Top
コーヒー&シガレッツ(ジム・ジャームッシュ、2003年、アメリカ)
b0062149_2036201.jpg"Broken Flowers" のDVD発売が待ち遠しいですが、その前に公開されたこちらの作品を鑑賞。長きにわたって撮りためたショートフィルムのオムニバスです。久々にジャームッシュのモノクロ作品を観たけれど、彼のモノクロは本当に表情があるなあ。最初のロベルト・ベニーニの登場からもうおかしくって・・どのエピソードも出演者が魅力的で楽しかった! 初期のジャームッシュ作品によくあった「会話のずれ」や「間の悪さ」から生じる笑いが多いですが、後半のエピソードに進むにつれ、ダイアローグが多くなって「笑いどころ」が少し変わってきているように思います。
出演者はジャームッシュ作品におなじみの人が多く、スティーヴ・ブシェーミやトム・ウェイツなどが登場するとそれだけで嬉しくなってしまいます。そのほかにもケイト・ブランシェットや "Broken Flowers" 主演のビル・マーレイ、アルフレッド・モリーナなどの大物や、変わりどころでは White Stripes のお二人(また今回も怪しいよ!)も出ています(それもみんな自分自身の役で)。
個人的に好きなエピソードは「問題なし」です。アレックス・デスカスの「がっかりさせて悪いが本当に何も無いんだ」というセリフがいいなあ。そして「ルネ」。ルネ・フレンチさんがものすごーく色っぽくて素敵です。なんでも彼女の生活は「謎のベールに包まれている」のだとか・・
[PR]
by poyance | 2005-09-23 21:05 | 映画
<< サイドウェイ(アレクサンダー・... バレエ・カンパニー(ロバート・... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30