Top
このところ読んだ本、買った本
b0062149_20161326.jpg『或る女』からずっと日が経ってしまいましたが、読書は細々と続けています。映画と違って本の感想は何となく書きにくいので、ついつい先のばししていたら、何を読んだかもあいまいになってしまいました。思い出せるものだけ挙げてみると

『神楽坂・茶粥の記』(矢田津世子)
『木乃伊の口紅・破壊する前』(田村俊子・途中で挫折)
『天上の花ー三好達治抄』(萩原葉子)
『愛の生活・森のメリュジーヌ』(金井美恵子・途中で挫折)

などです。女性作家のものを続けて読みました。講談社文芸文庫さまさまです。この中では『天上の花』がダントツに面白かったです。「純粋な人」と接するにはこちらもエネルギーが要るなあと思いました。
この後またイギリスものが読みたくなって

『女相続人』『国際エピソード』(ヘンリー・ジェイムズ)
『大転落』(イーヴリン・ウォー)
『お菓子と麦酒』(サマセット・モーム)

と続きました(ヘンリー・ジェイムズは英文学ではないけれど)。ヘンリー・ジェイムズはやっぱり面白いなあ。「大転落」は独特のユーモアに馴れると楽しめます。『お菓子・・』は最初がしんどかったんですが、中盤からは一挙に読めました。今度は「人間の絆」にトライしようと思います。今は『二人の女の物語』(アーノルド・ベネット)を読んでいますが、目下仕事が休みに入り、家にいると映画やテレビをどうしても見てしまうので、読書量は大幅ダウンしてます。読書はもっぱら通勤電車の中なので・・
他にも森茉莉を読み返したり、林芙美子関係の本を読んだりもしましたが、それは割愛。
買った本は、色々ありますが、アジア関係の食文化と雑貨関連のものと、古本が多かったです。いちばん嬉しかったのは国書刊行会の『ヘンリー・ジェイムズ作品集』の読んだことのないものを手に入れたことです。装丁も美しくて気に入っています。ただ読むにはちょっと重たい本なんですが・・。
ところで、スカパーのシネフィル・イマジカでBBCのTVドラマ『高慢と偏見』を放送しています。3回シリーズの第1回を見たのですが、小説にわりと忠実で、色々思い出しながら楽しみました。ミスター・ダーシィはコリン・ファースが演じています。それ以外のキャストはあまり知らない俳優さんたちですが、なかなかイメージに合っていると思いました。特にミスター・ビングリーとミスター・ベネット(エリザベスのお父さん)はいい感じ。またオースティンが読みたくなってきました。
[PR]
by poyance | 2005-02-16 20:55 |
<< デイ・アフター・トゥモロー(ロ... 2004年度の映画 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30