Top
ラストキング・オブ・スコットランド(ケヴィン・マクドナルド、2006年、アメリカ/イギリス)
b0062149_1143392.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。軽い気持ちでウガンダの診療所へやってきた青年医師ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、軍事クーデターで新政権を握ったアミン(フォレスト・ウィテカー)に気に入られ主治医となる。アミンから絶大な信頼を得たギャリガンは、主治医以上の任務をまかされるほどになるが、次第に独裁化していくアミン政権に不安を抱きつつも、第三夫人のケイと深い関係になる・・

実話にもとづいた作品ですが、ギャリガン医師自体はモデルはいるものの架空の人物だそうです。アミン大統領は名前は聞いたことはあるけれど、どういう人物だったのかはこの映画で初めて知りました。「ホテル・ルワンダ」にせよ、アフリカの歴史は暴力と切り離せないのだなとやるせなく感じました。そしてそのバックには欧米諸国の利害関係が絡んでいるのだということも。

ただし、なぜアミンがそれほどスコットランド好きなのか、なぜ急に残忍になっていくのかなど、肝心のところがあまり語られないので説得力に欠けるように思います。そしてギャリガンという人物にあまり魅力を感じられないのも残念。いい加減だし、女に手が早いし・・

フォレスト・ウィテカーは迫真の演技で男優賞獲得はもちろんうなずけるのだけれど、この役ではあまり取ってほしくなかったなあ〜 ジェームズ・マカヴォイも好きなだけに、ギャリガン役はつらかった・・ あくまで個人的な感想です。
[PR]
by poyance | 2008-09-18 12:03 | 映画
<< ボルベール<帰郷>(ペドロ・ア... トランスアメリカ(ダンカン・タ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31