Top
クラッシュ(ポール・ハギス、2004年、アメリカ)
b0062149_22133096.jpgWOWOWから録画したものを鑑賞。白人を忌み嫌う黒人、彼らに車を奪われた検事とその妻、「アラブ人」として差別に苦しむペルシャ人、黒人への偏見を持つ警察官、などさまざまな人々を通して、人種差別、銃といったアメリカの抱える問題を描く群像劇。

アメリカに暮らしていなければ、このような問題を本当に体感できないとは思うけれど、「人種」だけでなく色々なレベルでの偏見や差別の問題としてみれば、極端な例を除けばこういう話も身近に感じられるかもしれない。そう考えてみたら、「人種」だけでなく、性的嗜好や、出自、学歴など観点を拡げてみてもよかったのでは、と思います。とにかく色んな人たちが登場するのに、すべて人種差別の話に集中するのが少々気になりました。そして、「救い」を最後に持ってくるのはいいけれど、話の収集のつけ方が結構まとまりすぎなものもあって、ちょっとイヤらしさを感じてしまいました。それにこの手の群像劇は今まで多く観てきたので、うーん、これならオスカーは「ブロークバック・マウンテン」にあげたかった・・

俳優陣には問題はなかったです。かつての青春スター、マット・ディロンがああいう嫌な役柄を演じている、というのにすごくリアリティを感じました。それに違和感を抱くライアン・フィリップもよかったです。ドン・チードルもまた出演。今回は都会的な人物役でした。個人的にはプロデューサー役のテレンス・スタンプがとても印象的でした。
[PR]
by poyance | 2007-08-16 22:29 | 映画
<< 猫談義 ホテル・ルワンダ(テリー・ジョ... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