Top
<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
読書記録
まず2005年度のベストテンについては、最近のものをほとんど読んでいないので、割愛することにしました。ただ昨年読んでいちばん面白く感じた作品を上げるとすれば、クリスチャン・オステールの "L'Imprévu" だったでしょうか。邦訳されるのを期待しています。

b0062149_2381070.jpg年末年始は創元推理文庫から出ている『日本怪奇小説傑作集』シリーズ( 紀田順一郎・東雅夫/編)を読んでいました。全3巻もので、最初は1巻だけ読もうと思っていたら、選者のセンスが自分の好みと非常に合っていたので、全部読むことにしました。全巻表紙が田中恭吉の作品というのも乙です。明治から年代順に作品が集められており、明治〜大正時代の作家に興味のある自分には、やはり年代の古い第1巻がいちばん面白かったです。こういうアンソロジーは、普段絶対読まないような作家や苦手で敬遠している作家の作品に触れる機会が得られるのですが、今回も新発見が多々ありました。
第1巻の大佛次郎の「銀簪」なんて、ラストはゾクッと来ましたねえ。谷崎潤一郎の「人面疽」や川端康成の「慰霊歌」(本当はどちらも苦手な作家)、江戸川乱歩の「鏡地獄」はどれも発想が突拍子もなくて驚かされました。村山槐多の「悪魔の舌」や夢野久作の「難船小僧」(文体が粋)も強烈だし、何よりも特異な文体に圧倒されるのが泉鏡花。一度腰を据えてじっくり読みたいものです。第1巻はその他の作品も傑作ぞろいです。
年代が新しくなってくるにつれ、オーソドックスな「ホラー」っぽい話が多くなってくるところも意外でした。第2巻では久生十蘭の「妖翳記」と三島由紀夫の「復讐」がおすすめ。第3巻ではもともと好きな作家である吉行淳之介の「出口」と稲垣足穂の「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」がよかったです。タルホのこの作品はほとんど全編カタカナなので、作品集でも今まで飛ばしていたのですが、今回初めて読んで、そのシュールさにびっくりです。物の怪の意味不明な攻め方(巨大なすりこぎとすり鉢が目の前に出現するとか)がすごい。主人公がそれに全く動じないのもカッコイイ。誰か映像化してくれないかな〜。

