Top
オールド・ボーイ(パク・チャヌク、2003年、韓国)
b0062149_2295122.jpg昨年のカンヌ映画祭(クエンティン・タランティーノが審査委員長)でグランプリを獲得した作品をWowowで鑑賞。遅ればせながらこれが初韓国映画です。韓流ドラマにまったく興味が持てないので、映画も敬遠気味だったのですが、その偏見を一掃してくれる作品でした。
ある日突然連れ去られ、理由もわからぬまま15年間監禁されていた男、オ・デスがこれまた突然解放され、正体不明の犯人にその後も執拗に追い回される・・というもの。彼の前に現れた娘ミドの正体が途中で予測できてしまうものの、監禁された理由と物語の結末はやはりショッキングでしょう。日本の漫画が原作らしいけれど、ストーリーは忠実なのでしょうか。結末への持っていき方などは、ちょっとデヴィッド・フィンチャーの「セブン」みたいでした。
内容だけでなく、映像も凝っていて面白かったです。手からアリが出てくる場面は、やっぱりブニュエルの「アンダルシアの犬」を連想させるし、部屋のレトロっぽい色調はウォン・カーウァイを、細部でデヴィッド・リンチを思い出させましたが、この監督さんは色々映画を観て研究しているのではないかなあ。かといってそのまま使ってます!というわけでもなく、独特のトーンとコミカルさが味わえました。
俳優では、何といっても主役のチェ・ミンシクの存在感に圧倒されます。黙っているだけでも絵になる人ですね。監禁後の苦悩の演技もすごいけれど、私は冒頭の警察での場面がいいなあと思いました。ミド役のカン・ヘジョンもキュートな女の子でした。
[PR]
by poyance | 2005-12-21 22:40 | 映画
<< ルールズ・オブ・アトラクション... ドラマ事情 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31