Top
読書記録
b0062149_22454686.jpgなかなか映画が見られない、ということで、最近読んだ本の話です。長編ばかりなので、あまり数はありませんが・・

『二人の女の物語』(アーノルド・ベネット)
『ブラック・ボーイ』(リチャード・ライト)
『人間の絆』(サマセット・モーム)

3作品とも読み応えがありましたが、「人間の絆」が最も熱中して読んだでしょうか。主人公のフィリップが人間的に弱くて、自分の進路をあれこれ変えてみたり、どうしようもない女となかなか手が切れなかったりして、やきもきしながら読んでました。モームの自伝的要素が強く、前に読んだ『お菓子と麦酒』とは違ったリアルさを感じました。当時のイギリスでは、フランスに「不良の国」のイメージがあったのでしょうか、パリで画家をめざそうとするフィリップに、親代わりの叔父さんが大反対する、というのが面白かったです。『二人の女の物語』でも、対照的な姉妹がそれぞれ人生を送る場所としてイギリスとフランスが出てきますが、海峡を隔てたこの2国の対比は、さまざまな小説に登場して興味深いです。
『ブラック・ボーイ』は南部アメリカでの黒人を扱ったもので、初めて読むジャンルの小説でした。作者は黒人ですが、単に横暴な白人たちを非難するのではなく、自分たちも彼らの前で卑屈になっている様子を冷静にとらえています。会話もどぎついし、悲惨な話も多いのですが、読ませる力をもった小説だと思います。

b0062149_272362.jpg日本の最近の小説もめずらしく読みました。

『グランド・フィナーレ』(阿部和重)
『ナラタージュ』(島本理生)

前々から気になっていた前者が芥川賞をついに受賞したので読んでみましたが、これは今ひとつピンと来なかったです。一人称の小説ですが、この文体と主人公である筆者の性癖がうまく結びつかず、違和感を抱いたまま最後まで読んでいました。んー今度は『シンセミア』にトライしてみよう。『ナラタージュ』の作者はまだ二十歳だそうですが、例の芥川賞をとった二人の作品と比べると、非常に読みやすい好感のもてる文章です。内容は、20年前に読んだら心底共感できるだろうなあ、と思いました(年寄りの発想だ・・)。「完成度が高い」と評されていましたが、まだまだ質の高い作品を生み出せる力をもった人だと思うので、今後に期待しています。
ところで、知人が主催するフランス語とフランス文化のブログサイトに参加することになりました。今後、フランス関係の映画・音楽・小説の感想はこちらに投稿します。ご興味のある方はぜひこちらもご覧ください!

CYBER FRENCH CAFE
[PR]
by poyance | 2005-04-27 02:23 |
<< キューティーハニー(庵野秀明、... gerry(ガス・ヴァン・サン... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30