Top
ヴェラ・ドレイク(マイク・リー、2004年、イギリス/フランス/ニュージーランド)
b0062149_17182445.jpgレンタルDVDで鑑賞。つつましくも家族と仲良く暮らしているヴェラは、「困っている娘さんたちを助ける」ために内緒で中絶の手助けをしているのだが、処置を受けたある娘が死にかけたためにそれが発覚してしまう・・という物語です。
ヴェラが年老いた両親や身寄りのない人を世話するのと同じように堕胎を施すことに驚かされますが、それは彼女がただ「困っている人を助けたい」という同じ思いから行っているからなのです。倫理云々というよりもまず、現実に女性たちが苦しむのを見てほっておけないヴェラには、明らかにはされないけれどどうも同じ苦しみを過去に味わったように見えます。彼女は逮捕で大変なショックを受けるのですが、刑務所でのラストシーンは、釈放されてもまた同じ「助け」を繰り返してしまう今後を暗示しているように思えました。
ヴェラの物語の他に、望まない妊娠をして人知れず処置した女性(ヴェラの仕事先の娘であるが、関与はしていない)の話も並行して語られており、問題がイギリス社会に深く根ざしたものであることが示されています。そしてそれらの描き方が非常にニュートラルなだけにいっそう観ている側には重く伝わってくるものがある作品でした。
俳優陣は地味な感じがする人ばかりですが、皆すばらしい演技をしています。ヴェラ役のイメルダ・スタウントンはもちろんのこと、ヴェラの家族を演じた人たちが皆よかったです。特に罪を犯しても妻を理解してやろうとする夫を演じたフィル・デイヴィスと、家族の中にあたたかく迎え入れてくれたヴェラに変わらぬ態度で接するレジー(娘のフィアンセ)役エディ・マーサン。非常に抑制されたもののなかに、渋さと深みを感じました。
[PR]
by poyance | 2006-03-15 18:16 | 映画
<< 近況とナナメ見映画 愛の神、エロス(W・カーウァイ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30