b0062149_375115.jpgここで、その粋な文体に興味を持ったので、久生十蘭の作品を読んでみようと、講談社文芸文庫の作品集を読んでみました。博識を持ち、色々な題材を扱いこなす大変器用な人だと思いました。一方で色んなイメージに取り囲まれて、つかみどころのない作家にも見えます。この作品集では「ハムレット」が面白かったですね。名前のごとく「玉取物語」もすごい話ですが。
[PR]
by poyance | 2006-01-23 03:19 |
ハウルの動く城(宮崎駿、2004年、日本)
b0062149_22565272.jpgレンタルDVDで鑑賞。帽子屋のソフィーは、悪名高い魔法使いのハウルと関わったために、荒れ地の魔女によって老婆に変えられてしまう・・というもの。
前情報をあまり持ち合わせずに観ましたが、今回はよく見ていないとストーリーがつかみにくいところもあり、最後も淡白だったので、もう少し話を膨らませてもよいかなあと思いました。まあ結局はラブなのね(ハウルとソフィーよりもカブの話のほうが泣かせる)、ということなんだろうけれども、ソフィーの魔法がなぜ次第にとけていったのか、などわかりづらいといえば、わかりづらい(だんだん若くなるソフィーを見ても、皆そのことを指摘しないし)。とはいえ、今回はあまり説教臭い感じはせず、純粋に娯楽ものとして楽しめるようになっています。
話題の声優陣ですが、木村拓哉のハウルは思ったより全然よかったです。いつもの口調はかなり鳴りを潜めているので、名前を知らされなかったらあまり気づかないんじゃないかなあ。倍賞千恵子が18歳の娘の声、というのも不安があったけれど、違和感は覚えませんでした。逆にキャピキャピした若い声だとおかしかったかも。
アメリカ版キャスティングを見ると、カルシファーの声はビリー・クリスタルだそうで、英語版も観てみたいですね。
[PR]
by poyance | 2006-01-21 23:23 | 映画
ハッピー・フライト(ブルーノ・バレット、2003年、アメリカ)
b0062149_18111442.jpgWowowで録画していたものを鑑賞。田舎の生活に嫌気がさしていたドナ(グウィネス・パルトロウ)が、偶然見たテレビがきっかけで一流スチュワーデスへの道を歩み始める、まさにグウィネス版「スチュワーデス物語」です。
とはいうものの、ドナは「ドジでのろまなカメ」(そのフレーズが字幕にも出てきたのだけど、実際どんなセリフなんだろう)どころか、最初からモチベーションの高い優秀な実習生なので、訓練での挫折などはほとんどありません。ドナが二度目に入社したロイヤルティではちゃんとした講習があるものの、最初に入った弱小航空会社は、飛行機に乗ったこともない彼女をいきなり実地訓練させていて、映画の中だけじゃなくアメリカじゃ実際あり得ることなのだろうか、などとあの往年のテレビドラマが頭に焼き付いている者としては、どうしても比較しながら見てしまいました。でも物語自体はドナの前向きな姿勢が爽快で楽しく、小品という感はあるけれども疲れたときなどに観るにはいい感じです。最後に流れる「ロイヤルティのテーマソング」(We are familyという曲の替え歌)も楽しい。
私は「愛しのローズマリー」のグウィネスが好きなんですが、このドナ役も彼女に合っていたと思います。ロイヤルティの制服が可愛くて、お似合いでした。またドナが憧れる伝説のスチュワーデス役のキャンディス・バーゲンが素敵でした。それからロイヤルティの教官役でマイク・マイヤーズが「怪演」していますが、この映画がおバカなラブコメってわけではないので、彼の登場シーンは多少浮いて見えます(笑えるけどね)。グウィネスの恋人役にマーク・ラファロが登場してますが、誰かわかるまで時間がかかった・・こんなにアクのない役も珍しいですね。
[PR]
by poyance | 2006-01-18 18:39 | 映画
テイキング・ライブス(D.J.カルーソー、2004年、アメリカ)
b0062149_14484984.jpgWowowでハードディスクに録画していたものを鑑賞。FBIの優秀なプロファイラー、イリアナ(アンジェリーナ・ジョリー)が、カナダで起こった連続殺人を現地警察と協力して捜査するうちに、事件の目撃者コスタ(イーサン・ホーク)に好意を抱いてしまうが、コスタもまた犯人に狙われ・・というもの。
最後のどんでん返しは、何となく予想はついていたものの、退屈することはなかったです。イリアナが細部に目を走らせている場面の映像などは、緊迫感があるし、物語のメリハリもはっきりしていて、この手の映画ではなかなか面白く観られました。ただイリアナは「優秀」ということになってるけど、思いっきり最初からミスをおかしていることになるし、ツッコミどころは色々あります。またあれだけ長い間連続殺人を繰り返していた犯人の心理の複雑さも、もう少し表現されてもよかったのでは。
