Top
カテゴリ:ドラマ( 3 )
海外ドラマ三昧
1月はスカパーのTBSチャンネルでやっていた向田邦子ドラマ14本一挙放送を観ていました。2本ほど録画し損ねたのが残念ですが、満喫しました。小津安二郎ばりにほとんど同じ出演者で、元ネタ作品も重なっているのに、それぞれ違う味の話になっています。以前観たものもあって、懐かしい気分にもなりました。金子成人脚本ものがいちばん落ち着いていて好きですが、最後の筒井ともみ脚本のもよかったです。この作品だけ
登場の宮沢りえちゃんもいいし。町田康まで出てる(彼は声がいいですね)のも見逃せない。
只今はトリノオリンピックばかり観ているので映画鑑賞する暇もないですが、連続ドラマは毎週あるのでこれらは合間に何とか観ています。日本のものは今シーズンもコレというのがあまりないですね。唯一「神はサイコロを振らない」を観ているくらいでしょうか。これは同じ局で以前放送された「すいか」の路線に似ていて、派手ではないけれどもじんわりとした面白さがあります。


b0062149_13453642.jpgそれで、専ら観ているのはやはりアメリカもの。「LOST」(スカパー、AXN)は回を追うごとに謎が深まり、最後にどう収拾がつくのかさっぱり予想できません。伏線を張りすぎてつじつまが合わなくなるんじゃないかと不安。アメリカでは人気が出ると、いくらでもシーズンを延長して放送が続いていくのでそれは大いにあり得ることなのです。とはいえ今は物語が予測不可能でも、登場人物の背景が少しずつ明らかになってきたこともあり、彼らそれぞれの個性がとても面白くじゅうぶん楽しんでいます。なかでもサイードがセクシーすぎる・・この目が、このガタイが・・吹替えでの1人称が「私」になっている(字幕版では「俺」なのに)のもツボです。




b0062149_13563918.jpg「シックス・フィート・アンダー」(スカパー、スーパーチャンネル)も第2シーズンの放送が始まりました。フィッシャー家の人々は相変わらず変テコで、なかでも今シーズンはお母さんが暴走しています。彼女のすごく野暮ったいお洒落にも、吹替えの素っ頓狂な声にもはまってきました。周囲も一癖も二癖もある人たちばっかりで、皆の妄想シーンにも拍車がかかってます。でも彼らはみんな、「死」や「他人とのコミュニケーション」といった問題を何かしら抱えていて、観ていて最後はホロリとなることが多いのです。今まで味わったことのないテイストの不思議なドラマですね。
さて、今回はフィッシャー家およびフェデリコの全体写真を大きめに載せてみました。左から母ルース、長女クレア、長男ネイト、次男デイヴィッド、フェデリコです。私の友人の方なら、右端にいるフェデリコが誰に似ているのかわかってもらえると思います・・

b0062149_1420877.jpg民放で深夜に流れている海外ドラマのなかでは「トゥルー・コーリング」(関西では朝日放送)が面白いでしょうか。死体安置所に勤めるトゥルーという女の子が、突然死体から助けを求められ、1日逆戻りして事件を解決する、というもの。パターン化するとマンネリになりそうですが、まだ第1シーズン始めなので楽しめています。トゥルーがもつ不思議な能力が、どうも幼い頃母親を亡くした、という過去と関係があるようで、こちらのストーリーの発展にも期待。
ただし、主人公のトゥルーをはじめ、登場人物にあまり魅力が感じられません。唯一、死体安置所の同僚デイヴィス(写真右端)の安心感を覚える人柄が救い。後半になるとジェイソン・プリーストリー(「ビバリーヒルズ青春白書」のブランドン)が登場するそうなので、久々に見る彼が楽しみではありますが。
[PR]
by poyance | 2006-02-16 14:26 | ドラマ
ドラマ事情
年末は、雑用に追われて映画を観る暇と余裕がなかなかできません。おまけにこの忙しいのにバイオハザード4を購入してしまい、PS2にうつつをぬかす毎日(プレイしているのは家人ですが)・・。観ているといえるのはドラマぐらいで、それも今期の日本のドラマはコレ!というのがないので、もっぱら海外ドラマばかり観ています。

b0062149_1565077.jpgなかでも、スカパーのAXNでやっている "LOST" は面白いです。飛行機事故のために未知の島に取り残された人々をめぐる物語で、その島はどうやら謎めいた力を潜めているらしく、不思議な出来事が次々と起こる・・というもの。制作は「エイリアス」のJ.J.エイブラムズで、彼はB級に近い内容でも、それを非常に高級に見せる才能を持っている人だと思います。トム・クルーズの「ミッション・インポッシブル3」も監督するそうなので、とても楽しみですね。

