Top
ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(アレクサンダー・ペイン、1999年、アメリカ)
b0062149_2245457.jpgタイトルを見ただけ(原題は"Election"(選挙)というシンプルなものなんですが・・)では、まず手がのびないであろうこの映画をレンタルしてきたのは、監督が今気になっている「サイドウェイズ」のアレクサンダー・ペインで、おまけにこの作品をクリント・イーストウッドが絶賛していたからです。主演はマシュー・ブロデリックとリース・ウィザースプーン。マシュー・ブロデリックを久々に見ましたが、さすがに老けました。昔は彼がトレイシーのような役をしていたのに、今や先生役ですか・・「エレファント」のティモシー・ボトムズ同様時代を感じますね。リース・ウィザースプーンはあまり好きではないのですが、今回のトレイシーのように、したたかな女の子の役を演じたらピッタリです(サッカリーの「虚栄の市」が彼女主演で映画化されるそうですが、それもはまり役だろうな〜)。個人的にツボだったのは、トレイシーの対抗馬ポール君の非常に「間の抜けた」お顔でした。
内容は、高校の生徒委員会の会長選挙をめぐるブラック・コメディで、自分のキャリアのために立候補したトレイシーの野望を打ち砕こうとして、マシュー扮するマキャリスター先生があの手この手を使うのですが、それがもとで・・というものです。確かにトレイシーの動機は不純かもしれないんですが、彼女はだからといって裏工作をするとか、姑息な真似をするわけではなく(ポスターを破きまくったりはするけど)、逆に彼女の魂胆を見抜いて、それを阻止しようとするマキャリスター先生が、結局はズルいことをしてしまう、という皮肉な展開です。
テンポよく話が進み、ところどころ面白いアイディアも見られるのですが、イーストウッドさんが手放しで褒めるほどかな・・というのが正直な感想です。作る側から見ると斬新なのかしら?? 最新作の「サイドウェイズ」を早く観たいですね。
[PR]
by poyance | 2005-03-29 01:28 | 映画
<< 新譜続々 17歳のカルテ(ジェームズ・マ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31