Top
ジョゼと虎と魚たち(犬童一心、2003年、日本)
b0062149_22104617.jpgWowowで録画したものを鑑賞。何よりもまず、主演の妻夫木君に感心しました(去年のキネ旬で主演男優賞をとっていたんですね)。人なつこくて、他人の領域にずうずうしく入り込んでくるところなんかうまいですね。学食で話していたり、コンパでふざけてたりするシーンはもとより、ジョゼと初めて結ばれるときの幸福そうな顔だとか、ほとんど地でやっているように見えました。ジョゼの「息子」や恒夫の弟から、板尾さんに至るまで脇役のキャストも絶妙だったと思います。個人的にツボだったのは雀荘の客の真理アンヌさんでした(すごく「関西な人」のイメージがあって・・)。
一方で、メインの女の子2人は、池脇さんも上野さんもうまいのはわかるんだけど、もともと苦手なタイプの女優さんなんです・・。そういうこともあって、2人の魅力があまり感じられぬまま、見ておりました。でも彼女たちを取り巻いている事物は好きでした。ジョゼの部屋が乙女チックで、小さな化粧台にマニキュアがたくさん置いてあるところとか、よかったなあ。彼女がつくるごはんも純和風っていうのもいいし。また妻夫木君がおいしそうに食べるので、見ていておなかがすく映画でした。
内容は「せつない恋愛映画」と形容されていることが多いけれども、「恋愛」よりも恒夫の弱さを中心に据えた映画に思いました。優しいけれども、女の子にだらしない(ラブシーン多かったですよね・・)し、ジョゼを家族に会わせるのに躊躇するし、挙げ句の果てにジョゼを捨てて元の彼女に戻っちゃうし・・。自分から別れといて、別れた後に泣くかよ!って最後にツッコミ入れたくなりました。
ただラストがひどくあっさりしていたので、ありがちなジメジメ感はなかったです。重いテーマが含まれていると思うのだけれど、清々しく感じる作品でした。笑える部分も多かったし・・特に荒川良々君の「絶版」は最高でした。
[PR]
by poyance | 2005-02-26 22:05 | 映画
<< アリス(ウディ・アレン、199... スパニッシュ・アパートメント(... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30