Top
紅いコーリャン(チャン・イーモウ、1987年、中国)
b0062149_20423455.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)から録画したものを鑑賞。造り酒屋の老人に金で買われたチウアル(コン・リー)は、輿入れの道中に野生のコーリャン畑で山賊に襲われそうになり、輿担ぎのユイチャンアオ(チアン・ウェン)に助けられる。嫁入り後、習わしにより実家に帰ろうとしていたチウアルは、そのコーリャン畑で待ち伏せしていたユイチャンアオと結ばれる。チウアルが実家に帰っていた間に、酒屋の老人は何者かに殺され、戻って一人になったチウアルは忠実なルオハン(トン・ルーチュン)や職人たちとコーリャン酒を作っていこうとするが、そこにユイチャンアオが再び現れる・・

チャン・イーモウ作品を続けて観ました。チウアルとユイチャンアオの純愛ストーリーかと思っていたら、ふたりが結婚するまでの過程がえらく野性的で、またここでもギラギラしたものを感じました。ルオハンさんのほうがどう見てもいいのに・・ 今回もまた色使いが鮮やかで、とりわけコーリャンの血のような紅い色がエネルギッシュなイメージとして用いられて強烈です。後半は、日本軍が介入してきて、こちらとしてはつらくなる内容ですが、最後までドラマティックな話でした。

「太陽の少年」を監督したチアン・ウェンが俳優として出ていますが、彼の顔がとてもいいです。ハンサムとかそういうのではなく、味のある顔とでもいいますか、この人の表情がとても好きになりました。コン・リーは「菊豆」よりさらにおぼこい感じですが、ユイチャンアオと見つめ合うシーンなど、「女」を感じさせる演技が印象的です。

コーリャンのお酒はワインよりも明るい赤い色になるんですね〜。どんな味のお酒なんだろう。ところでこの作品ではある偶然から名酒ができる、というエピソードがあるんですが、名酒とはいえ、これはあまり飲みたくないなあ・・
[PR]
by poyance | 2008-08-26 21:03 | 映画
<< 13/ザメッティ(ゲラ・バブル... 菊豆(チュイトウ)(チャン・イ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28