Top
オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド(アモス・コレック、2003年、アメリカ/フランス/ドイツ)
b0062149_263797.jpgWOWOWで録画したものを鑑賞。女優を目指してニューヨークへやってきたフランス人ヴァル(オドレイ・トトゥ)とスランプに陥った脚本家ジャック(ジャスティン・セロー)との物語。

体一つでこの大都会へ乗り込み、人の家の庭で寝泊まりするわ、道ばたで大声で稽古をするわ、ホース水で体を洗うわと、ホームレス生活をものともしないヴァルのバイタリティーがすごいです。仕事を得るためには何だってやるという徹底ぶりと、どこから来るのか不思議なほどの自信に驚かされますが、イヤな感じがしないのは、オドレイ・トトゥの人柄によるものなのでしょう。最後にオスカーまで、というのはちょっと取ってつけたような結末ですが、それはまあご愛嬌。

「アメリ」以降海外進出の増えたオドレイ・トトゥですが、「ダ・ヴィンチ・コード」なんかよりも、彼女のキャラクターをうまく活かした作品だと思います。そこらへんの服を寄せ集めたような彼女のファッションも何か可愛いです。ジャック役のジャスティン・セローは、「マルホランド・ドライブ」や「シックス・フィート・アンダー」にも登場していますが、どこか気になる俳優さんです。
[PR]
by poyance | 2007-11-17 01:57 | 映画
<< 明日へのチケット(エルマンノ・... パリ、ジュテーム(ブリュノ・ポ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31