その辺の不満はキャスティングの魅力で補われている、とでも言いましょうか。配役はわりといい感じで、クールな部分と情熱的な部分を併せ持つイリアナの性格はアンジェリーナにぴったりでした。イーサン・ホークも最近の枯れ方(離婚してから特に)は、コスタという役柄に合っていましたし。ジーナ・ローランズまで出るなんて、贅沢な俳優の使い方だなあ。
特に、カナダ警察チームのチェッキー・カリョ(また刑事だよ)、ジャン=ユーグ・アングラード、オリヴィエ・マルティネスのフランス3人組がかなりツボでした。オリヴィエさんは前に観た「運命の女」ではあまり好きではなかったんですが、板さんカットで喧嘩っ早い今回のバーケット役はよかったです。ジャン=ユーグ様は久々にスクリーンで最近のお姿を拝見しましたが、年を取ってもやっぱりこの人の風貌好きだわ〜。3人組の中ではいちばん目立たぬ扱いだったけれども、常に目は彼を追ってました。
問題は「24」のあの人です。あの人はメチャメチャ思わせぶりな感じで登場されるのですが、果たしてこの人の存在意義はあったのでしょうか・・逆に「何かある」と思わせるためだけの配役だったの??
[PR]
by poyance | 2006-01-18 15:26 | 映画
宇宙戦争(スティーヴン・スピルバーグ、2005年、アメリカ)
b0062149_2363074.jpgレンタルDVDを鑑賞。古典的なSF小説が原作であり、1953年の映画のリメイクでもある、ということもあるのでしょうか、ナレーションによるオープニング(エンディングも)や、映像の多少荒く、褪せたようなトーンがクラシック感を強調しています。結末も思いも寄らぬ形であっと言う間にやってきて、すごい大作なのかと思いきや、実際は2時間以内におさまっているのでした。
タイトルから察するに原作やオリジナル映画では宇宙人との対決がメイン・ストーリーなのかもしれませんが、この作品では、宇宙人による侵略という異常事態に直面した、人間たちの行動のほうに力点が置かれているので、戦闘シーンを期待していた人には拍子抜けかもしれません(だって、戦うどころか、やられっぱなしだし)。でも私にはそれが面白かった。古いSF小説が元ネタなので、そのまんまに宇宙人とかやたら出したり、CG駆使して派手にドンチャンやったら、かえってB級感が強くなってしまったことでしょう。得体の知れない存在に襲われる状況、というのも怖いけれど(あの蛇のようなセンサーが執拗に人間を探しまくる場面は確かにドキドキした)、たとえばレイたちが乗った車が取り囲まれるシーンのように、パニックに陥った人間たちのなりふり構わぬ有様のほうがよっぽどおそろしく描かれていて、そこがスピルバーグらしいと思いました。
トム・クルーズは今回、自分の子供たちにあまり信頼されていない、頼りない父親(息子の方が遥かに正義感が強い)を演じていて、従来のイメージから脱しようとする意気込みを感じます。見たことのないものを我先に見ようとする、というようなレイの子供っぽい性格の表現を観ていると、案外それが本人の地なのかなあとも思えてきます(最近の彼のおかしな言動がそれに拍車をかけていますね)。ダコタ・ファニングちゃんは、相変わらず演技がうまいですね。ロビー役のジャスティン・チャットウィン君も印象深い顔立ちで、今後が楽しみです。
ところで「大阪では・・」というフレーズが突然出てきて、それが大いに笑えたんですが、妙に納得してしまうこのセリフはスピルバーグ自身が考えたのかなあ? それとも誰か日本人スタッフの入れ知恵?
[PR]
by poyance | 2006-01-18 02:29 | 映画
スパイ・バウンド(フレデリック・シェンデルフェール、2004年、フランス/イタリア/スペイン)
b0062149_22463428.jpg年が明けてもやっぱりハードディスクに映画がたまっているので、そのなかからこの作品を鑑賞。モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル夫婦がフランスの情報機関のスパイを演じています。実話がもとになっているそうで、とある武器商人の船を爆破する任務を遂行した二人が、その後罠にかけられてしまう、というものです。
アメリカのスパイものと違って、話は静かに進み、船の爆破やらカーアクションやらも一応あるものの、えらく淡白な仕上げになっています。そういう雰囲気は嫌いではないけれど、やはりなぜ罠をかけられたのか、黒幕は誰かなど終盤の謎解きがなされるところはもう少しメリハリがあってほしいなあと思いました。最後もスンナリ逃げちゃってるし、あの終わり方は生温すぎるよ〜。
ヴァンサン・カッセルは年を取るにつれてますますいい感じになってるように思います。反対に、モニカさんのほうは、今回お肌のシワが目立って見えてしまいました。スパイ業に疲れている姿を表現したものかもしれませんが、やはり美しいお顔だちの方はそういう部分に目が行ってしまいます・・
[PR]
by poyance | 2006-01-17 23:02 | 映画
2005年度私的ベストテン(音楽編)
OFSが終了してしまったので、このごろは新しい音楽を開拓する機会が減ってしまいましたが、昨年よく聴いた曲ベストテンを考えてみました。


