Top
グリーンフィンガーズ(ジョエル・ハーシュマン、2000年、イギリス/アメリカ)
b0062149_20492987.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)から録画したものを鑑賞。心を閉ざして日々を過ごしている囚人のコリン(クライヴ・オーウェン)が、開放的な更生刑務所に移動させられてきた。同じ部屋にいたファーガス(デヴィッド・ケリー)にも冷たい態度を取っていたコリンだが、ファーガスが癌をわずらっていることを知り、次第に心を開き始める。園芸好きなファーガスからクリスマスにスミレの種をもらったコリンは、無造作にまいた種が春に花を咲かせたことに心を動かされ、それを知った所長(ウォーレン・クラーク)から庭造りを命じられる・・

まったく予備知識がなかったのがよかったのか、とても楽しんで観ることができました。言ってみればとてもたわいのない「ハートウォーミング」系の映画なのに、いかつい大男たちが花を愛でている姿を見ているだけでシミジミしてしまいました。所長さんも素敵な人だし、粗野なものの、囚人たちはみんな気のいい人たちばかり・・とはいえ実は彼らの多くは凶悪犯で、こんなに自由にさせてもいいのか、とか被害者のことを思ったら・・とかという考えも頭をよぎります。実際見た人の感想にもそういうのが多かったです。軽いタッチで進む部分が多かったので、彼らにもう少し自分の罪を改心させるシーンとかあったらまた違ったかもしれません。それから途中でいなくなってしまったトニーについても触れてほしかった。とはいえ好きな作品です。

クライヴ・オーウェンは色男な役よりこういう陰のある青年を演じているときが好きです。そしてファーガス役のデヴィッド・ケリー(「チャーリーとチョコレート工場」のおじいちゃん)の存在感が大きかった。彼とコリンのシーンは泣かせる場面ばかりです。ヘレン・ミレンももちろんうまかったけど、彼女は今になってはもう「女王様」にしか見えません・・
[PR]
by poyance | 2008-10-09 21:13 | 映画
<< イントゥ・ザ・ワイルド(ショー... リリィ(クロード・ミレール、2... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31