Top
ディパーテッド(マーティン・スコセッシ、2006年、アメリカ)
b0062149_19385298.jpg近くのシネコンで鑑賞。香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクで、マフィアの手先となって警察に潜り込むコリン・サリバン(マット・デイモン)と、逆にマフィアになりすまして、ボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)に近づくビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)の物語。

オリジナルを観ていないので、どの辺りまで同じなのかはっきりしませんが、よくできた話です。ビリーの家系ががもともとイタリア系マフィアと関わりがあり、コステロらのアイルランド系マフィアとは犬猿の仲であったとか、彼らのバックボーンの話が効いていると思います。(ここからネタバレです)コリンがコステロの息子かもしれない、というのももとの話と同じなのでしょうかね?? 相手の正体の探り合い、というスパイものであると同時に家族の物語でもあります。あまり期待せずに観たので結構面白かったですが、ちょっと長いですね。あと20分くらい削ってくれたらダレずに楽しめるのに。そして最後のネズミも要らないんでは? オリジナルを知る人には、物足りない部分が多いようで、これはぜひトニー・レオン様版も観なければ、と思っております。

観る前はコリンとビリーの役は反対のほうがよいのでは、と思っていたんですが、観ていたらこれでいいんだと納得しました。コリンのふてぶてしいが気の小さいところ、ビリーの喧嘩っ早いが反面繊細なところ、がマットとレオ2人のキャラにマッチしてますね。特にレオは童顔なので、これまでの作品ではどうしても背伸びしたように見えた演技が、今回は自然といいなーと感じられました。ビリーの上司役のマーティン・シーンとマーク・ウォルバーグもなかなかよかったです。そして、ジャック・ニコルソン、コワすぎです。最後なんか「シャイニング」入ってました・・
[PR]
by poyance | 2007-02-17 21:19 | 映画
<< ブロークバック・マウンテン(ア... 小説家を見つけたら(ガス・ヴァ... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28