Top
ナナメ見映画「ギルバート・グレイプ」「Casshern」
b0062149_13222177.jpg「ギルバート・グレイプ」はもう何度も見ている映画ですが、Wowowでやっていたのをまた全部見てしまった。何の面白みもないさびれた街で、そこから出られずもどかしさを感じているこの青年の話は、「エレファント」のときにちょっと触れた「ラスト・ショー」(ピーター・ボグダノヴィッチ)を思い出させます(アーニーの存在とか、人妻との浮気とか、ディテールも似ている)が、後者と違ってそれほど暗さを感じさせないのは、全体にわたって「愛情」が満ちあふれているから・・「いい人になりたい」とつぶやくギルバートって家族思いだし何ていい人なんだろうか。少々甘い感じもしますが、定期的に見たくなる好きな映画です。これに出てくるジュリエット・ルイスは本当にチャーミングで素敵です。ディカプリオ君の演技も驚かされますし(この頃はかわいかったのになあ・・)、ギルバートの友人役のジョン・C・ライリー(この人も出てくると安心するタイプの役者さんですね・・でもジョニー・デップより年下、ってビックリ)もいい味出しています。

b0062149_13232420.jpgさて、お次は色々な意味で話題になった「キャシャーン」です(それにしても節操ないチョイスの仕方だなあ・・)。これは「映像」のみに注目する、と割り切ってレンタルしてきたのですが、最初の10分で挫折。チャプター飛ばしていってもすべてこの調子・・「ファイナルファンタジー」のムービー部分を連続再生して見ているみたいです。出演者もメチャ豪華だし、とにかくCGがスゴイっていうのはわかるんだけれども、ついていけませんでした・・。ポスターは美しいのにね〜。
ところで、家人は子供の頃、「キャシャーンがやらねば誰がやる!」というあのアニメの最後のナレーションに「オレがやる!」と答えていたらしいです・・それは当時のお子様方にとってはお約束だったのかな?? 私の「キャシャーン」の記憶は、妙に線がラフだったことと、悪者の親分が児玉清に見えてしかたなかったことでしょうか・・ 
[PR]
by poyance | 2005-02-24 14:01 | 映画
<< スパニッシュ・アパートメント(... フォーン・ブース(ジョエル・シ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31