Top
ウィンブルドン(リチャード・ロンクレイン、2004年、イギリス/フランス)
b0062149_2036458.jpgスカパー(ムービープラス)から録画したものを鑑賞。タイトル通り、ウィンブルドンのテニス大会を舞台に、今回限りで引退を考えているピーター・コルト(ポール・ベタニー)とスター選手リジー(キルステン・ダンスト)との恋愛を描いたもの。

陰のある若者のイメージが強いポール・ベタニーがテニス選手役、というのに慣れるかどうか不安だったんですが、わりと情けない感じのキャラだったし、物語のテンポも早くて結構面白く観られました。あまりにもできすぎた話の展開は今どきの映画にはかえって珍しく、肩のこらない娯楽映画として楽しめます。ん〜でも感想としてあまり書くことがない・・

今回のキルステンはわりと可愛いです。リジーのキャラはシャラポワを意識したものなんでしょうか。背の高さは違えどちょっと重なって見えました。ピーターの弟(いつも兄が負ける方に賭けているひどいヤツです)役でジェイムズ・マカヴォイ(タムナスさん)が出てます。またピーターの友人のプレイヤー役のニコライ・コスター=ワルドーがとても素敵です。
[PR]
by poyance | 2008-07-28 21:06 | 映画
<< ハード キャンディ(デヴィッド... ビーチ・カフェ(ブノワ・グラフ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28