b0062149_1253923.jpg1  Walk You Home (Super Furry Animals)

SFA の新作アルバムは今年のベスト・アルバムでもある。シャイな青年の心のうちが語られるこの切ないラブソングを歌うグリフ・リースは今いちばん好きなヴォーカリストかもしれない。昨年、来日公演に行けなかった(それも心斎橋クラブクアトロ・・)のが唯一悔やまれるグループ。


b0062149_1312532.jpg2  Brighter Than Sunshine (Aqualung)

アクアラングはCMで使われてブレイクしたそうだが、私が彼を認識したのはやっぱりOFS。これはじーんとくるストレートな恋歌。彼のツルリとした風貌も印象的。




b0062149_139010.jpg3  Que Onda Guero (Beck)

さんざん待たされたけれどもそれに見事応えた新作を提供してくれたベック。そのなかでもこの曲がいちばんヘビロテでした。








b0062149_141024.jpg4  I Have Forgiven Jesus (Morrissey)

久々に聴いたモリッシーの声は、前にも増して深みを帯びていた。物騒なタイトルだけれども、内容は痛切。ゲイとしての肉欲を抱える信仰心の厚い青年(モリッシーのコスプレからすると神父?)の苦悩を歌ったもの、と解釈していますが、実際はどうなのでしょう。





b0062149_1454121.jpg5  Watching Xanadu (Mull Historical Society)

いつ聴いてもスカッとする爽やかな曲。PVも可愛くて言う事なし。









b0062149_1491963.jpg6  Seven Days In Sunny June (Jamiroquai)

アコースティックな音が耳に快い秀作。マンネリと言われようとよいものはよいです。









b0062149_1514160.jpg7  不意打ち(ザ・ヤング) 


昨年は邦楽をほとんど聴かないなかで、ベストテンに入ってきたザ・ヤング。クールでセクシーで渋い!のになぜあまりメジャーにならないのか不思議。




b0062149_1543814.jpg8  The Lost You (Hood)

OFSを通して今年始めに知ったグループ。冬枯れの景色が似合うこの曲を今またよく聴いています。




b0062149_2185942.jpg9  The People (The Music) 

"Nowhere"というフレーズが妙に耳に残る曲。若さがほとばしっている感じがたまらぬ。





b0062149_2231555.jpg10 Everybody's Chainging (Keane) 

ポッチャリ体型の青年から流れ出る異常に清純な歌声。PVがとても好き。







ほとんどがOFSから知った曲で、あの番組の偉大さが今しみじみ痛感されます。はやく復活してくれないかなあ。単発でスペシャル番組はやってくれているみたいですが、先日のは見逃してしまったし・・。このままだと今年の音楽状況はまた停滞してしまいそうです。

ちなみに最近のヘビロテは iPod でたまたま見つけた Slits の I heard it through the grapevine。おそらく家人が入れたものです。地鳴りのするような低音と、野性的なアリ・アップのヴォーカル(ビヨークより数段カッコよい)にはまっています。もしカラオケでこの曲があったら(絶対ない)、歌ってみたいです。
今年は早々に、なんと待望の Maximum Joy 他、Pop Group 系アーティストの作品が一挙CD再発されるそうで、ずっと探していた私には嬉しいニュースです。家人は Pop Group のファンで、車で彼らの曲が流れると、必ず音量を上げてうなってます。でもこの人らの曲、一緒に歌えないよ〜!
[PR]
by poyance | 2006-01-14 02:50 | 音楽
2005年度私的ベストテン(映画編)
年が明けると、誰に聞かれたわけでもないのに、やっぱり前の年のベストテンを考えてしまいます。昨年はハードディスクを導入したことで、保存メディアがビデオからDVDへ移行した年でした。ビデオの膨大な本数を教訓に、なるべく鑑賞してからメディアに落とそうとして、残すか消すかのボーダーライン上の作品を中心に観ていたので、DVDで買ったものや、最初からDVDに焼いた「絶対残す映画」は結局後回しになってしまったのが心残りです。前置きはこれぐらいにして、以下が昨年度のベスト10作品です。


