Top
ドリームキャッチャー(ローレンス・カスダン、2003年、アメリカ)
b0062149_2131350.jpgスティーヴン・キング原作ということで、見るだけ見ようと思ってハードディスクに入れたままになっていたのを鑑賞。少年時代に不思議な能力を身につけた4人の青年たちが、ある冬の日にかつてのたまり場だった小屋に集まる・・という始まり方だったので、「スタンド・バイ・ミー」か「イット」みたいな感じなのかな〜と思っていたら、途中で悪趣味なデザインのエイリアン(ああ、またヌメヌメ系・・)が登場して、そこで一挙にテンションが下がってしまいました。
最初に発揮していた予知能力や読心力を駆使すれば、危険はもっと避けられたような気がするんですけど・・。仲間のうちの2人はえらくあっけなく死んでしまい(特に2人目はあっと言う間過ぎ)、1人は体を乗っ取られるし、どうなることかと思っていたら、彼らに力を授けた張本人が登場して事態は終局へ・・。とにもかくにもエイリアン物なので、後半はあまりのめり込めませんでした。
クレジットの最初にモーガン・フリーマンが登場していますが、これも主役と言えるのか? あまり彼が登場する意義も感じられず、すごくもったいない。いい俳優さんなんだから、もうちょっと考えて使ってあげたらいいのになあとつくづく思いました。
[PR]
by poyance | 2005-06-10 02:42 | 映画
<< 読書記録 モーターサイクル・ダイアリーズ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31