Top
ルールズ・オブ・アトラクション(ロジャー・エイヴァリー、2002年、アメリカ/ドイツ)
b0062149_20353894.jpgスカパー(シネフィル・イマジカ)でちらりと見かけたところ、面白そうだったので、録画して鑑賞。アメリカの金持ちのボンボン、お嬢の大学生たちが、日がなパーティーで、セックス、ドラッグ、酒に明け暮れるなかで、結局思いを寄せる相手にはフラれる、という物語。みんな全然勉強してないで、自堕落な日々を過ごしてます(教授までも)。その報いなのか、どの人も皮肉な結末を迎えます。唯一、モラルを保とうとふんばっているロレイン(とはいっても教授の誘惑に体は許さずとも屈している)も最後は踏んだり蹴ったりだし。
逆回しを多用したシーンのつなぎ方が印象に残りますが、色んな手法を頑張ってあれこれ取り入れている(例えばヴィクターのヨーロッパ旅行の場面など)ので、統一感に欠けるようにも思えます。監督は以前「キリング・ゾーイ」を撮った人だったというのを後で知ったのですが、前作のほうが作りは断然刺激的でした。
俳優陣は「期待の若手」みたいな人たちが多数出ていて、なかでも「ドーソンズ・クリーク」のジェームズ・ヴァン・ダー・ピークと「LOST」のイアン・サマーハルダーが有名でしょうか。サマーハルダー君は、ルックスがかなり苦手なんですが、今回のゲイの男子学生役はとてもよくて、ヴァン・ダー・ピーク演ずるショーンにからむところなんて切ないです。それからロレイン役のシャニン・ソサモンの意志の強そうな顔立ちがとても素敵でした。彼女のファッションもとびぬけて可愛かったです。
[PR]
by poyance | 2005-12-22 21:07 | 映画
<< ペーパー・ムーン(ピーター・ボ... オールド・ボーイ(パク・チャヌ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31