b0062149_15514933.jpg1  エレファント(ガス・ヴァン・サント)

セリフやナレーションではなく、映像そのものが語る美しい詩のような作品である一方で、下手なドキュメンタリーよりも遥かにリアルな映画でもある。文句なしの1位。



b0062149_15571076.jpg2  モーターサイクル・ダイアリーズ(ウォルター・サレス)

主人公の2人を演ずる俳優がどちらもすばらしく、ロード・ムービーものとしても秀作。





b0062149_167558.jpg3  スイミング・プール(フランソワ・オゾン)

さまざまな解釈が可能な謎めいた内容と対照的な明るい映像が不思議な感覚を生みだしている。女優2人の演技も見もの。




b0062149_15594065.jpg4  真珠の耳飾りの少女(ピーター・ウェーバー)

これも多くを語らずして、静かな高揚感を与えてくれる作品。17世紀の風景に溶け込んだスカーレット・ヨハンソンが美しい。




b0062149_16534633.jpg 5  ふたりにクギづけ(ボビー/ピーター・ファレリー)

きわどいテーマをよくぞここまで楽しく仕上げてくれました、ということで。兄弟役の俳優2人が楽しんでやっているのが伝わってくるよう。



6  コーヒー&シガレッツ(ジム・ジャームッシュ)
7  スクール・オブ・ロック(リチャード・リンクレイター)
8  レイ(テイラー・ハックフォード)
9  砂と霧の家(ヴァディム・パールマン)
10 スパニッシュ・アパートメント(セドリック・クラピッシュ)
次点 オールド・ボーイ(パク・チャヌク)

2、3本惜しくも入りきらなかった作品があるものの、わりとすんなり決まりました。



b0062149_16324895.jpgちなみに、家人の昨年度ベストテンは


1  エレファント
2  コーヒー&シガレッツ 
3  スイミング・プール
4  モーターサイクル・ダイアリーズ
5  真珠の耳飾りの少女
6  レイ
7  ふたりにクギづけ
8  エターナル・サンシャイン(ミシェル・ゴンドリー)
9  スパニッシュ・アパートメント
10 アイ・アム・サム(ジェシー・ネルソン)
次点 スクール・オブ・ロック

でした。ほとんどかぶってるやん!

今年はもっと本当に観たい映画を中心に観ていきたいものです。手始めに録りためたアジア系映画を観ようかな。そういえば、今年のカンヌ映画祭の審査委員長はウォン・カーウァイだそうで、とても楽しみだな〜。
[PR]
by poyance | 2006-01-11 16:40 | 映画
四国小旅行
久々に完全な休日をつくり、香川県へ行ってきました。朝8時半出発で、瀬戸大橋を通って坂出市に入ったのが11時半。まずは念願の「中村うどん」へ。


b0062149_1385561.jpg人が並んでいないと見過ごしてしまいそうな民家の一室でやっている、という感じの確かにとてもディープなお店でした。私は釜玉うどん(写真)、家人はぶっかけうどんとその後冷やしうどんを食べました。うどんもさることながら、トッピングのげそ天がカリッと揚がっていてとてもおいしかったです。




