Top
ホワイト・ライズ(ポール・マクギガン、2004年、アメリカ)
b0062149_22161818.jpgフランス映画「アパートメント」のリメイクで、ジョシュ・ハートネット主演ということで、Wowowで録画したものを鑑賞。元ネタ映画(ヴァンサン・カッセルとモニカ・ベルッチ夫婦にロマーヌ・ボーランジェがからんだもの)を前に観たことがあるにもかかわらず、前半はだいぶ忘れていました。あんなところでなぜジョシュ君は睡眠薬?を飲んだのかとか、大事な会議をほっといてもいいのか、などつっこみどころがいろいろあり、物語が強引に進むため次々と疑問がわいてきます。物語の進み方も少し進んでは前にまた戻って・・という感じだし、後半はえんえんとすれ違い場面が連続するのがもどかしく、少々フラストレーションがたまりました。ところどころで「ミッドナイトクロス」に出てきたような映像処理が見られるのも、ここでは妙に気張った感じで空回りに思えました。
b0062149_2230352.jpg一方で配役はよかったです。ジョシュ君は女の子から何か頼まれたら断れないタイプの青年役がお似合いです。アレックス役のローズ・バーンはあまり見ない女優さんですが、一途な想いからストーカー行為に走る女の子を嫌らしさも含めてうまく演じています。誰かに似ているなあと思っていたら、富田靖子でした。この人もこういう役がうまそうです。
韓国版のポスターもいい感じなので載せてみました。内容にも合っていますね。
[PR]
by poyance | 2005-12-11 22:37 | 映画
<< ドラマ事情 読書記録 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31