Top
ナナメ見映画
b0062149_252674.jpgまずは、Wowowで録画した「ユートピア」(マリア・リポル、2003年、スペイン/フランス)。予知能力を持つ青年が、自分の見た白昼夢を手がかりに、危険にさらされた女性を救おうとする物語。それと並行して、彼とその養父の謎めいた過去や、かつて妻を亡くした盲目の刑事がそれを予知した彼の動向を追う顛末も語られます。ものものしい雰囲気でゆっくりと進行するため、深夜の鑑賞には耐えられず後半寝てしまいました・・養父がなぜ彼を引き取ったかというのがわかりにくいため、物語の核となる部分が弱いように思いました。それにしてもチェッキー・カリョの刑事役っていうのも多いなあ。


b0062149_2224980.jpgお次は「シエスタ」(メアリー・ランバート、1987年、アメリカ)。記憶を失った女が、何らかの事件に関わったことを意識しながら、自分の過去をたどっていくというもの。15年以上も前に観た映画をスカパーで放送していたのを懐かしくなって観たのですが、筋は大体覚えていました。結末の事実に至るまでの持っていき方がうまい作品で、いまだにこのタイプの映画は作られ続けているように思います。
エレン・バーキン、ガブリエル・バーン、ジョディ・フォスター、イザベラ・ロッセリーニ、ジュリアン・サンズ、そして音楽にマイルス・デイヴィスと、その時代では豪華な顔ぶれです。道化役のジュリアン・サンズがまるで香取慎吾みたい。この当時は彼のことが好きだったのに、今観ると、ガブリエル・バーンのほうが断然セクシーに思えるのが不思議ですね。
[PR]
by poyance | 2005-11-06 02:37 | 映画
<< ミッシング(ロン・ハワード、2... ふたりにクギづけ(ボビー/ピー... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31