Top
オーシャンズ13(スティーヴン・ソダーバーグ、2007年、アメリカ)
b0062149_20415643.jpgレンタルDVDにて鑑賞。ホテル王バンク(アル・パチーノ)に裏切られて病に倒れたルーベン(エリオット・グールド)の仇をとるべく、ダニー(ジョージ・クルーニー)とラスティー(ブラッド・ピット)はかつての仲間たちと大掛かりな復讐計画を立てる・・

相変わらずのスタイリッシュな映像にクールな音で、これまでのシリーズが好きだった人の期待は裏切らない作りになっています。内容も、ショボかった「12」よりは充実しているし、これまでの出演者(ヴァンサン・カッセルも!)も登場しているし、気の利いた笑いのシーンも多くて、「粋な」という形容詞が似合う作品です。あの復讐にかかる費用を考えたら、ルーベンもホテル一軒楽々買えるよね〜なんていうツッコミはこの際言うのはやめるとしても、もうこのシリーズはこれでいいかなーとも思います。こういう肩の力が抜けた映画もいいけれども、そろそろ監督にもシリアスな現代劇を撮ってもらいたいなあ。

俳優陣は今回も楽しそうにやっているので、観ていてこっちも楽しくなるのがこの映画のいいところですね。今回はこの頃気になっているケイシー・アフレックの怪しい(「妖しい」ではない)魅力がクローズアップされる場面があって、そこがとてもよかったです。それと、エレン・バーキンがキャメロン・ディアスに見えてしかたがなかったし、「アンディ・ガルシア年とったなあ・・」と思って見てたらアル・パチーノだったよ。だって二人ともイタリア系なんだもの!!

「久保田」ってアメリカでも認知度あるのでしょうか? 相撲とかも出てきたし、今回は日本テイストがそこはかとなく漂ってます。
[PR]
by poyance | 2007-12-25 21:05 | 映画
<< 2007年度ベストテン映画 舞妓 Haaaan!!!(水田... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31