Top
白夜 Quatre nuits d'un rêveur
b0062149_20185882.jpg監督:ロベール・ブレッソン
公開年、制作国:1971年、フランス

梅田ガーデンシネマにて鑑賞。ドストエフスキーの恋愛ものをブレッソンが映画化、というなかなか興味深い作品で予告のポスターが美しかったので正月早々映画館に足を運ぶ。ブレッソンらしくシンプルで説明の少ない展開で登場人物たちももの静か(あとで原作を読んだが、登場人物たちはいつものドストエフスキーものと同じ饒舌ぶりなので、映画とのギャップに驚く)だが、ブレッソンにしてはロマンティックな作り方をしていると思う。その要因のひとつが音楽の多用で、彼の映画はサントラなしというイメージが強いのだが、この作品ではあちこちで音楽が流れ、それも当時の流行りものらしくてそれが意外だった。

ショットは相変わらず美しく、画面に人物の体の一部だけを取り込む構図のクールさにほれぼれしながら観ていた。舞台をパリに置き換えて、出会いの場所をポン・ヌフにするなどこの街の美しさを効果的に利用している。それにしても70年代当時のパリの街って本当にカッコイイ。夜のセーヌ川はもちろんのこと、そこらに路駐している車や建物を眺めるだけでもうっとりする映画だった。

主演のギョーム・デ・フォレはおそらく素人だろうが、rêveur という表現がぴったりの若者だった。そしてマルト役のイザベル・ヴェンガルテンの冷たい硬質の美がすばらしい。彼女のまとう衣装も素敵だった。これから先メディア化されることはないのかなあ・・残念。

ところで邦題は『白夜』となっているが、原題は『夢見る者の四夜』という原作のサブタイトルの方を使っている。パリでは白夜はないから、この邦題ではちょっとわかりにくいですね・・
[PR]
by poyance | 2013-04-30 20:44 | 映画
<< ムーンライズ・キングダム M... フィリップ、きみを愛してる! ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31