Top
ヒストリー・オブ・バイオレンス(デヴィッド・クローネンバーグ、2005年、アメリカ/カナダ)
b0062149_20383698.jpgレンタルDVDで鑑賞。家族と平穏に暮らすトム(ヴィゴ・モーテンセン)は、ある日経営するダイナーを襲った強盗2人を殺してしまいます。町の英雄になったトムのもとに今度は謎の男(エド・ハリス)がやってきて、彼をジョーイと呼びます・・

タイトルどおり「暴力」が幸福な家族を引き裂いていく話です。トム個人だけでなく、夫の過去に次第に疑問を持ち始める妻(マリア・ベロ)、父親の隠れた一面を知って混乱する息子(一方でその血を受け継いでいることが示唆されている)を含めて家族それぞれの物語が語られています。いわゆる「感動」を呼ぶような描き方とはほど遠い、終始冷めた視線で客観的に語られるところが面白いです。冒頭の強盗2人の描き方も乾いたタッチで好きですね(ただし内容は残酷ですが)。クローネンバーグのいつものグロさは今回は鳴りを潜めていますが、死体の映し方などにはやはり彼らしさを感じます。

ヴィゴ・モーテンセンはこの映画で初めていいなあと思いました。賞レースで全くノミネートされてないのは、あまりにも強すぎる役柄にもよるのでしょうか。戦う姿が時代劇の立ち回りをしているかのごとくミョーに決まっていて、ちょっと笑えます。「ER」のデル・アミコ先生役だったマリア・ベロも堅実な演技をしていますが、一方でチアガール姿なんぞも披露してくださいます。エド・ハリスやウィリアム・ハートといった脇役陣も怪しくシブいし、息子役のアシュトン・ホームズ君も可愛いです。

ところで、先日「エイリアス」に見覚えのある顔が・・と思ったら、クローネンバーグ監督でした。ほかの俳優に引けを取らないフォトジェニックな顔立ちですね〜。演技するのもまんざらじゃないのかな?
[PR]
by poyance | 2006-10-15 20:43 | 映画
<< 読書記録 ナナメ見映画は続く >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々の記録
映画

音楽
ドラマ
未分類
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
フォロー中のブログ
There for you
太陽がくれた季節
Three Stars
リンク
最新のトラックバック
【DVD】モーターサイク..
from 新!やさぐれ日記
パリ、ジュテーム
from To pass leisur..
いつか王子駅で (新潮文..
from 本を読もう�U
『007/カジノ・ロワイ..
from 【徒然なるままに・・・】
『レディ・イン・ザ・ウォ..
from 【徒然なるままに・・・】
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