Top
またしてもナナメ見映画
ハードディスク内もだいぶ整理されてきました。すべてWOWOWから録画したものです。

b0062149_19124379.jpgまずは「隣のリッチマン」(バリー・レヴィンソン、2004年、アメリカ)。さえない親友のおかしな発明に協力しなかったがために、後日その発明が大売れした分け前に預かれず、豪勢に暮らす彼にねたみを抱く男の話です。ベン・スティーラー、ジャック・ブラック、おまけにクリストファー・ウォーケンという非常に魅力的なキャスティングなのに、なにゆえこうも眠気を誘うのか。話のテンポが悪いし、俳優それぞれの個性も活かされていないように思います。唯一面白いのは、ベン・スティーラーの妻役のレイチェル・ワイズのハジケた演技ぐらいでしょうか。実にもったいない感じのする作品です。


b0062149_19202314.jpgお次は「ペイチェック 消された記憶」(ジョン・ウー、2003年、アメリカ)企業秘密を探り出しては他社に渡し、後でその間の記憶を消す、というのを繰り返してきた男が、巨額の報酬と引き換えに大きな仕事を請け負ったものの、終えてみればその報酬の受け取りを事前に拒否していたと言われ、おまけに警察にまで追われる・・という展開。あまりにも都合のいい進み方は、ゲームのクエストを1つ1つ終えて行くみたいで笑えますが、まあジョン・ウーですから、この大ざっぱさもご愛嬌。ただどこかのレヴューで書いてあったと記憶しているのですが、ユマ・サーマンがあまりきれいに見えません。ベン・アフレックも大味な感じの俳優さんに見えました。これもジョン・ウー・マジックなのか??


b0062149_19502421.jpg最後は「奥さまは魔女」(ノーラ・エフロン、2005年、アメリカ)。この有名なテレビドラマをリメイクするにあたり、サマンサ役に選ばれた素人女優は、実は本物の魔女だった、というストーリー。ニコール・キッドマンはこういう非現実的な役柄をするとハマると思うのですが、今回のイザベルも可愛く演じていました。オーソドックスだけれど色使いが素敵なファッションも魅力的です。イザベルの父親で出ているマイケル・ケインもいいし、お隣さんのマリア(クリスティン・チェノウェス)も笑える。ただし、ダーリン役のウィル・フェレルが生理的にダメだし、笑えません。別の俳優さんにしてくれたら・・と何度思ったことか。この映画はラジー賞(アメリカの最悪映画賞)に軒並みノミネートされていましたが、それほど悪いとは思わなかったけれど主演男優賞はうなずけるかな・・
[PR]
by poyance | 2006-11-27 20:06 | 映画
<< 父親たちの星条旗(クリント・イ... 読書記録 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31