関西にはバーガーキングがないので、あの大きなハンバーガーは遠い夢ですね・・
[PR]
by poyance | 2006-02-06 02:26 | 映画
お父さんのバックドロップ(李闘士男、2004年、日本)
b0062149_2305838.jpgWowowで録画したものを鑑賞。故中島らも氏が子供向けに書いた小説の映画化です。お父さん(宇梶剛士)はプロレスラーで、一雄君はそれがイヤで仕方がないのに、お父さんは悪役レスラーになってしまいます。おまけに隠し通してきたその事実がクラスメートにばれてしまい・・という物語。まずタイトルがいいですね。「おやじの」「父の」「父ちゃんの」ではなく、「お父さんの」というのが、とてもソフトで優しくて。その子供である一雄役が神木隆之介君で、東京から来た上品な男の子(服装にそれが如実に現れている)のイメージがぴったりです。
物語はもう、何のヒネリもない至極ストレートな成り行きで、一雄君も一生懸命なお父さんの姿にあっという間に感動してしまってます。もう少し葛藤があってもいいんでは、と思ったけれど、80年代の小学生はまだまだひねくれていなくて、素直で純粋だったんだと考えることもできますね。その直球型のストーリーに全体にこれでもか、というくらいコテコテなフレーバーがふりかけてあって、世間の人がもつ「大阪」のイメージを見事に裏切らない作りにもなってます(私はこの舞台になってる場所からそう遠くないところに住んでますが、一雄君のアパートの人たちみたいな話し方の大阪人にはまだお目にかかったことがないです・・)。
一方で、お父さんが金髪にしたときの一雄君の反応だとか、一雄君の隠し持っていたビデオテープの中身をお父さんが知ったときの様子だとか、もう少し補足してもよいのではと思える部分も結構ありました。ベタな雰囲気のわりには編集があっさりしすぎで、その辺りが感動を薄くしているようにも感じられます。
俳優は宇梶さんの体を張って演技している姿が好感が持てました。あとは何と言っても子役たちで、神木君のほかにも、一雄君の親友の哲夫君を演じた田中優貴君もとてもよかったです。大人びた子供だけどスレてない、っていう雰囲気をうまく出していました。
[PR]
by poyance | 2006-02-02 23:29 | 映画
12人の優しい日本人(三谷幸喜、2006年、大阪シアター・ドラマシティ)
b0062149_16435161.jpg続けて、Wowowで生放送された三谷さんのお芝居を鑑賞(結局録画して観ましたが・・)。何度もキャストを変えて舞台や映画で演じられている代表作ですが、今回が初見です。愛知万博や琴欧州のような時事ネタが盛り込まれていたけれど、本質的にはあまり変わってないのかな? 夫殺しの疑いをかけられた被告を、一般人から選ばれた12人の陪審員たちが、当初全員一致で無罪と判断してそのまま審議を終わろうとしたものの、そのうちの1人が突然有罪を主張し出して・・というもの。
結局真相は誰にもわからない、そして一つの事柄はとらえようによって全く逆の解釈ができる、そして結局のところ彼らの下した判断が本当に正しいのかどうかもわからない・・被告や証人のいない場所で無関係の人たちがあれこれ検討する陪審員制度のいい点も悪い点も活かされた推理劇でした。この制度の導入が決まるよりもずいぶん前に書かれ、おそらくアメリカ映画の「十二人の怒れる男」をふまえた作品なので、日本で実現されたら全然違うでしょうが、あそこまで極端でないにしても似たような状況は多々起こるんじゃないかなあと感じてしまいます。
今回のキャストも楽しかったですね。劇団出身者や三谷さんの作品にもすでに出ている人が多かったので、安心して観られました。鈴木砂羽さんはとてもきれいですね〜。はじけたキャラも可愛かった。男優陣では温水さんがちょっとドタバタしすぎかな、と思ったけれど、キャラ設定が「うざい人」なのでそうならざるを得ないですし・・。小日向さんや堀部さん(塗り固められた髪とストライプのスーツが似合う)のうさんくささもそれぞれ違っていて面白かったです。江口さんは、最初「なぜこの役が彼?」と思ったんですが、中盤からメキメキと本領が発揮されていきました。初舞台とは思えなかったです。
しかし、今回のベストキャストは何と言っても筒井道隆君。舞台慣れした人たちの中で、彼はいつもながらの「素」な感じの演技で異色といえば異色なのに、なぜこんなにはまるのでしょう。「ジンジャーエール!」最高です。
[PR]
by poyance | 2006-02-01 17:31 | 映画
ラヂオの時間(三谷幸喜、1997年、日本)
b0062149_12201972.jpg巷では「有頂天ホテル」が公開中だというのに、我が家では三谷さんの監督デビュー作を初見。ビデオで録画したままだったのが、またスカパーで放映されたので、ハードディスクに録って鑑賞です。
素人の書いたラジオドラマを生放送で演ずるにあたり、脚本家、制作者、声優、そのマネージャーが繰り広げるドタバタ劇。声優がゴネて設定や筋がオリジナルからどんどん離れていきます。脚本家が「ここだけは譲れない」という部分も容赦なく手が入れられそうになりますが、最後の最後で死守される、という点に、三谷さんの脚本家としてのプライドが感じられなくもないです。これが本当に放送されたとしたら聞いてる側は内容がわかるのか(途中でえんえんCM流れてるし)、という素朴な疑問も残るけれど、大いに笑わせてもらいました。特に「ハインリッヒ!」。
最初にキャストありき、だそうなので、三谷さんの作品で配役がおかしいと感じることはまずありません。今回もみんな役柄にぴったりでした。布施明なんて、この当時まだ俳優業はそれほどしてなかったんじゃないかなあ(若い頃はそれなりにしてたみたいだけれど)。でもまさに彼は「こういう人いそうだよね」と思わせるので、それは三谷さんの人を見る目によるものなのでしょう。渡辺謙の使い方も好きです。それから三谷さんが使う女優さんは、鈴木京香をのぞくとわりと苦手な人が多いのですが、作品中では不思議と気にならないのもその理由からでしょう。
[PR]
by poyance | 2006-02-01 12:44 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