b0062149_1494264.jpg四国に来たからには、讃岐うどんを楽しもうと、次に「山下うどん」へ。ここは普通の店構えでした。私は天ぷらうどん(写真:これで300円!)、家人はきつねうどん。ここはおでんもやっていたので、おでん好きの家人はうどんができるのを待ってる間に何本かつまんでいました。村上春樹さんのエッセイに出てくる店かと思っていたら、これは違う店でしたが、平日でも満員な状況が語るように、とてもおいしかったです。



b0062149_1591451.jpgさていよいよ今回のメイン、丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館に到着。前に訪れた豊田美術館をデザインした谷口吉生氏が設計しています。予想以上にドーンと大きな建物が丸亀駅前にそびえているのにビックリです。




b0062149_201259.jpg中に入ってみるとその空間設計が非常にすばらしく、建物だけでも見る価値のある美術館でした。豊田よりも完成度が高いように思いました。こういう素敵な美術館が大阪にもあればいいのになあ。






b0062149_233673.jpg次に同じく谷口氏が設計した東山魁夷せとうち美術館へ。こちらは思っていたよりもこじんまりした美術館でした。美術館の喫茶室から見える海の景色が美しかったです。東山魁夷はあまり興味がなかったのですが、リトグラフはなかなかでした。





b0062149_283696.jpgわりと行きたいところにスイスイ行けたので、小洒落たとこにも足を伸ばしてみましたよ。ひなびた風景をしみじみ楽しみながら(かなーりツボにきました)、行き着いたのはオサレなお店が集まっている北浜アレイというところです。ここの umie というカフェーで一休み。



b0062149_211472.jpg私はポテトパイ、家人は豆腐ドーナツとチーズケーキです。メニューの写真とちょっと違う!けれども味は絶品でした。ここは、あらゆる所に今ドキな雑誌が置いてあって、いくらでも時間が過ごせそうなお店でした。私は Arne をほぼ全号読みました。





この後、八十八札所のひとつ、屋島寺に行き、大きなタヌキさんを拝んで、ラストうどんに高松市の「わら家」で生じょうゆうどん(家人はざるうどん)を食べて帰りました。帰りは明石大橋を通りましたが、橋の向こうに見えた夜景がとてもきれいでした。何だか食べてばっかりの一日だったけど、まだまだ行きたいうどん屋さんはたくさんあるので、今回行けなかったイサム・ノグチ庭園美術館に行きがてらまたうどん三昧したいです。交通費がちょっと高いけど・・
[PR]
by poyance | 2006-01-10 02:33 | 日々の記録
ペーパー・ムーン(ピーター・ボグダノヴィッチ、1973年、アメリカ)
b0062149_20461872.jpgあけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。年末は予想以上の肉体労働に追われたため、その反動で年始はぐったりしていましたが、ようやくもとに戻りつつあります(少し風邪気味ですが)。年末年始に遊びに来てくださった方、なかなかアップできずごめんなさい。

さて2006年最初の映画は、いつものように楽しい映画にしようということで、家人が観たかどうか定かでないというボグダノヴィッチ監督の傑作にしました(結局観たことはあるらしい)。私はこの監督の「ラスト・ショー」がすごく好きなんですが、お正月向きではないかな、ということで松本人志氏大推薦のこちらの作品を。
前はやはり子役のテイタム・オニールばかりに目が行きましたが、今回久しぶりに観てみると親父のライアン・オニールがとてもいいなあと思いました。詐欺師で女好きだけど、大したことはできない、どこか憎めない男モーゼを風貌から中身までうまく演じています。冒頭のモーゼの登場のシーンから演出も抜群で、ラストもカラリとしていて、変にハグしてお涙頂戴とかないのがいいですね。
ボグダノヴィッチ監督は、フランスのヌーヴェル・ヴァーグに大きな影響を受けたそうで、この作品でも編集や演出の端々にそれが感じられます。テイタム演ずるアディの人物造形も、「大人は判ってくれない」のアントワーヌに通ずるものがあります。でも子供にはつらい思いをさせない仕上げになっているのは、やっぱりアメリカというお国柄なのでしょうか。
[PR]
by poyance | 2006-01-07 21:11 | 映画


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31