Top
このところの愛聴盤
b0062149_1757443.jpg本業が始まり、ウィークデーを不規則なスケジュールで行動しています。おまけに今期のTVドラマが気になるもの(待望の「タイガー&ドラゴン」もいい感じ)が多く、ハードディスク録画&視聴に追われているのも手伝って、夜中の映画がますます観づらくなってきました。映画関係の投稿はしばらく激減するかもしれないので、音楽と本のことだけでもマメに書くようにしよう。
年末にOFSを観て購入したKings of Convenienceのアルバム"Riot on an empty street"をまたよく聴いています。タヒチ80の新譜が、春のおでかけにお供させたいアルバムだとすれば、こちらは昼下がりに家の中でぼおーっとしているときに流したい音です。基本はギターとピアノというシンプルな構成に、やさしくあたたかみのあるヴォーカルが重なるというもので、聴いているといつしか眠ってしまうくらい・・リラックスできます。ノルウェー出身の2人組で、ヴォーカルの人、アーランド君(ひょろ長い体にメガネが印象的)はロイクソップ(こちらも新譜が9割がた完成しつつあるとか)の"Remind me"で歌っていた人だというのは、後で知りました。音楽の趣味がなかなか合わない家人も、これは気に入って自分からよくCDをかけてます。

b0062149_18233165.jpgそして、今さらながらのRadiohead。BSでやっていたライヴの再放送を観たのをきっかけに、また盛り上がってます。ライヴ映像というのは、自分がその場にいないわけだから、本来観ていてもあまり面白くないんですが、これは引き込まれてしまいました。"Paranoid Android"とかすごかったなあ。レディオヘッドのよさは、メッセージをはっきり持っている、エモーショナルである、というだけでなく、複数の曲を1つにまとめるだとか、1つの曲にできる限りのコードを詰めこむだとか、常に音作りに対して挑戦的である、という点にもあると思います。もうすぐ新曲が出るらしいので、楽しみです。
[PR]
by poyance | 2005-04-17 18:35 | 音楽
<< gerry(ガス・ヴァン・サン... 新譜続々 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30