エイブラムズ作品は配役も絶妙で、このドラマでも初めて見る俳優さんが多いですが、この作品も的を得たキャスティングです。何よりもまず主役のジャックとケイトを演じるマシュー・フォックス(写真上)とエヴァンジェリン・リリーがよいです。私のお気に入りは妊婦のクレア(エミリー・デ・レイヴィン、写真下の左)と巨漢のハーリー(ホルゲ・ガルシア)です。家人はケイトとアラブ系のサイード(ナヴィーン・アンドリュース、写真下の右)のファン。ほかにも「ロード・オブ・ザ・リング」のメリー役、ドミニク・モナハン、「24」や「スパイダーマン」に出ていた韓国系のダニエル・ディ・キム、「エイリアス」出演中のテリー・オクィンなど、映画・ドラマ好きにはおなじみの俳優も出ています。b0062149_261164.jpg

こういう面白いドラマを観ていると、ついつい日本版だったら、と頭のなかでキャスティングを考えてしまうもの。ジャック役はやっぱり最近医者と正義派の役が多い江口洋介でしょうか。ケイトはちょっと難しいですね。過去を背負っていて、かつサバイバル系でも違和感ない女優って誰かなあ。松雪泰子だと、都会的すぎるしねえ・・その他思いつくのは、ソーヤー=北村一輝(嫌らしさ加減が)、シャノン=梨花(これもその嫌らしさ加減が)、テリー・オクィン演ずるロック=山崎努くらいでしょうか。
[PR]
by poyance | 2005-12-18 02:35 | ドラマ
ドラマ大会
b0062149_21291438.jpgハードディスクの容量がいよいよなくなり、DVDに焼くかどうしようかまよっていた向田邦子ドラマ(スカパーのTBSチャンネルでやっていた終戦企画もの)を4本続けて鑑賞しました。久世光彦演出のこのシリーズは好きで、お正月のものも含めてたいてい見ていたつもりだったのに、90年代に放映されたこの4本はまったく見た記憶がありませんでした。4本ともすべて、岸恵子、清水美砂、戸田菜穂、田畑智子、そして小林薫(それに四谷シモンと藤田敏八も)というキャストでやっている、というのがスゴイ。内田春菊、天本英世、蛭子能収という脇役陣もなかなか興味深い使われ方をしています(蛭子さんがえらい暴れ役だったり)。椎名桔平や北村一輝も今みたいなあくどさがなくて、さわやかです。いちばんよかったのは「言うなかれ、君よ別れを」というやつで、小林薫が戦場で「頭をやられて回線がおかしくなった」という兵隊さんを好演していて、最後は感涙モノでした。今回本当はスカパーで5本連続放映だったのに、初日の分を録画し忘れていて、その1本だけ筒井道隆君が出ていたらしいです。再放送も未定だし、見そびれたのが非常に残念。

b0062149_21285394.jpgスカパーでやっている連続ドラマで今はまっているのが「シックス・フィート・アンダー」。NYに住んでいる友人の妹さんにいいよ〜と前々から聞いていたのが、ようやく日本でも放送されました。葬儀屋の家族の話で、初回に父親が交通事故死したために、長男と次男が共同で経営することになる、というもので、この家族(ほかに母親と妹)と、長男ネイトの恋人ブレンダをはじめ、まわりを取り巻く人々がそれぞれオカシイ。「アメリカン・ビューティー」の脚本家アラン・ボール製作の、一癖も二癖もあるドラマです。最初は慣れなかったこの独特のリズム、回を重ねていくうちにジワジワとその面白さが感じられてきました。いちばん好きなのがゲイである次男デイヴィッドのエピソード。彼の恋人のキースがまたカッコいいんです。しかし2人は今別れてしまっているので、これからキースの出番がどうなるのか心配。メインキャストは知らない人が多かったんですが、脇役で「24」のマイロ役をやっていた Eric Balfour がでています。ブレンダの弟役の人が誰かに似ている‥と思っていたら家人が「ジャミロクワイ」と発言して納得。それから遺体処理係のフェデリコが友人のダンナに見えてしかたがないです。このドラマはアメリカではすでに第5シーズンに突入。果たして今後全部放映してくれるんだろうか‥
[PR]
by poyance | 2005-09-05 20:02 | ドラマ


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28