Top
プラダを着た悪魔(デヴィッド・フランケル、2006年、アメリカ)
b0062149_2431494.jpgレンタルDVDにて鑑賞。ファッションに全く興味のないアンディ(アン・ハサウェイ)が、ファッション誌「ランウェイ」のアシスタントとして雇われ、鬼編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のシゴキを受ける・・という物語。

非常にわかりやすい物語で、疲れているときの鑑賞をお奨めできる映画です。門外漢の素人が厳しい指導者に教育されて、一流になっていく・・って一種のスポ根モノだな、と家人は申しておりました。私はこれもまた結局のところ「私探しモノ」だなと思ったんですが、今回は「そのままでいいのよ」ではなく、「やりたいことは自分が決めろ!」と手厳しい扱いなのが痛快ですね。後味のよい終わり方でしたし。

あるシネマレヴューに「主役の2人が『服を着こなせる柄ではない』」みたいなことを書かれていたんですが、たしかに2人が来ていた服が魅力的に見えるかどうかは微妙です。アン・ハサウェイは、変身後より変身前のほうのちょっと野暮ったいファッション(髪型は不自然すぎるけれど)のほうが可愛く見えましたし。変身後はメイクがキツすぎて彼女のもつ可愛らしさが半減しているように感じました。メリル・ストリープは今回も非常にうまい演技で、何が起ころうと終始冷静なところがよかったです。今回相当痩せたと思うんですが、それでもどう見てもサイズ6以上ですよね??
[PR]
by poyance | 2007-07-02 02:57 | 映画
<< 音楽事情その他 世界(ジャ・ジャンクー、200... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31