Top
北京好日(ニン・イン、1992年、中国)
b0062149_20413072.jpgハードディスクに入れっぱなしだったBS放映の中国作品を鑑賞。じいさんたちが公演で楽しみながらやっていた京劇のけいこを、クラブとして公民館で本格的に始めるのだが、仕切り役のハンさんと他の老人たちの間に次第に軋轢が生じてきて‥というもの。ハンさんは京劇の劇場で働いていただけに、あれこれ口出ししたくて仕方がないうえ、融通がきかない。でもまわりのじいさんたちも自己主張が激しい。結局大げんかになり‥という展開で、京劇、という中国的な題材を扱っていても、どこの国や世代にもありそうな話で親しみがもてます。
老人たちもそれぞれ個性的で面白く、終盤のインタビュー場面にそれが活きています。チャオさんは「男性」という設定になっているんだけど(「妻が‥」というセリフにくるまで男装の女性だと思っていました‥)、あれは女優さんが男役をやっているのかなー。肌や髪の感じからすると女の人なんですが。
北京の街並や生活風景もかいま見られる点でも楽しい映画でした。ハンさんが立ち食いしている揚げパンがおいしそう。アジアの映画に出てくる食べ物は、なんでこうも食欲をそそるのか。
[PR]
by poyance | 2005-09-17 22:15 | 映画
<< いつか、きっと(オリヴィエ・ダ... ばかのハコ船(山下敦弘、200... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28