Top
ブラック・ダリア(ブライアン・デ・パルマ、2006年、アメリカ)
b0062149_224179.jpgレンタルDVDで鑑賞。元ボクサーの刑事バッキー(ジョシュ・ハートネット)は、同じく元ボクサーで相棒のリー(アーロン・エッカート)の恋人ケイ(スカーレット・ヨハンソン)に惹かれている。リーは女優志望のエリザベス(ミア・カーシュナー)(映画のタイトルをもじって「ブラック・ダリア」と呼ばれる)の惨殺事件の捜査にのめりこみ、バッキーはブラック・ダリアに似ているというマデリン(ヒラリー・スワンク)に接近する・・

実際にあった事件を題材にした映画ですが、このほかに男女の三角関係、警察や映画界の内部事情にまで内容が及ぶため、物語展開がつかみにくく、何に焦点が置かれているのかぼやけてしまっているようです。原作がかなり濃密なのかもしれないけれど、2時間前後にまとめるにはもう少し省略させてもよいのでは(バッキーとリーがコンビを組むまでのいきさつなど)・・・。ラブシーンやエロティックな場面はいつものデ・パルマらしくB級ムードたっぷりです。映画内に映画や別のフィルムを挿入させるのは面白いけれど、エリザベスのスクリーン・テストはもう少し古めかしい作りにしたらいいのに(あまりにも新しい感じの白黒映像なので、フィルムを映しているように見えない)など、素人目にも中途半端に思えました。

もう一点中途半端さを挙げるとすれば、エリザベスとマデリンが全然似てない、ということです。ヒラリー・スワンクはうまいけれど、この悪女役はミスキャストでは? 逆にスカーレット・ヨハンソンはこういうクラシックな雰囲気の映画にも非常にマッチする女優さんだと実感しました。隙なくセットされた髪や、赤い口紅、40年代ファッションがとても似合っています。しかし今回一番の見ものはマデリンの母親役のフィオナ・ショウの怪演でした。

今回はフランス版のポスターにしてみました。色合いが奇麗ですね。
[PR]
by poyance | 2007-06-30 20:59 | 映画
<< レディ・イン・ザ・ウォーター(... ゾディアック(デヴィッド・フィ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31